旧友

今日は高校時代の友人と会いました。
久しぶりに会っても 何の違和感もなく 昨日の続きのように話が出来るから不思議です。
高校時代、一緒に苦労したり悩みを打ち明けあったり、毎日机をならべていた日々の積み重ねのお陰でしょうか。


学生時代から、何でも真っ直ぐ懸命に取り組む彼女でした。今もその姿勢はかわらず、だから話していて気持ちがいいです。
お互い性格も違うし、卒業後は別の道に進み別の人生を歩んできたけれど、いまを生きる中で同じ悩みもあったりで、構えることなく何でもさらけ出して話ができます。

友達っていいなと思います。


彼女は高校教師。
学校では白衣がユニフォームだと、今日初めて聞きました。

カッコいいね
じゃぁ胸ポケットには スプーン刺してるの?

スプーン? 爆
あ 薬さじね


私の間抜けな質問も難なくスルーでした。(^_^;)
トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/8793680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by k at 2009-08-12 21:32 x
何時会っても言いたいことを言い合える同級生、良いですね。
机を並べて勉強した中のいいともでも、人生経験の内容で
気の許せない友になってしまうこともありますね。
私の同級生にあなたと同姓の友がいますが、彼はぽっぽ屋で
長い間機関士をしていました。その彼に初めてあったとき
おもしろおかしく話をしてくれた。学生時代はほとんど話を
したこと無いのに、長い年月にはこんなに変わるのかと
思う、自分はどうだろうかと反省したくなる。
Commented by frontdesign at 2009-08-13 15:16
コメント有難うございます。
そうですね。
学生時代は卵みたいなもので、十年、二十年、その間の経験や環境で人は変わりますよね。
ほんと、自分はどうなんだろう???
先日30年振りくらいにたまたま中学の同級生の男の子に会ったときに
ちっとも変わってないね
と言われて
これがまた 喜んでいいのか悲しむべきか、微妙な気持ちになりました。
by frontdesign | 2009-08-11 23:48 | その他 | Trackback | Comments(2)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki