木組み 継手仕口いろいろ

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  

先日の奈良をつなぐ家づくりの会で参加したイベントで、メンバーの寺阪大工さんが継手と仕口のサンプルを展示してくださいました。
釘を使わない伝統的な木組みの技術です。

a0116442_207323.jpg


これは四方蟻。どの面から見ても蟻継ぎですが、45°斜め方向からはめ込みます。
a0116442_2074440.jpga0116442_208247.jpg


名前は分からないのですがこれも見たことのある継手です。斜め上からはめ込み。
(調べてみると、婆娑羅継ぎという名前のようです。)
a0116442_20103885.jpga0116442_20104642.jpg


これは初めて見ました。テトラポットのような継手です。
a0116442_2081265.jpga0116442_2082511.jpg


はずしてみると、中が凄い仕事になっています。一緒に見ていた山本棟梁にお聞きすると

「うちはこの中に蟻を細工することもあります」(蟻は加工の名称です)

と仰っていたのでさらに驚き、90度の仕口にもなるとのことで(右写真)もう一度驚きました。
a0116442_2092279.jpga0116442_2093963.jpg



パッと見ると何事も無い仕口ですが
a0116442_20132995.jpga0116442_20125487.jpg

はずすとこのような仕事がしてあります。
a0116442_20124362.jpg a0116442_20131834.jpg


右側の丸太の継ぎ方。これも初めて見ました。貝の口継ぎと言って、塔の心柱に使われる継ぎ方だそうです。
a0116442_20304188.jpg

縦に抜くと、このような継手。
a0116442_20315981.jpga0116442_20315215.jpg
法隆寺や薬師寺の塔の心柱もこの継ぎ方だそうです。

こちらも同じく貝の口継ぎ。
a0116442_2036594.jpg



これは台持ち継ぎ。
a0116442_20351489.jpga0116442_20345778.jpg



他にも宮島継や箱栓継ぎ等々、名前もわからない継手がたくさんありとても勉強になりました。

大工さんは偉い。
木組みの技術だけでなく、木を見る目や刃物を研ぐ技術も。

昔から伝わる伝統的な木組みの技術ですが、その細工の緻密さと複雑さは驚くべきものです。
先人の知恵を知り日本人は凄いと思うと共に、今はこのような感性に蓋をしているような気がしました。
トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/16766906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2012-11-09 20:57 | 奈良をつなぐ家づくりの会 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki