17歳のための 世界と日本の見方

松岡正剛さんの17歳のための世界と日本の見方。
a0116442_13311111.jpg
この本は宗教的なことに起因する世界の文化の発展の経緯、そして東洋と西洋の、日本と外国の違いについて分かりやすく書いてあります。(学生さんに向けた講義録です。)

「足し算の”文明”。引き算の”文化”。
 大人は読んではいけません! ワクワクする世の中の秘密が書いてあるんです。 」


と帯に書いてありましたが、 読んでしまいました。。

若干16歳の「迷える?」息子がパっと急に世間が開けるようなきっかけになれば(??)と思って買ってみましたが 
” セイゴオちゃんねる ”  が通じるでしょうかー?!


空間をつくる仕事をしていると感性的な理由で決める部分も多く、日本人独自の感性にとても興味があります。

自分の好みの礎の部分は、今までいろんなことを学んで得たり生活習慣から得たものではなく、
やっぱりもともと日本人としての自分の中に備わっているものだと思いました。
トラックバックURL : http://favoritey.exblog.jp/tb/9253734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by spica at 2009-11-16 20:25 x
こんばんは。
大人だけど、私も読んでみたいです。
そして・・・・
同じく、もうすぐ16歳の息子に読ませたい!
Commented by coco-terrace at 2009-11-17 00:14 x
そうでしたか~おおよその見当はつきました。
本 私.精神年齢些か子供年齢です。 是非とも愛読させて戴きます。ぱーっと世の中開けても 実質年齢 ちょっと遅過ぎの感有りますが………
ブログコメントも戴き
ありがとうございました。
Commented by frontdesign at 2009-11-17 10:35
spicaさん こんにちは。 
わたし、spicaさんと同い年なんですが、息子の年まで一緒とは!
昨夜息子に「読んでみ~」と本を渡しましたが、内容がわかるかどうかは分かりません。^^;

ブログ拝見しました。奈良にいらっしゃっていたのですね~!
(声かけていただいたらご案内しましたのに ^^)

阿修羅良かったですね。私も他の仏像も含めて感激しました。
この本にも少し阿修羅が出てきますよ。
Commented by frontdesign at 2009-11-17 10:39
terraceさん こんにちは。
そうそう、見当つけていただいた方ですよ。(^^)/

この本、実年齢関係なく、セイゴウ先生の生徒になった気分で読めますので。
てか、terraceさん精神年齢オトナと思います。
by frontdesign | 2009-11-16 13:40 | その他 | Trackback | Comments(4)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki