求めない心

a0116442_12395028.jpg

老子の「足るを知る」から発展した詩集「求めない」を二年前に出された加島祥造さんのお話が少し前の日経新聞夕刊に掲載されていました。

「人間は求めないと何が自由かというと、自分の気持ちが自由になる。そして好きなことをするようになる。好きなことをするときは、エネルギーがいくらでも湧く。ただ、人間はどうしても求める。それを否定するんじゃない。求めないですむことは求めるなということ。「求めない」というのは、そういう自分に帰るための言葉。

ー求めないー 
すると、命の求めているのは別のものだと知る。

老子が言う自足とは 「足るを知ると豊かである」と言うこと。それは 自分の中の潜在能力に気づくこと。
何歳になっても出来ることである。」



求めないと命の求めていることがわかる。
そんな生き方をしてみたいと思いました。住宅設計の仕事をするときも、そんなことを考えてみたいです。
トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/9206679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2009-11-06 12:39 | その他 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki