生駒のそば処  山の神

現場の帰り道、久しぶりに山の神へ。

a0116442_12274916.jpg

大正時代の茅葺き民家を改修されたお蕎麦やさんです。(奈良県生駒市南田原町230)
a0116442_12275139.jpg


典型的な南入り四つ間取りの民家で、敷地内には戌亥の蔵もあります。
床は全体に30cmほど下げて改修され、襖は全てはずされて広間として使われています。
a0116442_12275210.jpg

a0116442_13211391.jpg

生駒でも茅葺きの民家がどんどん取り壊されています。維持管理も大変なので老朽化に伴い建て替えを選択される場合がほとんどのように思います。
しかしこのような民家には現代的な建物には無い貫禄があり、再生活用の魅力を感じます。


今日は鴨汁にしました。
a0116442_1227552.jpg

五臓六腑に染み渡る美味しさ。


山の神の隣には小さなお堂があります。
a0116442_12275786.jpg

屋根がとても美しく、気になる建物です。
a0116442_12275922.jpg


生駒北部には山城跡がいくつかあり、古い町並みも残っています。
トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/18081958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2013-07-13 11:06 | 食べること | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki