光雲荘 松下幸之助邸


奈良県建築士会女性委員会で光雲荘(旧松下幸之助邸)を見学させていただきました。

松下邸は昭和14年に西宮で建てられましたが、現在は枚方のパナソニック人材開発カンパニーの敷地内に移築されています。(平成20年移築)

a0116442_13195973.jpg
館長さんが出迎えてくださいました。

この建物は、松下家の公私にわたるおもてなしの場としてお得意様や賓客の接待に使われ
その後、パナソニックの迎賓館として多くのお客様を迎えられたそうです。
現在は、創業者の心に触れる場として社員の研修施設として利用されているとのことでした。

a0116442_13193690.jpg
「三百年後の遺構に」

松下氏は自邸の建築にあたって大変情熱を注がれていたそうで、設計コンペを開催され広く設計案を募集されたそうです。
松下氏が欧風建築好みということもあり、欧風様式の作品が数多く寄せられたそうですが
「建築することで、人の為、世の為になりたい」
と、コンペ開催後に考えを改められ、
”300年先の人々に十分参考にされるような普請をすること” を自邸建設の目的とし
棟梁による純日本建築の建設をする事に決められたとの事でした。

松下氏は

「住まいは、住む人の品格を表わします。
贅沢が過ぎてもいけないし、かといって貧相でもなく、自分に相応しいものをつくってください」

と、注文をされたそうです。





a0116442_1322418.jpg
談話室外部。

書院造様式の建物の中には、ホールや談話室などの洋風部分も取り入れられています。
天井、廊下、欄間、照明(松下氏デザイン)など、各部屋ごとに様々な趣向が凝らされており
”三百年後の遺構に”という想いが随所にうかがえます。

内部は撮影禁止の為写真はございませんが、松づくしの大変品の良い造りでした。

a0116442_1434274.jpg
凄い軒下。(軒が大変深い) とても美しいです。
上には日本瓦が乗っていますが、軒が下がらないような工夫が施されているとのことでした。




a0116442_13214641.jpg
大広間外観。
内部は皇室建築のような造りでした。



a0116442_1415816.jpg

銅製の樋の集水器は、コテコテせずに大変すっきりした品の良いカタチです。



a0116442_13225966.jpg
庭へのアプローチ。庭は、川の流れる回遊式庭園です。




垣は竹穂の離宮垣。大変美しいものです。
a0116442_13233892.jpga0116442_13234759.jpg



1200坪の敷地を囲む塀。
a0116442_147196.jpga0116442_1471127.jpg






 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  
トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/12615735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ame-no-michi at 2011-05-21 06:34
銅の集水器は手づくりのようですね。シンプルで長持ちするデザインです。
Commented by frontdesign at 2011-05-21 09:08
手作りのようでした。よく見るとつなぎ方のデザインが合理的で、まじまじと見てしまいました。
Commented by civaka at 2011-10-16 13:08 x
NHKドラマ「神様の女房」をみと、光雲荘のことがきになり、こちらにみにきました。いろいろと参考になりました。ありがとうございました。
Commented by frontdesign at 2011-10-16 14:10
civakaさま、ありがとうございます。
神様の女房、昨日最終話の放送でしたね。1,2回目は見ていたのですが
昨日はうっかり見忘れてしまいました。
再放送があれば見たいと思います。光雲荘もうつっていたのでしょうね。
by frontdesign | 2011-05-20 14:37 | 建物探訪&散歩 | Trackback | Comments(4)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki