生駒山の家 進捗状況9

現場は着々と工事が進んでいます。
外壁の焼杉板張りの工事が始まりました。道路側から張り進めて頂いています。

a0116442_12032077.jpg


艶が無く吸収するような黒で、しっとりと落ち着いた黒壁になりそうです。
雨がかりによる痛みを防ぐためにも軒を深く低くしました。

サッシも黒、軒裏も黒に塗ります。
窓ガラスはLowEガラスで、普通ガラスに比べると光を多く反射しますが、吸収する黒の焼杉との相反する質感の対比が良さそうに思います。
a0116442_11533810.jpg



内部の工事は断熱材が入り、窓枠が入りつつあります。
今回の設計では、開口部同士の鴨居をつなげている箇所が何箇所かあり、隣の部屋まで繋がっていたりします。枠の幅が隣の部屋の引き込み戸の壁寸法に関連するなど、寸法が押してきます。細かな納まりについて現場で大工さんと打ち合わせをしました。






”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2




トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/237431795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2017-08-03 11:52 | 新築 生駒山の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki