天理の家 進捗状況14

外部は瓦葺き工事が進んでいます。
門屋越しに見る主屋の屋根。熨斗瓦が積まれると元の立派な屋根の風景が戻ってきました。
a0116442_18262865.jpg


棟の熨斗瓦はあと数段高く積まれます。
a0116442_18285186.jpg

焼き直しをしていただいた角字の「水」の鬼瓦。
火災への厄除けのおまじないに、水という字や魚など水にまつわるものを屋根の上に乗せる風習があります。妻壁に「水」の字が書かれている民家も多くの地域で見られます。
a0116442_18315007.jpg


翁面の鬼瓦も焼き直しをしていただき屋根に乗りました。下から見上げると優しいお顔が拝めます。いいお顔ですね。
a0116442_18322761.jpg



今日は、門屋横につくる車の進入路の開口部の打ち合わせがありました。
当初は木製両開きの大戸も検討しておりましたが、操作性等を考慮して木製電動シャッターを取り付けることになりました。半解体して現場の寸法に合わせて作っていただきます。
a0116442_21350379.jpg




内部も着々と工事が進んでいます。1階、2階とも床下地の工事が進められています。
a0116442_18292068.jpg




縁側の縁框も入れ替えられました。
a0116442_18302749.jpg


2階はつし2階で、床レベルは2段階になっています。
a0116442_18362087.jpg


うねうねと曲がった地松の梁の上に床をつくるのでご苦心いただいています。
1階も2階も、全てが現場合わせなので手の仕事の力強さを感じます。このような建物には、手の仕事が建物の力量に相応しい仕事だと思います。
古民家の改修は、そこに在り続ける建物との対話から生まれるものづくりで、その経緯が難しくもあり楽しい仕事だと感じています。
a0116442_18341712.jpg




現場ではツバメの夫婦が巣作りの場所を探して飛びまわっています。
こちらは門屋の巣で一段落。ツバメは立派な左官屋さんですね。
a0116442_21040099.jpg
天井の際に作るのは外敵からヒナを守る為でしょう。天井の低い住まい。






ホームページをリニューアルしました。
一級建築士事務所 FRONTdesign

トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/237075083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2017-06-05 21:22 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki