カテゴリ:リフォーム ふくろうの家( 26 )

ふくろうの家 改修後3年目

ふくろうの家の改修工事から早いもので3年が経ちました。

改修前はこのような居間でした。
a0116442_17382141.jpg

広縁と居間をつなげて壁も補強を施し居間兼食堂の空間になりました。3年目の様子。

a0116442_17385670.jpg
信州唐松の床板も濃いあめ色になりました。


今回は浴室の桧の板のメンテナンスをしました。
ポツポツとついた黒いカビの部分をサンダーで削り、アルコールで消毒して
乾いてから植物性の撥水オイルを塗りました。
表面的なものはサンダーを掛けずにアルコールを染み込ませ、時間をおいてふき取るだけでも取れました。
a0116442_17384819.jpg
ついでに桧の風呂椅子もサンダーを掛け、スッキリしました。


a0116442_19395957.jpg
無垢の木は腐らなければ、少し削ると綺麗になります。


手入れが終わる頃に、「宜しければお昼もどうぞ」 と声を掛けていただき遠慮なくご馳走になる事に。

ツナのトマトソースのパスタです。(美味しそう。)
a0116442_17392536.jpg

料理の先生もされておられ、手際よく作られます。
トッピングは木の芽。
a0116442_17391012.jpg

大変美味しかったです。 ご家族が羨ましい。
a0116442_17394465.jpg


改修前のキッチンは、このようなダイニングキッチンでした。

a0116442_17424281.jpg

改修後は食堂と居間を同じ空間にして、広々とした独立キッチンにしました。

a0116442_17435038.jpg

食卓のテーブルは、長さ2.7Mのタモの大テーブルを大工さんに作ってもらいました。


お庭の手入れはご主人が丹精されており、緑が豊かなお住まいです。
a0116442_17393391.jpg

家々の庭木が生き生きしていると、町並みにも潤いを感じます。


ふくろうの家before after はこちらから。
木の家リフォーム、いかがですか。


 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  
by frontdesign | 2013-04-17 18:10 | リフォーム ふくろうの家 | Trackback | Comments(0)

ふくろうの家 その後

2年前にリフォームをさせていただきましたふくろうの家。
メンテナンスがあり、工務店さんと一緒にお伺いしました。

ちょくちょく訪問させていただいておりますが、年々落ち着いたお住まいになっているように感じます。
樹木がとても元気です。

a0116442_13501435.jpga0116442_13513785.jpg






















緑がまぶしい季節になりました。
ふくろうの小路にはお花もたくさん咲いています。

a0116442_1139558.jpga0116442_1140143.jpg





















a0116442_11401669.jpg
玄関脇にお庭の花を飾っていらっしゃいました。
(かわいい・・・)




















a0116442_11403934.jpg
キッチン窓の畑(?)にも野菜が。
















a0116442_15211947.jpg
メンテナンスのあと、美味しいお昼を呼ばれてしまいました。
(急にすみませんでした。)

大工さんにつくってもらったタモのテーブルも、変わらず綺麗にお使いです。
少しだけ色が濃くなったように思います。

ふくろうの家のその後の様子についていろいろと教えていただき
設計者としてとても有難く思います。

また話をお聞きするのを楽しみにしています。






 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  
by frontdesign | 2012-05-08 14:52 | リフォーム ふくろうの家 | Trackback | Comments(2)

ふくろうの家に伺いました

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_0215083.jpg
2年前に改修工事の設計をさせていただいた「ふくろうの家」に伺いました。

どうして ふくろうの家なの?

と尋ねられることがあります。
この照明器具がネーミングの所以です。

上から垂れ下がるコバノランタナも生い茂り、ちょうど今はお花のシーズン。
ピンク色の可憐なお花がたくさん咲いていました。












a0116442_0222026.jpg
今回は、お庭の成長を拝見するのもとても楽しみでした。

ここ数日の寒さからか、すっかり秋色です。
落葉樹と常緑樹を混ぜ、四季の移ろいを楽しめるお庭です。

庭の真ん中に雑木林のような島があり、周りに小道があります。
ふくろうの小路といいます。(^^)

造園はグリーンハウスさん。












a0116442_0223050.jpg
小路沿いの白侘助もたくさんお花をつけていました。
素敵。

和室の床の間にもこの侘助を生けていらっしゃいました。

切り花の白侘助は、樹木についている花の時とは違い
小さいながらに空気が清まるような存在感があります。

床を拝見した時に、主さんのお心遣いを感じました。












a0116442_022733.jpg
おうちの中はとても温かい雰囲気で、木の色もまた濃くなったように思いました。

心に染み入るようないいお話をお聞きすることも出来て
大変充実した時間を過ごさせていただきました。

















a0116442_0495771.jpg
玄関ホールには紅葉の布軸を掛けていらっしゃいました。

いいですね!
by frontdesign | 2011-11-25 01:04 | リフォーム ふくろうの家 | Trackback | Comments(0)

ふくろうの家 オープンハウス

昨日、一昨日の2日間 「 ふくろうの家 」 のオープンハウスを開催させていただきました。

両日で30名の方が来て下さいました。
ご近所の方々、お施主さんのお友達、我々の友人、
皆様、寒い中、足をお運びいただきまして有難うございました。至らない点もあったと思いますが、お許しくださいませ。

部屋の中はいつもニコニコワイワイと笑顔のこぼれる雰囲気で、とても楽しいオープンハウスとなりました。
a0116442_11244656.jpg

友人がお子さんを連れて見に来てくれました。(^^)
a0116442_11582052.jpg

小さい子供さんの居る風景も絵になりますね、とお施主さんがおっしゃっていました。


こんな感じで看板を出していると
知人が「これ、看板が小さいんじゃないの? もっと大きい看板出しよ 」と・・・。(^^;)
a0116442_1130332.jpg


木の玄関ドアがいいね!とたくさん声をかけていただきました。
a0116442_1235383.jpg


キッチンは女の城。(場合によっては男の城?) 明るいアイランドキッチンは女性の方に興味を持っていただけました。
a0116442_1150646.jpg


やっぱり1階に和室があるといいわね、という話もお聞きしました。
a0116442_11293953.jpg
これからの住まい、和室のことも見直したいですね。キチッとした床のある和室は何も置かなくても完成された空間になります。
そんな純和風も、縁側のシンプルな木のブラインドと調和していました。

来場者の荷物置き用に淡い色のキリムを敷いてみましたが、唐松の床との相性がとても良かったデス。床のお陰でキリムが映えるというか・・・意外な感じ。(個人的感想)
a0116442_12322152.jpg


施工に掛かった費用についてもお施主さんのご好意で公開させていただきました。(施工:伏見建築事務所さんより)
a0116442_11423811.jpg

各部屋や工事ごとの資料はリフォームを検討されている方にとても参考になったようです。建物を見ていただくだけでなく費用の情報も大事だなぁと思いました。

今回お聞きした声やご意見は、とても勉強になりました。


オープンハウスを開催して、ふくろうの家の仕事に一区切りがついたような感じです。
お施主さま、みなさま、本当にお世話になり有難うございました。



さぁ、
再び 「楽しい家づくりの時間です♪ 」
( のだめカンタービレ風 )
by frontdesign | 2010-01-12 12:09 | リフォーム ふくろうの家 | Trackback | Comments(4)

内覧会の準備

10日、11日の内覧会の準備でふくろうの家に伺いました。
まだ入居はされていませんが、ブラインドがついていたり小物が置かれてあったりと、グッと住まいらしい風景になっていました。
a0116442_22383414.jpg

キッチンはバーチカルブラインド。
カウンターにはレトロなはかりとル・クルーゼのお鍋が置いてありました。
a0116442_22385756.jpg


南の掃きだし窓には白い木製ブラインド。
a0116442_22412489.jpg

お庭はまだ着工されていませんが、計画を見せていただくととても素敵なお庭になりそうです。
木々が植えられ、林の小道ならぬ 「 ふくろうの小道 」 が南のお庭に出来上がるそうです。

ブラインドの隙間からふくろうの小道を見ながらお茶が出来るといいだろうなぁ・・・

パソコンデスクには黒い椅子。 黒も引き締まった感じでよく似合うと思いました。
a0116442_22421318.jpg




引渡しの時はほとんど家具が無い状態が多いので、
こうして家具が置かれた様子を写真に撮らせていただけるのは大変有り難いです。( 有難うございます。)

家に家具が置かれて、はじめて ” 住まい ” らしくなりますね。
by frontdesign | 2010-01-07 22:48 | リフォーム ふくろうの家 | Trackback | Comments(2)

ふくろうの家 オープンハウスのチラシ

「ふくろうの家」改修工事オープンハウスのチラシが出来ました。


コチラ


リフォームのご参考にいかがですか?


日時:1月10日(日)・11日(祝 月) 10:00~17:00


お気軽にお越しくださいませ。
by frontdesign | 2010-01-06 13:15 | リフォーム ふくろうの家 | Trackback | Comments(0)

仕事始めの前に

やっておきたいことがあり、今日は昼から事務所です。

年賀状のお返事も書いたりしているとすぐに時間が経ってしまって、気がつくと今年ももう終わりになってしまいそうな勢いで・・・(それはない)

10日と11日のオープンハウスの当日資料をつくりました。
a0116442_1742544.jpg


写真が裏になると紙面が寂しいので(?)A3の図面折りにしてみましたが、
こういう資料のレイアウトもいろいろ「面白いこと」を考えれそうな気がしました。



さて、仕事始めの前に今年の抱負をぼんやり考えておりましたが、 「 内なる充実 」 にすることにしました。
いろんな団体で活動に参加させていただく中、その都度その都度多くのことを考える機会を頂き「参加してよかったな」といつも思うわけですが、
時間が足りず中身の整理がつかない状態に陥っていることを薄々感じていました。

今年1年は仕事の内容や質を充実させることを含めて、日々精進、自分の内側に専念したいと思います。
そんな1年もありかなぁ~と思う今日この頃。
引きこもりではないのですよ。 これはかなり前向きな考えです。


やや活動の参加が少なくなると思いますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m
by frontdesign | 2010-01-03 17:33 | リフォーム ふくろうの家 | Trackback | Comments(3)

ふくろうの家 before after

a0116442_182652.jpg


設計:FRONT design ×  施工:伏見建築事務所


” 改修の まえ と あと ” 
元居間が居間兼食堂になりました。 
改修前
a0116442_187297.jpg

改修後   南側の広縁と収納部分をなくして家族の集いの場を明るくしました。
a0116442_18101393.jpg

食堂とキッチンのつながり

修前
a0116442_10312870.jpg
改修後  食堂には長さ2.7Mのタモの長いテーブルを作ってもらいました。この家の中心(重心)はこの場所です。
a0116442_1032437.jpg


元広縁 が 食堂の一部とパソコンコーナーになりました。
改修前
a0116442_18104081.jpg
改修後  パソコンコーナーからもキッチンが見えます。 ご主人のMacがここに。
a0116442_18115853.jpg


元ダイニングキッチン が キッチンになりました。
改修前
a0116442_18122878.jpg

改修後   料理がご趣味の奥様が、お友達と集まってキッチンを囲めるように。
a0116442_18133077.jpg
キッチンからはお庭の緑が見えます。
a0116442_1133288.jpg


洗面所 
改修前
a0116442_10335353.jpg

改修後  収納を増やし、木のカウンターの洗面台を作りました。
a0116442_1033325.jpg


お風呂 
改修前
a0116442_10342723.jpg
改修後  桧の香りのする温かいお風呂になりました。 
a0116442_1034495.jpg

by frontdesign | 2009-12-13 18:30 | リフォーム ふくろうの家 | Trackback | Comments(0)

ふくろうの家 竣工

ふくろうの家 改修工事が終わりました。 木の香りのする住まいになりました。
a0116442_1603239.jpg

みんなで暮らしを考えて、職人さんが丹精してこしらえて
築20数年の家に、また新しい空気が吹き込まれたような感じがします。

出来上がった時にいつも思うことは
設計者としての自分が 「 いいなぁ 」 と感じるのは、無垢の木の木目の息遣いを感じる空間であり
自分の設計の力量というより素材の力量。 「 結局のところ木に助けられているなぁ 」 
と言うことです。ホントに。

そういう意味で
「 無垢の木のデザインをしたい 」  と言ったりしているのです。 (文法が少しおかしいのですが。)

出来上がったときよりも時間がたって古くなるほうが魅力が増すのも、無垢の木の良いところ。
人間と一緒で年取ると味が出てくるんですよね。(^^) 自然のままですので。



お施主さんにはたいへんお世話になりました。とても楽しく仕事をさせていただきました。
(ブログもいつも見ていただいて有難うございます。^^)

施工者の伏見建築事務所さんも、細かいところまで手づくりで仕上げていただきありがとうございました。


before
a0116442_1623443.jpg

after
a0116442_16241981.jpg

a0116442_1720839.jpg
ふくろうの家 ” 普請の顛末 ” は、またホームページででも紹介させていただこうと思います。


なお、お施主さんのご好意により
1月に見学会を開催させていただくことになりました。m(_ _)m


場所は奈良県橿原市です。開催日はブログにてお知らせしますが
ご興味がお有りの方はメールでご連絡くださいませ。


FRONTdesign
メールアドレス yiwaki#kcn.ne.jp (#を@にかえてください。)
by frontdesign | 2009-12-05 16:35 | リフォーム ふくろうの家 | Trackback | Comments(2)

ふくろうの家 手摺

昨日のつづき
ダイニングテーブルはオイル仕上げ。タモはオイルを塗ると濡れ色になり、中ぐらいの濃さの茶色になります。
a0116442_22274842.jpg


住宅設計で、「階段の手摺」はとても気になるところ。a0116442_2381055.jpg
 
今回も作ってもらいました。
既製品の丸棒があまり好きではないので、作ってもらえるときは手づくりでお願いしています。
既製品の丸棒のどこが好きではないかというと、
棒の細さ加減と ( 太けりゃいいというもんではないのですが )
付属するアルミダイキャストのブラケットとか受けとかキャップなどです。
ブラケット類が木製のものも見たことがありますが、それも余計に気に入りません。

あれらの組み合わせは、どうもスッキリしなくてよくありません。


木で手摺を作るときは木の持ち出しをつけるために、断面は長方形の形にします。(幅広の帯状になります。)

今回は、より握りやすいようにと裏に細工までして下さいました。 m(_ _)m

手づくりの手摺は、特に回り階段となると本当に手間のかかる仕事ですが、出来上がると

やっぱりいいなぁ~  

と思います。 

毎日触ってもらえますしね。 (だんだんツルツルになりますよ。)
a0116442_2384767.jpg
by frontdesign | 2009-12-03 22:42 | リフォーム ふくろうの家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki