<   2010年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

靴を履いている空間か、履いていない空間か

a0116442_13205642.jpg床材は、住まいの空間の仕上げの中でもとても大事な部分。
床は直接足に触れる素材です。他にもドアノブや手摺は直接手に触れる大事な部分です。

床材もいろいろ。
大理石、タイル、じゅうたん、たたみ、木。 同じ間取りの家でも床の材質によって全く異なる空間になります。
無垢の木でも樹種でかなり表情も変わります。私は松が好きで、床には松を使います。

この写真は赤松の無垢板の節なし。 三陸産です。 (わかめじゃないですよ 笑)
こんな木目が好みですが、経年変化でだんだん色が濃くなってくると、なおよろしい。(笑)

そして、次に杉が好き。 桧よりも杉のほうがずっと好きです。
壁や天井に木を張るときは杉を使います。

床材は節があってもいいけれど、住宅の壁や天井には節の無いものを使います。
けれど、玄関や店舗など、土足の空間の壁や床は節があっても気にならないのです。



自分の選択基準が 「靴を履いている空間か、履いていない空間か」 というのが
何故なのかは自分でもわかりませんが、 その違いは大きな違いで
自分の中ではそれが比較的基本となる感覚です。

足の裏でものごとを計っているとかじゃなくて、清浄不浄の心の問題だろな。  

やっぱりわたしも日本人なんだなぁー。
by frontdesign | 2010-05-31 13:46 | 設計について考える | Trackback | Comments(0)

はちの巣

a0116442_16514390.jpg

今日は良い天気。汗ばむ陽気です。

解体現場の進捗状況を見にいくと
すずめばちの巣らしきものが置いてありました。

中の構造は、こんなことになっているのですね。
みつばちの巣のようなものが何層にも重なっていて
まるで集合住宅みたいです。

外側の殻は意外ともろいものでした。
こうやって殻につつむのには、どんな訳があるのでしょう。
外敵よけか、巣内の温度を保つ為なのか、巣の単位が大きいからそれをまとめる為なのか。


それにしても この大きな巣は古家のどこにあったのでしょう。
軒下には見あたらなかったけど、もしかしたら小屋裏?!
by frontdesign | 2010-05-30 16:51 | その他 | Trackback | Comments(2)

生駒の家 工事中2

a0116442_1042552.jpg
生駒の家、地階部分の工事が進んでいます。

型枠が入り始めると、建物のボリュームがだんだんわかってきます。
それにしても大きな地階部分です。

この上に一部、木造2階建てが載ってきます。その他の地盤は改良杭を施します。
木造部分の工事までは、まだしばらく掛かりそうです。
by frontdesign | 2010-05-28 10:13 | 新築 生駒の家 | Trackback | Comments(0)

床座と動線

a0116442_17504543.jpg
最近、トマトジュースにはまっています。

空腹感も満たされます。暑い日はからだもクールダウン。


ここんとこ悩み続けていた床座と動線の関係もすっきり解決し
ちょっと一服です。
by frontdesign | 2010-05-27 17:51 | 食べること | Trackback | Comments(0)

山城の家に伺いました!

a0116442_13121989.jpg昨日は現在設計中のお施主さんと一緒に、山城の家に伺いました。

建築から3年経った山城の家は
木部があめ色になり、ますます木の家の良さが出てきているように思いました。
無垢の木は、年月と共にどんどん味わいが増しますね。
経年変化が楽しみと言うか、 新品の時より年月を経たほうが グッ とよくなる。

お施主さんも大変センスよく暮らされており、家が善くなっているなぁと感じます。


ダイニングには、先日購入された 椅子とテーブルが。
なんと 、飛騨産業の ”森のことば ” シリーズのダイニングセットです。

昨年、改修の仕事をさせていただいた「ふくろうの家」の椅子と同じシリーズです。
一目見て気に入って購入されたとのこと。
直線的デザインの中に適度なRをもつデザインで、素材感のあるいい家具です。

空間にもしっくりと納まっていました。



a0116442_13155018.jpg
玄関扉の内開きの網戸。

縦格子がとてもきれいなこの扉は なんと木工がご趣味のご主人の作!!
建具まで作られるとは、さすがです!


網戸となると、どうしても引き戸で考えますが ふむふむ・・・ これもありですね!
網戸自体が素敵なので、扉を閉じていてもデザインの一部になり
ちっとも邪魔にならないです。


通りからチラッと見える とても涼しげな玄関。








a0116442_14514473.jpg
帰り際に玄関先で写真を撮らせていただきました。

いつも温かく迎え入れてくださる素敵なご夫婦です。


有難うございました。(^^)




幸せ溢れる山城の家でした。
by frontdesign | 2010-05-24 14:53 | Trackback | Comments(2)

モデルハウスの現場

a0116442_1826289.jpg道路より少し下がった敷地を上手く使って、施工業者さんのモデルハウスをつくります。

ここの敷地、 南側は竹林。 これが魅力です。

基礎工事が始まりました。全体にRCの高基礎で、工事は大変そうです。

なんぎしてますわぁ・・・・  と、うらめしそうに言われてしまいました。 (汗)

( 設計もだいぶ悩みましたもん 笑 )

高基礎の型枠は新品でした。 きれいな基礎に仕上がりますように。
by frontdesign | 2010-05-21 18:35 | Trackback | Comments(0)

生駒の家 工事中1

a0116442_18112823.jpg
生駒の家は、
掘り込みガレージの工事が進んでいます。

大きなガレージで、構造はラーメン構造。(柱・梁構造)


ベースを打って現場は少しスッキリしてきました。

これから、壁と天井をつくり、だんだんボリュームが出てきます。




a0116442_1812199.jpg土を触る工事はなかなか大変です。
土質にもよりますし、水も心配な要素。

「壊えたら(くえたら) あかん」  
ご安全に!


天候にも左右されます。
建築の工事は、天気ととても関係があるということを
仕事を始めてから知りました。

晴天が続くといいのですが 今年の梅雨はどんなかんじでしょうか。
by frontdesign | 2010-05-21 18:23 | 新築 生駒の家 | Trackback | Comments(0)

ふくろうの家に伺いました!

a0116442_1394616.jpg




昨日はふくろうの家にお邪魔して来ました。引っ越しされて2ヶ月。


料理の先生をされていた奥様の手料理をご馳走になりました。

Oh!メキシコ料理!!
チキン!ソースはアボカドとオニオン。
いいにおい~!
他もたくさん。上等なお店で出てくるようなお料理の数々・・・。
デザートのケーキまで!

めちゃくちゃ美味しかったです!!さすがプロです。











a0116442_1491534.jpga0116442_1493418.jpg
キッチンに立たれる奥様。

同じ女性として憧れてしまいました。
絵になるな~。

料理のセンスがあるって素敵です。羨ましい。










キッチンの使い勝手もあれこれ拝見。収納の工夫がすばらしい。
コチラの設計で余していた部分を、上手く使っていただいていました。
食器棚左側は普段使いの食器だそうです。カウンター下には来客用の食器をまとめていらっしゃいます。
かごに入れて収納するのもなかなか便利だそうです。
a0116442_1412287.jpga0116442_1414498.jpga0116442_14254983.jpg
















a0116442_14112682.jpg


食器棚右側は料理の本がいっぱいあります。

こんなにあるとは・・・
流石です。






a0116442_155236.jpg

カウンター窓辺の野菜プランターも とても便利とのことでした。
ケーキにミントが乗っていました。





ご主人のパソコン机と キッチンに立たれる奥様の位置的関係。 キッチンからはダイニングを通して庭の緑の見えます。
a0116442_14164593.jpga0116442_14104583.jpg

















建築は、人が加わって初めて完成するものですが
実際に使っている様子を拝見すると、空間の中の人の力の大きさを感じます。

善く使っていただいて、設計者冥利に尽きます。感謝。


a0116442_141821100.jpg



お庭の緑も茂っています。









a0116442_14235771.jpg


帰りはすっかり暗くなっていました。

二上山近く西の空に出ていた三日月と金星(大接近)を見ながら帰りました。

本当にお世話になりました。
有難うございました。(^^)
by frontdesign | 2010-05-17 14:39 | Trackback | Comments(4)

生駒山麓の家 2

a0116442_10203584.jpg
生駒山麓の家の模型。


曲がった形の内部の吹き抜けの雰囲気は 模型にすると分かり易くなります。

作り始めたら、キッチンもカウンターもレンジフードも。

一番手がかかるのが 回り階段。
階段は模型上も省略できません。(笑)
そこだけ 息子にバイトさせました。(笑)
by frontdesign | 2010-05-16 10:20 | 新築 生駒山麓の家 | Trackback | Comments(0)

3階建

a0116442_155626.jpg

今日は3階建ての住宅の棟上げ。いいお天気になりました。

各階10坪弱の木造ですが、3階ともなると基礎も大きく地中梁も入り、かなり頑丈なものになります。
決して簡単な建物ではありません。

今回の基礎パッキンは全面通気のもの。
a0116442_1556324.jpg

従来の換気口より基礎パッキンのほうが床下全体に通気できるので
床下がよく乾き、木には良いです。


3階建ての計画は今回初めてでしたが
日照の計画や階段の位置、階によるヒエラルキーなど
限られた範囲での快適性を考えるのがなかなか面白い仕事でした。
by frontdesign | 2010-05-13 15:56 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki