建築士の定期講習会 ”森は木で溢れている”

昨日は建築士の定期講習があり、朝から夕方まで一日講習を受けてきました。
この定期講習は平成20年施行の改正建築士法により、”建築士事務所に所属する建築士”に対して受講が義務付けられたもので、3年に一度、受講しなければなりません。建築基準法等の建築関係法令は社会情勢の変化とともに頻繁に改正されています。確認申請を出す際に書式が変わることで関係法令の改正について知る機会がありますが、この講習で直近3年間に改正された関係法令についても学ぶことになります。
一日缶詰めの講義で最後にテストもありますので、なかなかハードな講習会です。

a0116442_17285372.jpg

講義の内容は大きく二つに分かれており、1.法令関係の科目と2.設計及び工事監理に関する科目があります。2の科目は「職業倫理と社会情勢」と「最近の新技術、最近の重要技術項目等」という章があり、職業倫理については昨今さまざまな事件が起こっているからか、建築士の職業倫理について細かく書かれています。法規範と法規範以外の規範(倫理、道徳など)について、社会の規範として倫理と法は同根であるということです。コンプライアンスの意味は法令順守だと思っていましたが、規範順守の意だということを知りました。

後半の「最近の新技術、最近の重要技術項目等」の章には

・住宅・建築物の省エネ性能向上
・地盤調査と杭基礎の設計
・木造建築
・建築物の維持改修

の4項目があり、木造建築の章には日本の森林の役割に触れる記述もありました。

”木造建築物が注目されている背景には、大きく二つの理由がある。第1は「地球温暖化防止に対する役割」であり、第2は「日本の森林の保全」である。第2の点については、木造以外の分野の人には、知らない人も多いので簡潔にまとめておく。”
とあり、以下の「森は木で溢れている」という文章に続きます。

a0116442_17304215.jpg

最後は、”木材を活用し、森林を保全して行かなければならない。”という強い文章で締めくくられています。
木材の活用方法は新技術も含めて様々ですが、木を使うべく根源的理由が建築士の定期講習テキストに掲載されていることに大変驚きました。国の政策において喫緊の課題であることが伺えます。


前回受講した3年前(26年度版)の講習会テキストの同章「最近の新技術、最近の重要技術項目等」には

・バリアフリー・ユニバーサルデザイン
・省エネ技術、耐震技術
・建築物の維持修繕等の技術
・アスベスト対策
・シックハウス対策
・建設のリサイクル 

の6項目について解説されていました。木材利用の掲載は今年度版が初めての掲載のようです。







”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2







トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/237670086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2017-08-24 22:27 | その他 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki