2014大晦日

年の瀬、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
昨日は仕事納めをしたあと、息子も出演する晦日ライブを京都まで見に行ってきました。ライブの中でバンドのメンバーが今年一年を振り返る話があり、音楽をしている若い人達が一年の目標を持って懸命に活動している様子を聞いていると、純粋で活気があり良いなと思いました。

今年一年を振り返ると事務所の移転も含めいろいろな事が有りましたが、12月に入ってから彫刻刀を使い始めたのもそのひとつです。
刃物を使うのは学生時代からあまり得意ではないのですが、秋岡芳夫さんの本を読んで大変刺激を受けまして、もっと木を知るために木に触れ木理を感じながら削りたい、そのための道具の刃物を知りたい、人と木と道具の関係を身を以て体験したいと思った次第です。
彫刻刀を手に入れてさて何を削ろうかと身の回りにある木端を試しに削っていましたが、川上村の道の駅で買ったスツールの杉の座面を思い切って削る事にしました。

掘りはじめ。元は綺麗な杉の板目でした。
a0116442_15411713.jpg


最初は刃の大きさのままに細かく削っていましたが、マカダミアナッツの形を意識しながら(?)目が大きなくなるように彫りました。
a0116442_15412651.jpg

a0116442_15413428.jpg

良くなったのか悪くなったのかわかりませんが(笑)、ツルツルではない手触りも良いように思っています。

削ってみると、木による違い(杉は大変柔らかいのですがそれはそれで削りにくかったりします)、繊維の方向、逆目、木表木裏もわかります。
そのうち広葉樹の硬い木をよく切れる刃物でサクサクと削ってみたいと思っていますが、そのためには刃を上手に研げなければなりません。そこが難易度高いです。


今年も多くの方との出会いがありました。教えられ刺激をいただき、充実した一年だったと思います。
お世話になりました皆様、ブログを読んでくださっている皆様、有難うございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。


では、良いお年をお過ごしください。
a0116442_15414510.jpg




 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  
トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/20618216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2014-12-31 16:31 | その他 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki