天理の家 進捗状況2

解体が進み、柱を上げるための準備が始まりました。
a0116442_17004161.jpg

中央の2本の柱が6cmほど下がっており、過去にも修理をされた跡がありました。
地耐力を確認するために地盤調査を実施して柱の下がりを防ぐためにいくつかの工法を検討しました。解体後に最終確認をして最終的にはフーチングで基礎を作ることになりました。今日は実際に柱を上げて状況を見ながら基礎の打ち合わせをしました。
中央の通りの5寸角の柱には6トン弱の荷重がかかっています。結構な荷重ですが難なく上がったとのことで、良かったです。
1本を一気にレベルまで上げると全体の歪みが生じますので、順番に少しずつ上げられるとのことでした。合計10本の柱の足元に基礎を作り、地覆で下がっている部分には猫土台を入れることになりました。
a0116442_17010018.jpg
ジャッキアップする際に上の荷を軽くするために、瓦の葺き替えに先行して棟の熨斗瓦を先に下ろされました。
その辺の工程の組み方は民家改修ならではのことで、興味深く思います。
a0116442_17005290.jpg

つし2階内部。
むしこ窓の部分を壁から落としていただくと結構光が内部に入るようになりました。お施主さんにもご確認いただき、採光を補うために計画している天窓は数を減らすことにしました。
a0116442_17005366.jpg
サス構造で大空間のつしですが中央の2本の柱が屋根の多くの荷重を負担しているため、直下の1階の柱が大きく沈んでいます。

サスを受ける壁側の柱の仕口は、サスの頂部を支える中央の柱が下がることにより押されていますが込み栓が破断せずに効いており、粘りのある構造になっています。
a0116442_17005844.jpg

天理の家は築135年の民家です。
伝統工法の実際を見せていただき、現場では有意義な時間を過ごさせていただいております。


設計:FRONTdesign
構造設計(限界耐力計算法):井手晃二建築研究室
施工:(株)伏見建築事務所




トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/23684983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2017-02-28 18:01 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki