カテゴリ:新築 法華寺町の家( 21 )

植栽で


先日、法華寺町の家にお伺いしました。
植栽の葉が生い茂り、樹々に囲まれた落ち着いた住まいになっていました。

a0116442_15392016.jpg

東西に長い敷地で道路側の手前のスペースが駐車場です。玄関前の植栽は、駐車場と住まいとの穏やかな境界になっています。夏場は玄関ポーチの西日除けにもなりそうです。

a0116442_15390477.jpg
少し前に

緑に囲まれた環境は女性の寿命にも影響を与える 

という記事を読みました。
緑に囲まれた環境にいると負の感情が減り、精神が安定するようです。
個々人の寿命との関わりはともかく、日々、緑に囲まれて生活すると心にも体にも良いように思います。


私の住む地域は昭和30年後半以降に次々と住宅地が開発され、今も少しずつ新しい住宅地が出来ています。
開発されて30年もたつ町は、家々の植栽が大きくなり幹も太く緑が濃く茂り、それだけで落ち着きのある成熟した町並みをつくっているように思います。
家々の植栽を見ながら歩いていても楽しいもので、木々の豊かさを感じるとともに、お庭を丹精されている住まい手の方の気持ちに触れる気がします。








by frontdesign | 2016-06-05 15:38 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

法華寺町の家16 お引き渡し

法華寺町の家
本日、無事にお引き渡しを終えました。
杉の赤身材を内装に多く使い、重心の低い落ち着いた住まいになりました。
a0116442_22301755.jpg

これから庭づくりを進められます。今日は造園屋さんも打ち合わせに来られました。
石敷きのテラスにテーブルを置いて、庭で食事が出来るような雑木のお庭を作られます。
木は成長しますので、3年後に雑木が繁るお庭になるように手入れをしながら育てましょう、とのことでした。
こちらの地面は木の成長にも適した土のようで、どんな木を植えても大丈夫とのこと。
素敵なお庭が出来ることと思います。楽しみですね。

法華寺町の家の設計を始めてからほぼ1年。
お施主様には本当にお世話になりました。このご縁を大変嬉しく思います。
また、施工いただいた職人の皆様も丹精して家づくりをしていただき心より御礼申し上げます。








by frontdesign | 2015-10-25 22:15 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

法華寺町の家15 外構工事中

法華寺町の家は内部の工事が終わり外部の工事が始まっています。
外部の工事も大工さんと左官さんです。今日もいいお天気で、工事日和でした。

玄関前は横からのアプローチになるように木の塀を立てました。
右の方のキッチンの横に、屋根つきのサービスヤードを作っていただいています。ここも板張りの壁で、通気性があります。
a0116442_18565697.jpg
屋根つきのサービスヤードが有ると、何かと便利ですね。
a0116442_19080668.jpg
1階2階とも建物の高さをかなり抑えているので、こじんまりとした可愛らしい家になりました。
木の軒裏も間近に見えますが、意外と低さは感じないものです。

庭の植栽はお引渡し後に進められます。
設計の当初より、庭と家の関係についてのご希望を頂いており
中庭のような庭にテーブルを置かれることを想定して設計をしました。
建物はL型にして、プライバシーを確保し、日照は確保しながら西日を防ぐようにしました。
植樹後は、樹木に囲まれた中庭のようなお庭になると思います。




by frontdesign | 2015-10-20 19:30 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

法華寺町の家 進捗状況14

法華寺町の家。
今日はお施主さんに検査をしていただきました。
a0116442_18454243.jpg

小上がりの和室の畳は熊本産の畳表を使っていただいています。壁は漆喰塗です。
a0116442_18455169.jpg

キッチン
背面がカウンター収納の並列型キッチンで、奥の引き戸から外部のサービスヤードに出ることが出来ます。シンクの前のみ、居間食堂に向けた対面キッチン。
キッチン周りは大工さんに作ってもらいましたが、設備機器が入ってキッチンらしくなりました。
a0116442_18455164.jpg


キッチンの小窓
スリガラスの入った引き戸の小窓です。キッチン側からは階段窓への風の通り道、兼、玄関の様子を覗くことのできる窓で、廊下・階段側からはキッチンの気配がわかる窓でもあります。
照明がつくと、なんとも温かい小窓になりました。
a0116442_18454892.jpg

階段途中の窓からは隣のお庭の緑がふわっと見えて、とても気持ちの良い階段になりました。
a0116442_18455115.jpg

お引渡しまであと少しです。






by frontdesign | 2015-10-17 19:18 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

法華寺町の家 進捗状況13 清掃

法華寺町の家
内部の工事はほぼ終わり、床の養生も取れました。今日は清掃に入っていただいています。
a0116442_1435427.jpg
居間食堂の天井と正面の壁は吉野の赤身の杉板張り。テレビボードとデスクカウンターを同じ高さでL型につなげました。
奥の間は小上がりの畳の部屋ですが、畳は一番最後に入ります。キッチンから見たところ。
a0116442_14353198.jpg

デスクカウンター側の窓は、ご実家の庭を眺める借景の窓です。腰を掛けると空も少し見えていい景色になりそうです。北の窓ということもあり、断熱性能の高いガラスを入れています。
a0116442_15145099.jpg


キッチンはゆったりとした広さを確保しました。奥は洗面・パントリー。洗面台やキッチン、カウンター、食器棚も造作家具で大工さんに作っていただきました。
a0116442_1436593.jpg

廊下の隅に手洗い器を設置しています。
a0116442_144352.jpg


玄関は2畳程の広さですが障子入りの横長窓の光も柔らかく、落ち着いた空間になりました。
a0116442_1446781.jpg

2階は10畳の子ども室と広めのホールがあります。階高を低くしており、勾配天井で空間を確保しています。
トップライトは夏場の暖気抜きです。
a0116442_1443337.jpg


階段手すりはいつも造作で作っていただいています。今回は杉の木。年輪がバウムクーヘンみたいですね。
手で摺って使っているうちにだんだん色艶が出てきます。
a0116442_14435650.jpg


外まわりの工事はこれから始まります。
a0116442_1444922.jpg

by frontdesign | 2015-10-11 14:59 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

法華寺町の家 進捗状況12

室内壁下地の白いコバウ紙が張り終わりました。仕上げはブラウン系の漆喰塗りです。
キッチンから居間食堂を見たところ。奥は小上がりの和室です。
南面の開口を大きくとりましたので、内装に木部が多くても明るい室内になりそうです。
a0116442_00380258.jpg

廊下や洗面所の壁にも部分的に吉野杉の赤身を使っています。とても綺麗な材です。
a0116442_00445628.jpg

玄関の土間下地も嵩が上がり、靴の脱ぎ履きが楽になりました。仕上げは豆砂利の洗い出しです。
a0116442_00480217.jpg

外部の掻き落とし壁もだいぶ乾きました。
外構工事はこれから始まります。
a0116442_00510236.jpg

by frontdesign | 2015-09-30 00:34 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

法華寺町の家 進捗状況11

a0116442_18511552.jpg
工事もいよいよ終盤。
外部は左官屋さんが外壁仕上げの掻き落としの作業中です。
a0116442_18531618.jpg
書き落とし仕上げは、施工をする季節や天候によって仕上がりの色が変わりますが、いずれの場合も塗った時よりも乾燥すると色が明るくなります。この壁は白セメントと砂を混ぜただけなので白い仕上がりになります。


内部は大工工事がほぼ終わり、壁の下地処理中。
居間食堂の壁天井は杉板張りです。
a0116442_18595007.jpg


キッチンも大工さんに作って頂きました。
a0116442_19015380.jpg
a0116442_19021801.jpg

このあと、壁の仕上げ、設備機器の設置、建具の吊りこみと工事は続きます。





by frontdesign | 2015-09-22 18:50 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

法華寺町の家 進捗状況10

a0116442_16110643.jpg
外壁の仕上げ中です。
軒裏と破風はシルバーグレーの塗装。
a0116442_16101553.jpg
玄関周りは軒が低く、軒裏も目近に見えます。
a0116442_16113761.jpg


外壁の左官塗りも始まりました。外壁は白の掻き落とし仕上げで、川砂をたくさん使います。ミキサーでよく混ぜます。
a0116442_16130618.jpg

内部は、大工さんによる家具の造作工事中。
キッチンのカウンターと天井までの食器棚。
a0116442_16275013.jpg
玄関の靴箱。玄関は2畳ですが、縦長の空間にならないように天井高を抑えました。面積の割りには広く感じます。
靴箱上の窓は障子を入れるので、落ち着いた光の玄関になると思います。
a0116442_16334432.jpg
廊下隅の手洗いコーナー。小さな手洗い器をつけます。
a0116442_16284987.jpg

加工場では階段の手摺も作って頂き、準備完了。
木の手摺は、長年手を摺って使っていただく間に、良いぐあにつるつるになります。
a0116442_16570001.jpg



by frontdesign | 2015-09-15 16:08 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

自由研究 家づくりレポート 

法華寺町の家の住まい手の小学校1年生の娘さんが、「いえづくり」を題材とした自由研究に取り組まれています。わたしたち家づくりに関わる「ひと」についてまとめた夏休みの成果物の写真をお施主さんが送ってくださいました。
家が建つ過程にはいくつかの節目があります。地鎮祭から始まり、基礎ができ、棟が上がります。棟上げの時には御幣を揚げて棟上げ式もしていただきました。そのあとも日々現場で仕事をされる職人さんの仕事姿と、少しずつ家が出来上がってくる様子がよく見えます。
成果物を拝見していると、家づくりを見つめるお子さんの目線がとても新鮮で、改めて家づくりを俯瞰しました。
a0116442_095241.jpg

これから職人さんの道具について調べられるそうで、最終的には12月に学校で発表されるとのこと。楽しみですね。


昨年の11月の吉野の森見学バスツアーにご家族で参加してくださり、林業地、伐採地と山の神様、製材所を見ていただき、お昼は鹿肉のバーベキュー、最後に木で作られた家の見学もしていただきました。その時から娘さんがノートをもってメモを取っておられたのがとても印象的でした。いえづくりの取材を山から始めていただけたことをとても嬉しく思います。
a0116442_0493483.jpg


一つの事が始まり完成する過程を長期間に渡って注視すると、様々な事や物や人がつながりを持って成り立っていることを自然に学べるように思います。




現場は外壁の左官工事が始まり、内部も着々と進んでいます。
a0116442_0581159.jpg

by frontdesign | 2015-09-05 01:36 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(2)

法華寺町の家 進捗状況9 造作家具

法華寺町の家の造作家具づくりが加工場で始まりました。家具類の製作も大工さんにしていただいています。
a0116442_02343348.jpg
靴箱のキャビネット。

洗面台横の収納棚。杉を加工してつくっていただきました。
a0116442_02521994.jpg

洗面台やキッチンもこちらで設計して大工さんに造作で作っていただく事が多いです。
奥に置いてあるのは人大の洗面カウンター。
今回は、洗面の天板は人大、キッチンの天板はステンレスのものを使います。木部以外は専門の製作会社に依頼します。
a0116442_02481045.jpg

水周りの木部は、撥水効果の高い植物性オイルを塗装します。オイルは浸透性で表面に幕ができないので、表面はマットで木の風合いをそのまま保つ仕上がりになります。

家具の細かい部分は、手描きで姿図を描いて寸法や仕様材質を書き込みますが、現場納まりは展開図で確認していただいています。
a0116442_02544873.jpg






by frontdesign | 2015-09-04 02:30 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki