奈良とペルシャ絨毯 デザインの伝播

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  

奈良平城遷都1300年平城京交流ホールで開催される、ペルシャ絨毯の至宝展のレセプションパーティーに行きました。

a0116442_16535743.jpg

有史以来交流のあるペルシャの文化やペルシャ絨毯について、駐日イラン大使をはじめ数名の方によりお話がありました。(通訳)
ペルシャ絨毯はおよそ4000-5000年の歴史がありますが
日本の歴史の中では豊臣秀吉の陣羽織(綴織りのキリム)や、祇園祭の山鉾の飾りとして使われているのが有名です。
また、滋賀県MIHOミュージアムには、世界に数点しかない珍しいものがあるそうです。
イラン人(ペルシャ人)は性格的には日本人と似て、おとなしく
一つの事を根気強くすることが出来る国民性(絨毯を織る作業に象徴される)だと、大使がおっしゃっておられました。

国立民族博物館名誉教授杉村棟さんは文様のデザインの伝播の話をされました。
金属製品やガラス製品は重く壊れやすいので遠くまで運びにくいものですが、織物製品は軽く持ち運びが容易なため
シルクロードを通じ遠い国まで広がったとのこと。
絨毯(織物)に乗って紋様(デザイン)が伝播する話は、とても面白かったです。

ペルシャ絨毯の文様の特徴は狩猟文様。杉村さんより狩猟文様の説明がありました。

a0116442_15264984.jpga0116442_16584423.jpg


地方により織られる文様に特色があり、分布地図も展示されていました。

a0116442_15282554.jpga0116442_15415745.jpg


a0116442_15304251.jpgセレモニーではイランの楽団による演奏がありました。

楽器は民族楽器で、音階はイスラム音階です。
イスラム音階は
西洋音階で言う ”ファ” と ”ド” が少しずれたような音階です。
コーランの微妙な音程もこれかもしれない。

西洋音階には無い、情緒的で官能的な音楽でした。 








a0116442_15383298.jpgセレモニーのあとはペルシャ料理。 
ひとつだけ素材が何かわからない、ナッツの混じった緑色の練りものがありました。(手前右のお皿)
イランの風土を感じるようなお料理の数々、美味しかったです。

デザートは、なぜかスーリルダンジュ(奈良の洋菓子店)のケーキでした。
ピスタッチオの入ったブロック状の乾燥ヌガー(イランのお菓子)が無かったのが残念!


音楽もお料理も異国のもの。
碧眼のイラン人が1300年前の奈良の都を闊歩している様子を
草生い茂る平城京跡に立ち想像してみました。



トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/11501588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2010-10-31 17:01 | その他 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki