茶室の起こし絵

12日から16日まで奈良市内で開催されている珠光茶会に、奈良県建築士会女性委員会で奈良の茶室にまつわる展示の参加をさせて頂いています。

展示会場(奈良市観光センター)では茶室の起こし絵づくりも体験して頂けます。
起こし絵とは、壁の内外両面が描かれた壁面図が平面図のそれぞれの壁の位置に貼られたもので、立体に組み立てると模型のようになり、折りたたむと簡易に持ち運ぶ事が出来ます。
昔から御殿や社寺、特に茶室の設計で利用されていた図法です。

壁面図を切り取り
a0116442_16375431.jpg


平面図に貼り付けて完成。開くと平面的になります。
a0116442_16375678.jpg



昔から行われて来た模型の手法ですが、二次元と三次元のどちらもを読み取ることができ、
折りたたむことが出来るというのもいかにも日本的で面白く思います。



 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  
トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/19460323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2014-02-13 14:40 | その他 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki