天理の家 進捗状況21

主屋の工事と並行して門屋横建物の改修工事も進んでいます。

敷地内に車を入れることが出来る入口をつくり、北の庭に通り抜けのできる車路を計画しています。
出入りの際の利便性と景観を考慮して、入口には木製電動シャッターをとりつけることになりました。設計寸法がシビアでしたが、無事に取りつきました。
a0116442_19152487.jpg

シャッターの板の面材は現場塗装にしたかったのですが、メーカーの色見本の数色の選択肢の中から選びました。違和感なく納まりました。
開け始めたところ。
a0116442_19152350.jpg


内部。オーバースライダー方式のシャッターは、開閉速度が速いのが特徴です。
a0116442_19152660.jpg
土間仕上げはこれからです。



主屋は1階の床張りが始まっています。綺麗な吉野桧の板が現場に入っています。上小材ですがこれはほぼ無地です。
a0116442_19165394.jpg


床暖房を設置する部分は下張りが必要になりますが、こちらも吉野の桧です。(一等材)
古い建物の改修ですので、この建物のつくりに合わせて出来るだけ合板を使わないように工務店さんも意識をされています。

a0116442_19165515.jpg



食堂の小さな壁付けテレビ台も出来ていました。
コンセントの位置は下の棚内にして、カウンターに穴をあけます。テレビのコードも外に出ずに棚の中に納まります。
a0116442_19165237.jpg


外部は左官屋さんの仕事が始まりました。2階の壁は黒漆喰から白漆喰にします。
a0116442_19170411.jpg


壁の色が白くなると明るい建物になりそうです。
a0116442_19162516.jpg

少しずつですが完成形が見えてきました。






”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2










トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/237706221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2017-09-02 20:44 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki