カテゴリ:新築 萩の台の家2( 27 )

萩の台の家2 竣工

萩の台の家2が完成しました。
a0116442_20171201.jpg
お施主さんはご実家のある生駒にUターンで戻られ、家を建ててご実家の農業を手伝われることになりました。広々とした農地に囲まれた立地で庭先にも畑があります。
配置計画としては庭の畑にも小さな耕運機が入るように通路部分を確保し、平面的には農作業から戻った時の動線などに留意した計画です。

構造材、仕上げ材は全て吉野材を使っています。居間食堂は床、天井とも吉野杉。床は1等材(節がある)で、天井は上小節材(節が少ない)です。天井を板張りにするときには、出来るだけ節の少ない上小節材を使っています。

テレビカウンターと家事テーブルを作り付け家具として大工さんに作ってもらいました。
a0116442_20020345.jpg

プライベート空間の2階へは居間食堂からのアクセスをご希望され、キッチン横から階段室に入る計画にしました。
吹抜でない空間に階段を配置する場合、階段は1階と2階をつなぐトンネル状の空気の移動場所になるので、冬場の空気の移動を防ぐために階段手前に引き戸を設けました。逆に夏場は開けっ放しにしておくと熱い空気は2階へあがり、階段の上のトップライトから排熱することができます。
a0116442_19495574.jpg
階段の左上天井はトップライトです。リモコン操作の電動開閉式で、雨が降ると自動的に閉まります。
a0116442_19523852.jpg

2階の南側のホールは室内物干し場です。南からたっぷり陽が入ります。
a0116442_19523996.jpg
階段手摺は大工さんによる造作手摺です。日々、手で摺って使い込むうちにだんだん飴色の艶が出てきます。
a0116442_19523916.jpg
1階居間横は6畳の和室です。2枚の襖を開けると居間続きの空間になります。東側に地窓があり、夏場の涼しい風の取り込み口になります。
a0116442_19570061.jpg


キッチンは対面式で、食堂越しに庭の畑が見えます。
a0116442_19512973.jpg


お施主さんがパナソニックのシステムキッチンを選ばれました。このシンクは機能性を意図したデザインのシンクのようです。昔メーカーでシンクの商品企画をしていたこともありシンクのつくりには興味津々で、メーカーのサイトを見てこのシンクの商品意図を見ました。
お施主さんに使い心地をお聞きしてみたいです。
a0116442_19512876.jpg

キッチンの後ろには大きな食器棚兼収納。奥に家電カウンターを配置しました。
a0116442_19532804.jpg


家電カウンターの奥は勝手口・土間のあるパントリーです。土付き野菜はこちらに。手前には収納棚などを置くスペースがあり、キッチンから溢れるストック品もここに収納することができます。
そして右側は洗面脱衣室の入り口です。農作業から戻るときはこの勝手口から入り、直接洗面脱衣室→お風呂へと直行できます。
a0116442_19512947.jpg
洗面脱衣室。
a0116442_19512894.jpg


こちらは表の玄関です。玄関の横にシューズクローゼットを設けました。
a0116442_19532661.jpg
クローゼット内には大きな靴棚とコート類掛けを設置しています。靴はこちらで脱いでキッチン洗面方向への廊下(裏動線)に出ることができます。

a0116442_19532717.jpg

a0116442_20110325.jpg



a0116442_19532787.jpg


玄関外のポーチは、少し長めのアプローチで大きな庇をかけています。
a0116442_19583784.jpg

広々とした田園の中の住まい。隣は既存の農業用倉庫です。
a0116442_20233990.jpg

南側には遮るものが何もなく、冬場は太陽のぬくもりをたっぷり家に取り込むことができます。
a0116442_20283836.jpg

外縁の軒先に玉ねぎや柿、大根などが干される風景を想像します。
a0116442_20434019.jpg

お施主さんやご実家のみなさまとお付き合いさせていただく中で、農のある暮らしの豊かさをつくづく感じました。
a0116442_19573936.jpg
田を耕しお米を育て、畑では季節の野菜がふんだんに収穫でき、それらの食材がキッチンで料理されて家族の日々の暮らしを支えます。
お庭の畑も、春夏秋冬いろいろな野菜を育てられることと思います。

農と家と食事のつながり。
豊かな暮らしを送ることのできる住まいになりますように。
a0116442_19574609.jpg

施工:有限会社藤見工務店



by frontdesign | 2016-03-13 01:15 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 進捗状況21

外構の工事が進んでいます。木の塀も完成し、建物の足元が囲まれました。
a0116442_00531303.jpg
玄関ポーチは深い軒した空間です。土間は豆砂利の洗い出し仕上げです。
a0116442_00390441.jpg
a0116442_01395420.jpg
昨日は洗い屋さんが入っていたので玄関に靴がたくさん並んでいます。
a0116442_00390485.jpg
玄関横にはシューズクローゼットがあり、中で靴を脱ぐことのできる家族の玄関収納場です。キッチン・洗面所側のうらの廊下にも出ることができます。

a0116442_01555075.jpg



今日はお施主様検査の日で、手直しと残り工事の確認もしました。お引渡しまであと少しです。

いい住まいになりますように。

a0116442_00390313.jpg





by frontdesign | 2016-03-06 01:48 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 進捗状況20

萩の台の家2は外回りの工事が進んでいます。木塀の下地が出来ました。
a0116442_22200174.jpg

内部は床の養生シートが取られ、綺麗な吉野杉の床がお目見えしました。今日は2階から床の保護オイルを塗装されていました。
a0116442_22220416.jpg

キッチンに立つと庭の畑が見えます。
a0116442_22221488.jpg

2階のホールは室内物干し場になります。南の陽がたっぷり入ります。
a0116442_18562951.jpg

庭の畑。居間、和室の掃出し窓の外には全体に庇をつけています。軒先に玉ねぎや大根や柿を干していただければと思います。
a0116442_18563020.jpg


外部の庇下の物干し受けは若手大工さんがつくられたそうです。

a0116442_18360967.jpg
通しほぞに割り楔を入れる丁寧な仕事です。
a0116442_18562174.jpg
工事も残すところあと少しです。




by frontdesign | 2016-02-29 18:27 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 進捗状況19

a0116442_22224292.jpg
現場では壁の仕上げや建具の吊り込み、設備の設置等、最後の追い込み中です。工事の最後の方はたくさんの業者さんが入ります。
今日は収納の内部や今から取り付けるモノの寸法、外部の塀の納まりなどの打ち合わせをしました。
a0116442_22225650.jpg

先週末に外部の足場も取れました。外回りはこれから土間の左官仕上げや木製の塀作りが始まります。足場を取って外構が無い状態の時はなんとなく落ち着きませんが、外構が整うと住まいらしくなります。

a0116442_22204617.jpg






by frontdesign | 2016-02-15 22:39 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 進捗状況18


a0116442_19524646.jpg
外壁の掻き落としが今日で終わります。左官らしい壁になりました。
a0116442_19532193.jpg
a0116442_19540273.jpg


材料を塗ってからしばらく時間を置き、半乾きの時に剣山のような道具でガリガリと掻き落とします。

西面壁、搔き落とし中。
a0116442_19542767.jpg
掻く季節や天気(温度湿気)や方向で発色が変わるので、タイミングが大事です。


骨材は川砂を使ってもらっています。ラストの練り分。
a0116442_19550114.jpg
左官の日程の間、晴天が続きました。
a0116442_19555508.jpg



妻側頂部に取り付ける鎧張りの矢切のカバーも塗装完了。(この写真は裏面です。)
小屋裏の通気は棟換気を取り付けていますが妻側にも通気口を設けました。スリットを入れて細かな細工をして下さいました。
a0116442_19552798.jpg
取り付けが楽しみです。





by frontdesign | 2016-02-07 00:13 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 進捗状況17

今日から外壁仕上げの左官工事が始まりました。大勢の左官職人さんが来られています。
a0116442_16284587.jpg
こちらは練り方。
a0116442_16301192.jpg
今回はパーフェクチンの3番です。
a0116442_16302569.jpg
塗る範囲の境目に養生をしますが、窓や軒裏などたくさんのところに養生をしなければなりません。
a0116442_16304954.jpg
半乾きになってから、剣山のような道具でガリガリと掻き落とします。乾き具合でも発色が変わります。
a0116442_16312530.jpg
いよいよ完成も間近になりました。建物完成後に外構工事が始まります。
a0116442_16314978.jpg



by frontdesign | 2016-02-04 16:27 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 進捗状況16

現場では造作家具の据え付けもほぼ終わりになりました。
上棟前の雨で化粧材の杉の梁に少しアクが出たので、アク抜きの職人さんが来られていました。丁寧に刷毛でアク取りをされていました。女性の方で現場で少しお話しました。
a0116442_17094312.jpg
造作家具が出来てくると、家らしくなってきます。
a0116442_17094984.jpg
玄関横には土間付きの玄関収納室(シューズクローゼット)。大きな靴棚が付きました。手前側にはコートなどの衣類掛けをつけます。
a0116442_17094969.jpg
今日は建具屋さんが採寸に来られ、室内建具や家具に取り付く建具について打ち合わせさせていただきました。


いよいよ来週から外壁の掻き落としがはじります。気温が下がらず、お天気が持ちますように。
a0116442_17094979.jpg





by frontdesign | 2016-01-29 17:23 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 進捗状況15

現場では造作家具の設置中。
大工さんに作っていただく家具が、大きなものから小さなものまで9つほどあります。加工場で作ってこられたものを次々と現場で納められます。
ちょうど、食堂のテレビボードと家事デスクの設置中でした。
a0116442_17323710.jpg
ここに建具、引き出し、棚板が取り付きます。
a0116442_17324287.jpg

2階には3つほど家具を取り付けて頂きます。
2階へ上がる階段は家のほぼ真ん中に配置し、階段の上に電動開閉の天窓を設けました。
a0116442_17324553.jpg
吹き抜けではない階段の場合は、階段がトンネル状になり煙突のような空気の移動が起こります。
階段上の天窓は、夏場には2階だけではなく1階の熱気も効率よく逃すことができます。
逆に冬場は、1階の居間食堂の暖気が階段を通って2階へ上がるので、空気の移動を止めるために1階の階段入口に引き戸を設けました。


2階のホールにはたくさん陽が入ります。南の光は明るくて温かくて、この季節は太陽の有難さを感じます。
a0116442_17324971.jpg

by frontdesign | 2016-01-25 18:26 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 進捗状況14


2階の大工工事が仕上がり階段も掛け終えられ、大工さんが1階に下りてこられました。
ここのところ、現場はおひとりで黙々々と仕事をされています。
a0116442_18201461.jpeg
建具枠が全て入りました。建具の材は吉野杉です。
ここの住まいは、たくさんある室内建具(出入り口の扉)のほとんどが引き戸なので開口部の上に鴨居が取り付きますが、開口同志が近いところは鴨居を全てつなげて頂いています。角出しというか、角延ばし。横線が出るのは日本的なところです。
a0116442_18201482.jpeg
出隅もつなげていただきました。
a0116442_18201466.jpeg
手をかけていい仕事をしていただいています。
a0116442_18201445.jpeg

入隅も。(ほんと、すみません。これは恐縮です。)
a0116442_18201438.jpg

柱の関係で薄壁にせずに壁の外側に引き戸をつけるところもあります。(アウトセット)
そこも入隅はこのように。  ここは扉の引手に一工夫必要な場所です。
a0116442_18201363.jpeg
いろいろと考えて納めて頂いており、感謝しております。

大工さんのご出身地の近くには杉の産地があり、その地方の家の普請は全て杉でされていて修業時代には杉に鉋をかけるのが日常だったそうです。そのようなこともあり、杉がお好きだとおっしゃっていました。








by frontdesign | 2016-01-18 18:36 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 進捗状況13

急に寒くなりましたね。今日の生駒は午後から雨が降りました。
現場の工事も着々と進んでいます。
a0116442_20053558.jpg
外部は木部の保護材の塗装が終わりました。軒裏は化粧の現しです。
a0116442_20033841.jpg

室内は2階の大工工事がほぼ完成しています。今日は1階から階段をかけておられました。
a0116442_20033442.jpg
2階は南のバルコニー側にホールを設けています。室内物干し場としてもお使いいただく予定です。
まわりは田んぼと畑が広がっており、稲刈りのシーズンになるとモミの粉が舞うため洗濯物は室内に干されるとの事です。


今日は家具工事の詳細について大工さんと打ち合わせをしました。
今回も大工さんに作ってもらう造作家具が何点かあり、細かい納まりなどはスケッチを描いて持って行きます。
家具の打ち合わせが始まると、そろそろ完成に近づいてきます。






by frontdesign | 2016-01-13 20:20 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki