インターンシップ

今年の夏もインターンシップの学生さん(朱雀高校建築科)二人が就業体験に来られました。
1日目は吉野の山と桜井の製材所、建築中の現場を巡り、2日目3日目は実施設計中の住宅の模型を作ってもらいました。学校でも模型作りをしたことがあるとのことで、要領よく作ってくれました。
a0116442_23280381.jpg

a0116442_23283360.jpg

屋根を取ると2階の間取りが見え、2階も外すと1階も見ることができます。
a0116442_23283342.jpg

内部は、薪ストーブ、煙突、キッチン、作り付けのカウンターー、食器棚、それから冷蔵庫、テレビボードとテレビも作ってくれました。
a0116442_23290402.jpg




1日目の様子。
伏見建築事務所にインターンで来られている男子学生さんと、朱雀高校の先生と、少し先輩大工の三宅君と一緒に吉野の林業地と桜井の製材所、建築中の工事現場へ行きました。

吉野の林業地では伏見さんが山の事や、木の見方などを説明してくれました。
a0116442_23461799.jpg

泉谷木材商店さんにて。製材の様子を拝見し、出来上がった板材を見せていただきました。
木表と木裏、手で触ってみるとよくわかりますよね。
a0116442_23464943.jpg

吉田製材さんにて。
木の乾燥のことやバイオマスの説明をしてくださいました。中温乾燥中の乾燥機の中身と50度の温度計も見せてもらいました。
山で撫育された木が製材されて家を作る材料になる過程がよくわかったと思います。
a0116442_23470697.jpg


暑い中、3日間おつかれさまでした。

仕事に就かれたら、同じ業界仲間としてどこかでお会いするかもしれないですね。


泉谷さん、吉田さん、伏見さん、お世話になり有難うございました。



トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/23046790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2016-07-30 00:05 | その他 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki