カテゴリ:町家再生 茶寮幾世屋( 30 )

久しぶりに幾世屋さんへ

少し前の事になりますが幾世屋さんでおぜんざいを食べてきました。

改修してから5年と数か月が経ち、落ち着いた佇まいになっていました。
a0116442_23291357.jpg

改修前は昭和の時に改修された店構えで、建物の手前の部分だけを店舗として使われていました。改めて写真を見ると、長く町に馴染んでいたこちらの店構えもとても懐かしく思います。
改修後には建物全体を店舗にして、建物の奥にある庭を通り側からからも感じることができ、お庭を眺めながらお茶を飲むことができる空間をつくることになりました。

a0116442_23295182.jpg



お店の奥の喫茶空間。お菓子と一緒にお抹茶、コーヒーも淹れていただけます。
a0116442_23292950.jpg
壁天井とも吉野杉の源平(白がちの赤白)でしたが、年月と共に白太の色が濃くなり赤白の差が分かりにくくなってきました。
杉の源平材は、数年経つと赤と白の差が少なくなり同じような色味になります。



窓際に開放感のあるカウンターを設置し、苔庭を間近に眺めながらお茶を飲んでいただけるようにしました。
a0116442_23302507.jpg

寒い時期はいつもおぜんざいを作っていただきます。

a0116442_23303049.jpg
幾世屋さんのお餅はとても美味しく12月はお正月のお餅の予約でいっぱいだそうで、毎日お餅つきをされています。



改修では、古いところに新しいものを加えながら納まるようにしました。新しい部分も古い部分と同じように無垢の木で造作しています。
a0116442_23295954.jpg
a0116442_23300406.jpg

店内の壁は漆喰を塗っています。大壁なので左官屋さんにはとても頑張っていただきました。
a0116442_23304737.jpg

季節のものから上用まで、いつも美味しそうな和菓子が並んでいます。
a0116442_23310603.jpg


幾世屋さんといえば昔から「宝”多餅」(ぼたもち)が有名です。
a0116442_23312274.jpg

なかなかのボリュームですが、甘すぎずあっさりとした上品なお味でぺろりと頂いてしまいました。
a0116442_23312631.jpg


生駒にお越しの際は、是非お立ちよりください。

a0116442_23325813.jpg


by frontdesign | 2017-04-02 00:17 | 町家再生 茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

幾世屋さん お庭

a0116442_01334361.jpg
仕事の合間に幾世屋さんへお茶を飲みに行ってきました。

改修から四年が経ち、お庭の雰囲気も落ち着いていました。しっとりと苔がむしています。
a0116442_01351245.jpg

作庭は土屋作庭所さんです。厚みのある大きな板石は、元々こちらの建物の土間で使われていた石を使われました。
a0116442_01355467.jpg

a0116442_01363285.jpg

a0116442_01372245.jpg

お店の石臼も手水鉢に。
a0116442_01381893.jpg

a0116442_01390448.jpg

焼杉板の外壁もまだまだ黒く。
a0116442_01394456.jpg

a0116442_01402752.jpg

a0116442_01342277.jpg

季節のお菓子もたくさんあります。
a0116442_01412898.jpg

定番の名物宝多餅。
a0116442_01415172.jpg

生駒市高山の名産品の茶筌も販売されています。
高山は茶筌の里と呼ばれており、全国の茶筌のシェア9割以上を占めています。
a0116442_01422772.jpg
この地で茶筌作りが発展したのは、室町時代に侘び茶の祖、村田珠光が高山宗砌に茶筌作りを依頼したのがきっかけです。以来、一子相伝で技術が流出することなく、脈々と今日まで受け継がれてきました。
茶筌は流派により形が異なりますが、どの流派のものも高山で作られているそうです。

お抹茶頂きました。
a0116442_01431146.jpg

a0116442_01435205.jpg

ごちそうさまでした。



by frontdesign | 2016-02-23 08:27 | 店舗  茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

生駒 茶寮幾世屋

2011年の暮れに竣工した生駒の和菓子店幾世屋さん。築100年の町家の改修の設計をさせていただきました。
今日は久しぶりにお邪魔しました。

庭の木々も大きくなり、窓から見える景色も青々としていました。

a0116442_18304623.jpg


お庭。
苔も生しています。
厚い板石や、手水鉢のような石臼は元々ここで使われていたもので、長い時を刻んだ貫禄があります。
a0116442_18304055.jpg


外壁の焼き杉板や、窓周りも傷んでいませんでした。軒が出ているので雨がかりも少しは防げているようです。
北向きの窓ですが夏場は簾を掛けていらっしゃいます。これがまた涼しげ。
a0116442_18343828.jpg


洒落たこのお茶碗は年代物だそうです。碗の中にも木の葉が。
a0116442_1830339.jpg


庭を見ながらのんびりできるお店です。
創業90年 茶寮幾世屋
生駒市元町1-10-9 (近鉄生駒駅南側、ケーブル鳥居前駅[出口]から南へ徒歩約1分)
定休日は、日曜日と水曜日です。
営業時間 10:00~18:30茶寮は10:30~17:30
お抹茶にコーヒーに、わらびもち、美味しい生菓子もいただけます。

 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  
by frontdesign | 2013-05-30 19:14 | 店舗  茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

幾世屋さんの栗大福

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  



今日は幾世屋さんで栗大福とコーヒーをいただきました。

a0116442_18575822.jpg

ちょっと一息にちょうどいいです。

今日は、この界隈の事で教えていただきたい事と相談事があり、少しの勇気をもってご意見を伺ってみました。
たくさん話をお聞かせ下さいました。きっちりとした価値観をお持ちなので、ご意見は大変参考になります。

何かが始まるには、何かのきっかけがあると思います。
先の事はわからないにしても、今日はそのスタートの日かもしれません。
幾世屋さんをあとに、そんなことを考えました。
by frontdesign | 2012-10-05 19:14 | 店舗  茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

幾世屋さん その後2

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  

a0116442_12144062.jpg
山城の家のお施主さんご夫妻が生駒に来られ、幾世屋さんへお茶を飲みに行ってきました。
この暖簾は奈良晒しの幡さんで誂えられたものですが、山城の奥様も幡さんのファンで、今日の服装も幡さんの緑色のワンピースでした。
衣類も販売されているとは知りませんでした。どれも色が綺麗です。

a0116442_12152728.jpg
今日はとても暑かったのですが、店内はひんやり涼しい風が吹いていました。
風通しの良い設計をされますね、と言っていただき嬉しく思いました。

a0116442_12152670.jpg
庭を見ながらアイスコーヒーをいただきました。ご主人はアイス抹茶。
久しぶりに店主さんともお話しました。
日々庭を眺めていると庭に咲く花や実が作庭の土屋さんらしい、とおっしゃっていました。
お庭にも、作る人の人柄が出るものなんですね。

a0116442_1216101.jpg

カウンター席の足元にはイランのギャベが敷いてありました。
これから冷房のシーズンなので、土間で足元が冷えないようにとのお心遣いとのこと。
いい色味のギャベです。

a0116442_12401476.jpg

カウンターの壁際は、訳があってこのように斜めに納めてもらいましたが
店に来られたお客さんが(多分建築関係の方)、外から見たり反対側から見たりしながら
「なぜ斜めにしたか、分かりました」とおっしゃっていたとの事。
いろんなところ見られているなぁ。


築100年の町家再生 幾世屋さん全貌はコチラから。2011.12竣工。
by frontdesign | 2012-06-14 12:44 | 店舗  茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

幾世屋さんに伺いました

久しぶりに幾世屋さんに伺いました。
改修工事が終わってもうすぐ半年になります。

店の奥に作ったお庭の苔も生していました。やっぱり苔はいいえですね。
苔の庭というコンセプトで始まったので、作庭の土屋さんにもそのようなお話をして、庭を作っていただきました。
大きな板石は、大正時代から店の土間に使われていたものの再利用。かなり厚みのあるしっかりした板石を、厚みを感じるように配置されました。
右の黒い壁は焼杉張りです。

カウンター席に座ると、お庭を見ながらお茶を頂けます。

a0116442_1531172.jpga0116442_15305540.jpg



























a0116442_15313279.jpg

コーヒーセットをいただきました。
お菓子は浮島。














a0116442_15315993.jpg
季節の生菓子もいくつか買って帰りました。

上用まんじゅうで一服。













幾世屋さんの場所。

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  
by frontdesign | 2012-05-09 15:53 | 店舗  茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

お庭の臼

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_2030548.jpg土屋作庭所通信を頂戴しました。

”作庭と維持管理”と言う記事の中で、次のような文章を書いていらっしゃいました。

「作庭とは庭の骨格を造ることで、言わばこの時に庭の器が定まりますが、
その器をどう満たすかは維持管理にかかっているのです。」

本当にその通りですね。庭の維持管理は大変なことだと思うのですが
町を歩いていて庭が生き生きとしている家を見ると、とても気持ちが良く
町の景色としても周囲の人を幸せにするものだと思います。


作庭所ニュースの中で幾世屋さんの事を紹介していただいています。

ブログを拝見すると、幾世屋さんのお庭の臼の事を書かれていました。
土屋さんの餅つきと臼への想いを改めて知りました。

土屋作庭所庭さんのブログ 「庭つれづれ」より  餅つき
by frontdesign | 2012-01-24 21:00 | 店舗  茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

茶寮幾世屋ギャラリー風景

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_14341425.jpg
生駒の茶寮幾世屋さん
ミニギャラリーも2月頃から始められる予定だそうです。



ギャラリーオープンまでの期間は、
店主のご友人の沼本氏の画を飾っていらっしゃいます。


















a0116442_14342836.jpg

どの絵もとても素敵です。

















a0116442_14343771.jpg

お庭の緑も見えます。

















a0116442_14344677.jpg
ギャラリーの天井が木と言うのも悪くないかも。

雰囲気はぴったりです。
by frontdesign | 2011-12-25 14:48 | 店舗  茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

茶寮幾世屋 庭完成 ~ 庭が出来るまで ~

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


先日、茶寮幾世屋さんのお庭が完成しました。 作庭は 土屋作庭所さん です。

a0116442_15592123.jpg

a0116442_15563034.jpg
a0116442_1610424.jpg
a0116442_15564280.jpg



~お庭が出来るまで~

改修前は建物奥のサービスヤードのような空間でした。
a0116442_161467.jpg

改修前、室内から見たところ。ガラス建具は改修後も再利用しました。
a0116442_1615928.jpg

建物の改修時に土間から板石がたくさん出てきました。100年前の建築時から使われていたもののようです。
土屋さんの話によると、これほど厚みのある板石も珍しいそうです。再び庭で使われることになりました。
a0116442_168529.jpg

建物の改修工事がほぼ終わる頃からお庭の工事がはじまりました。
石を並べて配置や高さを調整されていらっしゃいます。とにかく重たそうです。
a0116442_1624671.jpg
a0116442_1625942.jpg

石の配置が完了。これで庭作りの7割は終わったとのこと。石の配置が大事なんですね。
a0116442_1664628.jpg

平庭ですが、僅かな高さの変化は距離感やストーリーを感じます。
a0116442_1653943.jpg

茶寮のカウンターから眺めたところ。これから木々が植えられます。
a0116442_1641455.jpg


植樹完了、苔もたくさん入れていただきました。
a0116442_15583537.jpg


苔が生し、花が咲き、葉が茂り、紅葉し。
日々、そして季節ごとに違う趣を見せてくれるお庭。
a0116442_15544187.jpg

訪れるのが楽しみになる庭を作っていただきました。


カウンター席で御善哉をいただきました。とても美味。まろやかです。
a0116442_1833345.jpg

吉野杉を張った茶寮の壁。
窓辺に織部の一輪挿しが飾ってありました。

(日本文化はいいなぁ) 

そう思う2011師走。
a0116442_16344690.jpg

by frontdesign | 2011-12-23 16:42 | 店舗  茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

茶寮幾世屋 築100年の町家改修 竣工写真

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_1834947.jpg
生駒の幾世屋さん。

この地で創業90年の和菓子屋さんです。


先日、改修工事が終了しました。














a0116442_18342676.jpg

築100年の町家を改修しました。

改修前は建物1階の手前部分しか使われていなかったのですが
奥の庭を眺めながらお茶が飲める茶寮空間を新たにつくり
1階全体を店舗として活用することになりました。




















a0116442_18343920.jpg

奈良晒しののれんを新調されました。

晒しは Lier・幡 さんのものです。

色が大変美しく、晒し独特の透け感が上品です。
生地の風合いもしっかりしています。



















a0116442_1835032.jpg

内部はモダンな仕上げです。


















a0116442_1835840.jpg




















a0116442_18352111.jpg




















a0116442_18353685.jpg




















a0116442_18361498.jpg

改修中、天井をめくると
建築当時、化粧天井として表れていたであろう立派な天井が出てきました。
(黒い天井部分)

今回の改修で一部分を当時のまま意匠として表わすことにしました。















a0116442_18362290.jpga0116442_18354735.jpg


























a0116442_18355866.jpg

店の奥の茶寮の空間。


























築100年の老朽化した町家でしたので、建て替えの話も出ていたそうですが
補強工事も行い新しい顔で再び活用されることになりました。

a0116442_18363683.jpg
改修前の店構え。
長らく地域の方々に愛され、親しまれてきたお店です。


















a0116442_18365870.jpg
改修後。
新しい顔で再びスタートされます。

吉野や紀州の木を使い、壁は内外とも漆喰塗りです。
今はまだ、まっさらな白さですが
時間の経過とともに自然に色づき、風合いや貫禄が出てくれればと思います。


これからの時代の和菓子屋さん。
女性の店主さんの印象に似合うよう、
優しく柔らかいデザインを取り入れています。


どうぞ皆様に親しんでいただけるお店になりますように。







a0116442_19112066.jpg



施工:(株)伏見建築事務所

設計:FRONTdesign
by frontdesign | 2011-12-19 19:18 | 店舗  茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki