天理の家 進捗状況1 

内部の解体が始まりました。今回の工事は間取りの変更、耐震改修、断熱改修を行うため、一旦、内部を骨組みに近い状態に解体します。
a0116442_05280161.jpg
間口2間の通り庭(土間)のある住まいです。
a0116442_05402804.jpg
建具と畳を取り、天井や床もめくり、隠れていた部分の壁や柱の足元の状況を確認します。
耐震改修は、井手晃二建築研究室の井手さんに限界耐力計算方で検討していただきました。井手さんは古民家の構造家で、民家再生のための構造設計を多く手掛けておられます。志賀直哉旧居の再生や奈良町の紀寺町宿なども井手さんが耐震設計をされています。
今日は、骨組み状態になった現場を再度ご確認いただき、下がっている柱を上げて下がりを止めるために新設する基礎の構造について、施工者、お施主さんと一緒に打ち合わせをしました。
a0116442_05402886.jpg
古い建物は柱と梁で構造されており空間には壁が少ないのが特徴ですが、建具の鴨居の上には小壁があり構造上の耐力になっています。
a0116442_05285872.jpg
天井が張ってあるところは天井から上に小壁がついていないケースが多いのですが、こちらではほとんどの箇所で梁まで壁がついていました。壁が上まで到達しているかどうかで耐力が変わってきます。
壁の色が違うところの上が天井から上の部分です。(仕上げていないので土壁のままです。)ここに壁があるかどうかは天井を取ってみないとわかりません。
a0116442_05285978.jpg
天井の吊木は竹の吊木です。竿に蟻で掛かっています。座敷の天井は天井板のみの張替えで出来ればと思い残してもらっています。
a0116442_05285962.jpg

座敷の床柱は足元は柱勝ちで柱頭は梁まで達していました。床柱は後から入れて構造になっていないことも多いのですが、構造柱として建前の時に入れられたようです。
a0116442_05402845.jpg

2階は階高の低いつし2階ですが、小屋組みの一部に扠首(さす)が入っており大空間を構成しています。今回の改修で2階も居室として利用することになりました。元はこの上に10センチ近く土が乗っていましたが、土がなくなりすっきりしました。
床に段差がありますが、1階に天井が張ってある部屋の床は高く上がっており、大和天井のところは天井板が床になるため低くなっています。

a0116442_05305114.jpg
斜めにかかる扠首が大きな丸太の棟木と母屋を受けています。野地は竹野地で半割の竹の上に杉皮が張ってあります。
a0116442_05435138.jpg

2か所の扠首の直行方向に筋違が入っています。井手さんにお聞きしますとこの筋違は構造的にも効いているとのことでした。
a0116442_05464288.jpg
虫小窓は格子を取りました。今回2階を居室にするにあたり、これらの低い位置の窓だけでは内部の採光が不十分になるので、天窓をつけて明るさを補うことにしました。
a0116442_05491302.jpg
屋根は瓦葺きです。現在は下地に土が乗っていますが今回の工事で桟葺きにして瓦を葺き替えます。桟葺きの方が重量が軽くなり、耐震的には有効になります。
a0116442_05332552.jpg




トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/23670909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2017-02-23 07:10 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki