天理の家 進捗状況4

構造体の補修の工事が進んでいます。

柱をジャッキアップでレベルまで揚げて、数本ずつ順番に足元に基礎を作ります。
a0116442_01130820.jpg
レベルより少し上まで柱を浮かし、配筋をしてコンクリートを打ちます。
鉄筋はカゴにしていただいており施工性もよさそうです。
a0116442_01130571.jpg
a0116442_01133846.jpg

型枠は外れましたが、養生期間を経てから荷重をかけるため柱はまだ浮いています。
柱とコンクリートの間には鉛を敷きます。
柱に掛かる荷重の大小に合わせて、基礎のサイズも3つの種類です。これは小さいもの。
a0116442_01133699.jpg


地覆が回っているところは蟻害が見られ、柱勝ちにして足固めを入れることになりました。
コンクリートの養生期間中に先行して根継ぎをしていただいていました。
a0116442_01142193.jpg

地覆の蟻害。土に近い部分は白蟻にやられてしまいます。
ここは解体して新築する部分ですのでいちからやり直しです。
a0116442_01142856.jpg

大工さんが現場に小型万能機を持ってこられました。
改修工事は現状に合わせて木づくりをされるので、現場に万能機があると便利ですね。
a0116442_01140322.jpg



トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/23730784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2017-03-20 01:43 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki