<   2009年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

まぶちさんとゲニウス・ロキ

昨日の総選挙は民主党の圧勝。政権交代ですね。

弱いものが生き易い世の中になるといいなと思います。


だいぶ前のことになりますが
近くの町の集会所の建て替え工事をするのに、ボランティアでキープランを考えてもらえないかと知人から頼まれました。
建て替え工事の計画は何年か前からあったけれど、紆余曲折したのち町民の民意を最優先する形でこの度仕切りなおしになったとの事でした。
その時の町民の代表が、国政に出られる前の馬淵澄夫さんでした。
集会所のコンセプトをつくるのに、何度かお会いしていろんな話を伺いました。
馬淵さんは控えめな方ですが、とても頭の切れる方でした。

町の人たちが身近に感じて利用しやすい小規模の集会所
車座になって集える、なにか懐かしいような、心がほっとするような集会所

そして
町のゲニウス・ロキを大切にしたい

とおっしゃっていたのがとても印象的でした。そういうことを大事にされている方なんだなと思いました。


ゲニウス・ロキ(地霊)は、その町に暮らす人たちの 「町の記憶」 の塊のようにも思います。

建築物が人間のおごりの象徴ではなく、その場所にいかに自然に存在するかということを
いつも考えて計画をしないといけないと思うきっかけになりました。



昨夜、当選確実の馬淵さんのインタビューを見ながら
課題山積の世の中ですが、正しい姿を貫いて頑張っていただきたいと思いました。

党がどうとか言うことより、信頼できる人を応援したいです。
by frontdesign | 2009-08-31 12:19 | 設計について考える | Trackback | Comments(0)

第4回あかりセミナー終了

昨日は第4回あかりセミナーでした。
講師の藤堂先生より 紙のこと、紙の椅子、紙を使った建築など、素敵なスライドを沢山見せていただきました。
a0116442_173891.jpg


それからは、みんな必死になって照明作り。
紙を折る練習をしている間にどんどん時間は過ぎ・・・・、
時間内に完成できない方もいらっしゃいましたが、みなさん楽しんでいただけたご様子でした。
参加者の皆さん、ほんとに、いろんなカタチのものが出来上がりました。あかりを点けたときの美しさや意外性、紙の表情など、皆さんの作品を見ながら楽しむことが出来ました。
藤堂先生、素敵なセミナーを開いていただいて本当に有難うございました。


私は、流線型に折りながら富士山のイメージのものを作りたいと思いました。四苦八苦。

富士山に見えるでしょうか? 微妙・・・・。
a0116442_1738994.jpg

紙の表情(ケント紙170kg)
a0116442_1738967.jpg



上から見たところ
a0116442_1738982.jpg




噴火口は本当は円にしたかったのですが、なかなかそうは行かず。
折は、もう少し細かくして谷と山の陰影をつけたほうがよかった。
紙はもう少し薄めで(135kgくらい)ひかりの透過性を持たせたほうがよさそう。
by frontdesign | 2009-08-30 17:38 | 手をうごかす | Trackback | Comments(0)

ポロネーズ

知人とショパンのポロネーズの話をしていたら、急に弾きたくなって久しぶりにピアノに向かいました。
a0116442_9574650.jpg

ピアノじゃなくてYAMAHAの電子ピアノ。
音響も調整できて<ホール2>に設定すると、まるで「 大ホールで弾いてる風 ♪ 」な音になります。

音量が調節できヘッドホンもつけれるので、晩に弾くにはちょうどいいのですが
やっぱり電子音・・・
タッチがどうも・・・(笑)
軍隊ポロネーズも指の練習程度。ショパンを弾いてる感じじゃないな。


ピアノを弾いてると何もかも忘れてリフレッシュ出来るのですが
まだまだです。(-.-;)
by frontdesign | 2009-08-29 09:57 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

製本

a0116442_14273685.jpg

A3サイズの改修工事の図面を製本してみたら、随分小さく可愛くなりました。

小脇に抱えて現場いきます。

真ん中が若干見えにくい。(@_@)
by frontdesign | 2009-08-28 14:27 | その他 | Trackback | Comments(0)

クラブハリエ

a0116442_16421121.jpg

今日の事務所のおやつはバウムクーヘン。
昨日、たねやの洋菓子店クラブハリエで買ってきました。


ふんわり柔らかめ
お口でとろけます。(^w^)
by frontdesign | 2009-08-27 16:42 | 食べること | Trackback | Comments(0)

ひこにゃん

この二日間、休みをとって琵琶湖に行ってきました。
a0116442_10152637.jpg

ひこにゃーん!     萌え~

彦根城に行きましたが、ひこにゃんは残念ながらお留守でした。
イベントの出張やなんかで結構仕事が忙しいらしく
いつも家(彦根城)に居るわけではないそうです。
a0116442_10152627.jpg
この石積み  どうですか!

彦根城は威張った感じがなく、自然で、いろんなデザインの集合体です。




静かな琵琶湖。
a0116442_10152629.jpg
前日は対岸にそびえる蒼々とした比良山系がクッキリと見えたのですが、この日はかすんでいて静かな水面しか見えませんでした。

琵琶湖は好きな場所のひとつ。彦根は湖東ですが、湖西も湖南も湖北も好きです。


学生時代に製図の課題で
湖西の松の浦水泳場の近くの湖岸に石造りの低層のホテルを作ったり
(作ってません)
琵琶湖より流れ出る宇治川の天ヶ瀬ダムの畔に美術館も建てたし
(建ってません)
草津の集合住宅のコンペに出したりしたなぁ。
(入賞せず)
学生時代に取り組んだ計画は結構覚えているもんですね。




「たねや」に寄りました。
a0116442_1015265.jpg


隣のパン屋さん。日本瓦の屋根から黒い煙突が出ていて煉瓦で囲われているのも結構いい感じです。
a0116442_10152617.jpg

by frontdesign | 2009-08-27 10:15 | 建物探訪&散歩 | Trackback | Comments(0)

セミナーでつくる照明器具例

29日土曜日のあかりセミナー(建築士会生駒支部主催)では、
紙を折ったり切ったりしながら照明器具を作っていただきます。カタチも自由、折り方も自由。
当日、頭と手を練ってもらいます。

「でも、例えばどんな完成品ができるねん?」

例えばこんな感じ
a0116442_13592022.jpg
a0116442_1411872.jpg

講師の藤堂先生が例を作ってくださいました。

紙一枚でこんなことも出来るのですね。
当日は、ペンダントタイプ または 台つきのスタンドタイプ のどちらかを作っていただきます。


生駒支部副支部長伏見さんが
↓ ↓ ↓ セミナーのシミュレーションをされました。↓ ↓ ↓
ブログ 東奔西走 2009/08/26<誰のソノタ> 試作


まだ若干名空きがあります。
一般の方、学生さんでもOKです。
いまからでもどうぞ!!

申込書


セミナー終了後(夕方5時過ぎより)
生駒駅近くの カルメシ茶屋 にて
藤堂先生を囲んで懇親会をします。 (「夏の終わりの大宴会」 デス)
会費は4000円。 飲み放題です。(飲まれる方は電車でどうぞ)
こちらもあわせてご参加くださいませ。

by frontdesign | 2009-08-24 16:05 | 手をうごかす | Trackback | Comments(0)

奈良町

昨日は奈良プロジェクト
「伝統構法の町家改修技術を学ぶ連続講座」第1回目でした。

会場は奈良町内の藤岡家(重要文化財)
a0116442_12434490.jpg
入り口(受付)
a0116442_12472721.jpg
お座敷(会場)
a0116442_1248359.jpg
クリのなぐりの濡れ縁


午前中は講義でした。
講師は設計の藤岡さんと構造の井手さん。歴史的建造物の保存と活用のこと、伝統構法で改修することの意義についお話をお聞きしました。
a0116442_12482978.jpg
熱心に話を聞く受講者の方々。

午後からは改修の現場となる建物を見に行きました。
a0116442_1249557.jpg
これが改修の現場です。
ここを舞台に、第2回、第3回、第4回と現場の工程に合わせて講座が開かれます。

半年後にはとても美しい建物に生まれ変わります!! 
完成後は、滞在型の借家として使用される予定とのこと。
奈良町の一般的な伝統的建築の魅力をここで味わっていただけることでしょう。



帰り道に皆で元興寺に寄りました。地蔵盆の法要をしていました。
a0116442_12492359.jpg

a0116442_12494017.jpg

元興寺 禅室の瓦。1400年前(推定)の瓦も混じっています。(右側 行基葺きの部分)


(古瓦を使おう!)
by frontdesign | 2009-08-24 13:19 | 建物探訪&散歩 | Trackback | Comments(0)

Go-Yah!

最近はゴーヤもポピュラーな野菜になってきました。
お施主さんとの打ち合わせでも

ここには夏場の日よけも兼ねてゴーヤを植えようと思います

とお聞きすることもあります。
(フムフムなるほど…エコ対策、植栽計画、実の成る喜び。楽しい暮らしの設計にゴーヤが登場か)



ゴーヤを料理するのに 薄く切ってチャンプルーにしたりしますが 素材をシンプルに正直に、独特の苦味も美味しく味わいたい。
あまり薄く切らずに
オリーブオイルで炒めて
塩で味付け
少しバジルも
風味にカレー粉をほんの少々。
a0116442_8564123.jpg

休日昼間のビールのあてに丁度いいです(^_^)
が、大量に食べれるほどでもなく。。。


昨日「夏バテ防止に」と、友人がゴーヤの佃煮を作って持って来てくれました。
a0116442_8564189.jpg

食感と風味はゴーヤで苦味もほどよく残っていますが、青臭さは全くありません。
いくらでも食べれます。(^O^)


レシピも教えてもらったので、是非作ってみたいと思います。
by frontdesign | 2009-08-23 08:56 | 食べること | Trackback | Comments(2)

玄関収納ルーム(家族用玄関)

住宅を設計する中で、
最近は玄関に隣接した玄関収納ルーム(家族用玄関)をよく作ります。
結構狭い面積でもそこそこ収納量はあります。

壁一面の靴箱や上着を掛けれるハンガーパイプ、簡単な手洗いスペース、ゴルフバックや子供のスポーツ用品を置けるスペースなどを計画します。


「ただいまー」と家に帰ってきて
玄関→玄関収納ルーム に入って靴を脱いで、
上着もそこで脱いで掛けておきます。
そうすると
玄関→リビング直行で上着をソファーにポイっと置きっぱなしにすることもなくなります。


家族が多いと、玄関が家族の靴だらけになります。
4人家族なら、夜になると最低5足は玄関に出ているでしょう。
(1足多いって? それは、おかあさんの つっかけ です。
出しっぱなしの つっかけ は必須ですね。)

家族は家に帰ってきた時に、いちいち靴箱にしまいませんもの。
ひどい場合は一人で3足くらい出しっぱなしにしていることって ありませんか??(・ ・;)

収納ルーム(家族用玄関)で脱ぎ履きすれば、とりあえず表の玄関はスッキリと保てます。


靴箱は、扉をつけなければ靴の出し入れもし易く、簡単に靴を棚に戻す気にもなります。

見せる収納で実用的な家族用玄関です。
すこしごちゃごちゃしててもOK。
by frontdesign | 2009-08-22 14:56 | 設計について考える | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki