三月になりました。

早いもので、今日は三月一日。
バタバタとしながら、今月もあっと言う間に終わりそうな予感がします。

ひな祭りのこの季節、実家の床にはこの軸が飾られています。
a0116442_22164483.jpg
祖母が嫁入りする時に曽祖父が祖母に送ったもので、91年前のものですが朱も緑も鮮やかに残っています。
遠山家から林家に嫁ぐからか、歌の中には「林のさと人」と言う言葉で林の文字が入っています。
仲睦まじくしていると、大きな苦労もせずに時が流れると言う意味のようです。


軸の上の方には、祖母が生まれた時の喜びを歌った連歌が貼られています。

a0116442_21445580.jpg

この軸には曽祖父の気持ちが込められていますが、当時の家長としての責務のようなものを感じます。


昨夜の食事会の席で、若い頃抱いていた様々な事に対して落とし前をつけるような意識の話になり
自分にもそのような思いがある事に気がつきました。自分に対する落とし前。
少し似たような事かも知れませんが、誰に対して恥を感じなければならないかを考えると
広くは先人に、そこまでは言わなくても近くは先祖に恥ずかしくない仕事でありたいと最近思っています。
あの世で会った時に言い訳をしたくないと言うか、それは単純な理由のようにも思います。


 住まいの設計 「木の家づくり」  
 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  

トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/17392991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2013-03-01 20:34 | その他 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki