生駒山の家 解体

敷地では解体工事が始まっています。
初日の様子。最初に建物の周りに足場を組み、防音の養生シートが張られます。
a0116442_22375027.jpg
今日は3日目。
建物はほぼ解体されました。家を建てるのは半年くらいかかるのですが、解体は機械壊しであっという間です。
a0116442_22375195.jpg

施工側では木構造材の材木の準備が始まっています。今日は松丸太を買いに行かれるのに同行させていただきました。
松は曲がろうとする強い癖があり、昔からその癖を活かして木造建築に多用されている材です。今回小屋組で2本の丸太梁を使いますが、建物の高さを低く抑えていることもあり、曲がり具合をチェックしながら選木していただきました。同行した若手大工M君には、採寸しながら木の選び方を教えておられました。
a0116442_22395550.jpg
a0116442_22375129.jpg
桜井市の新和材木店さんは奈良をつなぐ家づくりの会のメンバーで、松専門の製材所です。
地松から米松から、とにかく松丸太がゴロゴロと山積みになっている様子は圧巻です。
a0116442_23035649.jpg
真っすぐ長いのは米松。カナダやアメリカ産のダグラスファーで正確にはモミ科の木ですが、日本では米松(ベイマツ)という名前で非常に一般的な材料です。新和さんには奈良県産の地松の大径木もたくさんあります。奈良県の地松は植林されたものではなく自生しているものがほとんどとのことで、曲がりがあるものが多いです。
大きな材料はお寺などに使われるそうで全国に発送されているそうです。
a0116442_23035618.jpg

皮が剥かれた地松の山。大径木です。
a0116442_23035676.jpg

松の皮。庭木で馴染みのある皮ですね。
a0116442_23035630.jpg
松は脂(ヤニ)が出るので仕上げで使うときには注意が必要ですが、松はとても好きな材料です。



トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/23833549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2017-04-22 23:50 | 新築 生駒山の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki