石探し

現在工事中の茶室前土庇の足元に使う束石を探しに造園屋さんに行きました。
土庇まわりは露地の市中の山居的な空間とつながるので、足元の束石も自然石そのままの形のものを使いたいと思います。

ごろた石。(五郎太石)  a0116442_1815487.jpg
川を流れて角が取れた丸いかたちの川石です。

ごろた石の大きいサイズ。a0116442_18154094.jpg
束石用に加工した御影石の自然石もあったのですが、この中からちょうど良さそうな大きさと形のものを一つ選びました。

その上に、サルスベリの中曲りの自然木の柱が乗りますが
束石用に加工されていないので、石の加工と木の加工(石に合わせて光らせる)の両方が必要になります。
石にしても丸太にしても、自然な形のまま使おうと思うと職人さんの技術が必要になります。

他にもたくさん石がありました。
洗い出しに使う川砂利、飛び石や沓脱石、鉄平石、庭の仕切りや延段に使えそうな石まで
とても参考になりました。



手水鉢もたくさんありました。
a0116442_1816696.jpg

角もの。この手水鉢は少し気になってお値段をお聞きしました。
a0116442_18163718.jpg


石の値段は全くの門外漢ですが、ちょうどよいようなお値段でした。


最近には珍しく和庭に徹底されたような造園屋さんで、とても面白かったです。





 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  
トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/19321600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2014-01-09 18:55 | その他 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki