山辺豊彦さんの講演会

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  

昨日は山辺豊彦さんの講演会でした。(新建築家技術者集団奈良支部主催)

a0116442_18533554.jpg


山辺さんは長年大工塾を開いておられ
机の上で仕事をしている設計専門技術者にも木構造そのものがもつ魅力を伝えてくださいます。
「ヤマベの木構造」は、ただの技術本ではありません。



「設計には根拠が必要です」。
これが設計の面白いところでもあり、難しいところでもあり。





昨日の講演会は実質1時間半の予定で開催しましたが、途中休憩なしの2時間半、ぶっ続けで講演をしてくださいました。
山辺さんのメッセージは大変素晴らしく、会場全体が一体になるような感じがしました。
参加者は建築の計画をする設計事務所から、施工の立場の工務店さん、そして実際に現場でたたいている大工さんまで、木造建築に関わる多くの方がいらっしゃいましたが、堅苦しい話ではなく現場に則した大変分かり易いお話でした。
これでなければならない、というようなひとつの方法を推奨されるのではなく、構造の根拠を知ったうえで自分の事務所の、自分の会社の、あるいは自分独自の構造のルールを決めて下さいとおっしゃっていました。
a0116442_18585135.jpg
設計時に迷う事、現場で起こるいろいろな事などを、無理やり解決をするのではなく、木を知り根拠を身に着け俯瞰的に木構造を見る感覚を養いたいと思います。
スタートである設計者の責任は重いですね。作り手の職人さんにも納得してつくってもらえるような設計をしたいです。

木造はおもしろい。
新たにやってみたい事があります。
トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/16476930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2012-09-30 19:38 | その他 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki