エコドリーム? 環境配慮型社会への夢

3月11日の東日本大震災からもうすぐ2か月が過ぎようとしています。

この間、今までにないほど原発の問題について報道されていて
これはいよいよエネルギー政策の急激なターニングポイントになるかもしれないと感じます。

今回の復興は戦後の復興とは違う、我々にあの頃のようなバイタリィーがあるかどうか、と言う話を聞きました。
戦後の復興には、アメリカンドリームという夢がありました。高速道路に新幹線、職住分離で青い芝生の庭つきの
夢の郊外型1戸建て住宅。

もし、今回の復興がエネルギー政策の大きなターニングポイントになるとしたら
アメリカンドリームではなく、エコドリーム(?)と言うかどうかわかりませんが
とても素敵で大きな夢があると思います。
科学技術ばかりに頼るのではなく、自然を敬い自然の中で上手に生きていく方法を
社会全体が模索していく時代になるといいなと思います。

日本は元々エコな国なのだから 「きっと いいこと思いつく!」


まずは自分の仕事からよく考えないと、と思います。

■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ 一級建築士事務所 FRONTdesign ホームページ
トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/12545036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2011-05-09 19:55 | その他 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki