天理の家 進捗状況18

現場は着々と工事が進んでいます。
食堂とキッチン部分は床の下地板が張り終わりました。
a0116442_15220082.jpg


今日は大工さんと電気屋さんと打ち合わせをしました。
a0116442_15215917.jpg

縁側のある住まいは庭に面して開口が大きいためエアコンの設置場所や室外機置場が課題になりますが、今日の打ち合わせで経路や納まりも検討出来ました。
a0116442_15220031.jpg


玄関まわり。
a0116442_15215995.jpg

とても大きな欅の大黒柱。このあたりは部材の貫禄を綺麗に現わしで納めたい部分です。
a0116442_15245650.jpg


2階の廊下は中廊下になるため、間仕切り壁の高い位置に光を取り入れるための大きな開口を作ります。下地が出来ていました。丸太は出たりへっこんだりしていますので、調整しながら下地を作っていただいています。
a0116442_15252393.jpg




門屋の巣で生まれたツバメの子もとても大きくなりました。おしくらまんじゅうで巣に入っています。
a0116442_15252425.jpg


巣から出たツバメの子たちは、門屋横の納戸で飛行練習をしていました。仮設電線で羽を休めていることろ。
からだのサイズは親とあまり変わりませんが、飛び方が初々しいです。

a0116442_15252428.jpg








”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2










トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/237340624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by つばめ at 2017-07-27 08:50 x
つばめが巣を作っているところに家の暖かさを感じます。りっぱな家ですね。設計士が、実際建てているときまで関わるんですね。設計士、施主、大工みんな安心ですよね。きっとSS和は設計士が関わるのは図面だけだと思います。
私もいい家、作ります。またアドバイス、お願いしますね。
Commented by frontdesign at 2017-07-27 13:00
このおうちの門屋のところにいくつがツバメの巣があり、毎年この時期に子育てのためにツバメが来るそうです。(巣は壊さずに置いてあげておられます。)とてもかわいいです。
ロスでは息子がお世話になり有難うございました。もう日本にお戻りですね。家づくり、頑張ってくださいね!!
Commented by 優しいお家の人 at 2017-07-27 16:51 x
智也くんとは私たちも楽しみました。いい息子さんに育っていますね。音楽に対してすごく真面目な印象も受けました。

優しいお家の人ですね。うちの近所ではつばめが巣作りしないように網などを付けたり、薬品を撒いているうちが一軒だけではなく何軒か見られるので、冷たい家庭だなぁと犬の散歩しながら心を痛めています。うちに作って欲しいのですが、一度だけ作った時にトカゲか何かに卵を食べられて、それ以来もう来なくなりました。ツバメの傾向として北向きで何かに囲われたところにだけ作っています。うちの玄関は北向きですが囲うものがなく全て露出しており、巣の作りやすい角もないから作らないんでしょうね。一回だけ作った巣は電灯に作っていました。
by frontdesign | 2017-07-26 19:18 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(3)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki