生駒山の家 進捗状況13

樋が取りつきました。
周囲には建物よりも背の高い大きな木がたくさんあり、樋が枯葉で詰まる可能性が高い環境です。樋は外壁を守るためにも取り付けることが好ましいのですが、樋の詰まりはかえって外壁を痛める原因にもなりますので、軒を低く、深くしたうえで樋は出入り口の部分だけに取り付けることにしました。玄関ポーチの竪樋は鎖樋に。

a0116442_22295477.jpg


室内は床板がもうすぐ張り終わります。吉野杉の床板です。
a0116442_22343466.jpg


天井も吉野杉の赤身上小板張りです。現場に綺麗な材料が入っていました。
a0116442_22295524.jpg



キッチンに立つと居間食堂越しに周囲の樹々の緑が目に入り、南東方向には大きな桜の木と広がる景色が見えます。キッチンに立つ時に見える眺めは、住宅設計で意識をしているところの一つです。
a0116442_22295547.jpg


こちらは書斎の窓。窓辺にデスクを置かれる計画です。
a0116442_22302694.jpg

子ども室はひとつの部屋を二つに分けて使えるようにしており、間仕切りにけんどんの建具(板)を入れます。隣の隣の部屋の和室からつながる建具の鴨居は、廊下を介してこの子ども部屋の奥の窓のところまでつながっています。枠材もきっちりと納めていただきました。
a0116442_22295593.jpg


居間の窓から見える景色。室内の木部と外の樹々。黒い軒裏は景色を切り取る額縁のようです。
a0116442_22302747.jpg




”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2




トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/237722200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ame-no-michi at 2017-09-08 13:03
ensuiご採用ありがとうございます。
Commented by frontdesign at 2017-09-08 22:55
ensui素敵な鎖樋ですね。
by frontdesign | 2017-09-07 22:57 | 新築 生駒山の家 | Trackback | Comments(2)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki