梱包

商品の入っている梱包、特に住宅設備機器などの重さのあるものは、輸送中に商品を守り、在庫時の積み重ねにも耐え得る為の必要最低限の工夫が見られます。

昨日届いた水栓の箱は台形でした。
a0116442_0154655.jpg
これはこれは。

蓋を開けたところ。
a0116442_0155187.jpg
箱の外形が中の商品にフィットするので安定性が良く、その目的で台形にしてあると思われます。
四角い箱にするよりは箱をつくる紙の面積は小く、余分なパッキンなしで固定されています。なかなかの省設計。

梱包は在庫時と輸送時に商品を守るためだけのもので、最終的にはゴミになる運命。
この水栓の箱も、お施主さんの目に触れること無く廃棄されます。


先日、セメント石灰着色顔料を数個だけ色粉屋さんに注文したところ、小振りの古い紙袋(何処かの菓子店の)に、ガムテープが巻きつけてある小包みが届きました。
袋を開けると、中には何枚もの新聞紙できちんと包まれた商品が入っていました。

久しぶりに新聞紙梱包を見て、昔は何でも新聞紙で包んでいたなと、懐かしく思い出しました。



 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  
トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/19567977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2014-03-14 22:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki