<   2010年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

生駒の家 工事中7 手刻み

a0116442_1145395.jpg生駒の家は手刻みです。
お施主さんと一緒に刻みの加工を見学させてもらいました。

施工は王寺の藤見工務店さんです。
最近では、手刻みの加工は随分少なくなっていますが
藤見さんのところではいつも手刻みでされているとのことでした。


加工場では5人の大工さんが黙々と作業をされていました。
若い大工さんも多くいらっしゃいました。
「本当の大工になりたい」
と言って”藤見部屋”に弟子入りを希望されるそうです。




a0116442_11452528.jpg

昨日はちょうど梁の加工。まだ梁の部材しか置いてありませんでしたが、
加工場いっぱいの部材、かなりの量でお施主さんも驚かれていました。

棟梁が次々と墨つけをして、4人の大工さんが黙々と刻んでいました。

棟梁は竹の墨刺しで墨をされていました。








a0116442_11455296.jpg


鶴亀の墨壷。

昔は自分で墨壷を作っていたそうです。(鶴亀などの彫り物も)


(映画「みんなのいえ」では父:田中邦衛の墨壷がシンボリックに登場しました 笑)







a0116442_11461061.jpg
かんばん板。

大工さん手製の昔ながらの図面です。

棟を上げる時に一緒に上げるそうです。
昔の家を解体すると、よく上からかんばん板が出てきたりしますが
いまでも出来る限り昔ながらの方法を続けているそうです。


(映画「火天の城」では番匠:西田敏行のかんばん板がシンボリックに登場しました )


棟梁、ハイライトですか  ・・・ 職人さんっぽい。


a0116442_11464420.jpg


刻みの終わった梁が積んであります。












a0116442_1147184.jpg手刻みの良さは、機械のように真っ直ぐではなく、
組んだ時に外れないような抵抗ができるように少し斜めに刻むところです。
一度組むとはずれない、叩けば叩くほど組めば組むほどしっかりと締まる。
木のクセも1本ずつちがうもの。クセを生かすのも人の手だからできること。

そんなところに木造の本当の面白さを感じます。
若い人が大工になりたいと思う所以も、そういうところだと思います。
仕事が楽しいって素晴らしい。

手刻みは、時間も予算も掛かるので
なかなかいつもそういうわけには行きませんが
いい材料を大工さんの手で刻んでいただけるような仕事をしたいと思います。

やっぱり、日本ってこういう国 。


a0116442_11471872.jpg








材料はヤング係数、含水量とも測定済みのJAS合格品。
設計者としてはここもチェック。






■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2010-08-31 13:13 | 新築 生駒の家 | Trackback | Comments(2)

モデルハウスの現場進捗状況 その8

まだまだ暑いですが、空は秋の色になってきました。 天高く ・・・・。

a0116442_12581964.jpga0116442_1258243.jpg



















室内もだいぶ出来てきました。
階段も出来ています。食堂から2階へ。        2階北側の部屋の正面にも緑があります。a0116442_1345993.jpga0116442_1352643.jpg




















2階ホールのカウンターの下。床は唐松、カウンターはタモ材です。 小さい子どもの見る世界(下のほう)ってこんな感じ。a0116442_137142.jpg
by frontdesign | 2010-08-30 13:16 | Trackback | Comments(0)

before after は楽しい ?

大改造ビフォーアフターという番組が放送されてから、建築士(設計事務所)の存在というのも世間に認知されてきたように思います。

いろんな問題を抱えている家があるもんだとびっくりするようなことも多いのですが
リフォームをして快適になる様子を見ていると、人の家でも面白いもの。

リフォームに限らず
スカイツリーもだんだん出来上がる様子を早送り映像で見ていると楽しいし
近所の建築現場でも、何もないところに建物が出来上がっていくのも興味深いものです。

自分の仕事でも、現場でウロウロしていると

「どんなもんが出来ますの?」

と近所の方に聞かれることもしばしば。


仕事で改修(リフォーム)をすることも時々ありますが、昨年設計させていただいたふくろうの家は
改修前の写真を撮る時に、改修後の写真のアングルも考えて撮りました。

このたび、ホームページリニューアルをした際にスライドショーの技術も得たので(笑)
before after のスライドショーをつくってみました。
構造補強を施した上で柱を1本抜くことにより、室内環境が向上した様子を見ていただけると思います。
(※どこでも柱を抜いたり壁を取り払えるわけではありません。詳しくはお近くの建築士にご相談ください。)

■ふくろうの家 before after

定点撮影のつもりが少しずれています。酔わないように気をつけてください。(笑)






■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2010-08-29 16:26 | その他 | Trackback | Comments(0)

生駒山麓の家 進捗状況2 改良杭

a0116442_1471886.jpg
生駒山麓の家。杭工事が始まりました。


ここの敷地は、地盤調査(スウェーデン式サウンディング調査)の結果
深度3~5M付近が非常に軟弱であることがわかり
検討の末、地耐力を確保するための改良杭工事をすることにしました。


6.5M下の支持地盤まで改良杭を施工します。











a0116442_1415475.jpg

セメント固化材1t袋。
23袋(23t)使います。









3tプラント車が来てます。 
道の狭さ(道中を含め)や、施工性により小型のものが来ます。

固化材の袋をユニックで吊ってプラントへ。
袋の底からジャー。
飛び散らないようにカバーがしてあります。


a0116442_14144232.jpga0116442_14153568.jpg




















a0116442_1415565.jpg

チューブで掘削機へ送り、オーガーで掘り進めながら注入攪拌します。

打ち上がりはこんな感じです。


直径60センチ 深さ6.5Mの杭、44本打ちます。 二日かかります。














■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2010-08-28 14:43 | 新築 生駒山麓の家 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家 計画編1  子どもの城

a0116442_18555078.jpg


生駒の斜面地での住宅計画です。












土地をあまり造成せずに、斜面を利用してできるだけ自然に建っているようにしたいと思いました。
斜面と言っても、道路面から上がってから3段の平坦地があります。ちょうど段々畑のようなカタチ。

敷地を含めた計画に(安全性も含め)悩みましたが、地盤が固いとの情報も得て
真ん中の平坦地を設計GLに、上の平坦地(庭)へは2階から橋を渡って行く事ができるように
下の平坦地は植栽スペース、上部は1階のウッドデッキがはねだしているような感じにしました。
上に平坦地では畑もされる予定とのこと。( 羨ましい ) 
畑の世話は2階ホールから橋を渡って上の庭へ、土のついた収穫物は庭を回って外からキッチンへ。
家の周囲はぐるりと回れます。敷地の段差を裏山も含めて楽しめる要素にしたいと思いました。

( これは、子どもたちの鬼ごっこにもってこいだなぁ )

裏はサービスヤードになります。 玉葱を干すところがほしい、というご要望もこのサービスヤードで。
(わたし的には、広い玄関ポーチに玉葱干してあってもカッコいいと。 笑)


お施主さんはおしゃれな若いご夫婦です。小さいお子さんも2人いらっしゃるので
子育てのことを考えた ”子どもの城!” にもなりうる住まいです。

裏山でカブトムシが採れるかもしれないですよ。 
そうなると、夏休みは早朝虫取りのために毎日ちびっ子がこの家に泊まりに来るかも・・・・  


基本計画はほぼ決まりましたが、パースが後回しになっていました。
スケッチアップで描いて、今回初めて背景に写真を合成してみました。 生駒山が北西に見える高台です。
外壁の色はどうするかな。自分でもまだ決めかねています。
a0116442_14263013.jpg




■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2010-08-27 14:30 | 新築  萩の台の家 | Trackback | Comments(0)

長谷川潾二郎画文集が届く

a0116442_16205333.jpg

この前の日曜日のNHK日曜美術館は長谷川潾二郎の特集で、大変興味をそそられました。

パリに行って数年滞在する予定が1年で帰ってきたとのこと。
「巴里の風景は巴里人に任せればいい。」

パリに行って半年後、芭蕉と蕪村の句集を読み
自分が日本について無知であることに気がついたそうです。
日本の風景や季節の風物を「全く異なった別世界の美しさ」と表現しています。


長谷川潾二郎の絵には、日常の風景の中の美が描かれています。
とても静かな、それこそ音のないような絵ですが、そこに漂う奥深い空気を感じます。
空気というか、描かれる対象との間に存在する何か、と言うか
簡単に言うと少し不思議な絵です。

洲之内徹氏は「この世のものとは思われない趣さえある」と表現しています。


潾二郎は 画に漂うよい匂い と表現しています。
よい匂いとは、人間の魂の匂いだそうです。

「人間の美しい魂の匂い、それが人類の持つ最高の宝である。」

「現実は精巧に出来た造られた夢である」



本を見て、もう一冊注文しました。
絵を描くことが好きな息子のために。 この良さがわかるでしょうか。
とりあえず猫好きなので(笑)
by frontdesign | 2010-08-26 16:45 | その他 | Trackback | Comments(0)

生駒の家 工事中6 地盤改良

生駒の家。  屋上庭から生駒山がよく見えます。a0116442_1714261.jpg















a0116442_1704467.jpg
今日は住宅部分の地盤改良工事。
支持地盤まで柱状改良をします。


掘削機。

ここは地山(じやま)で、比較的浅い位置に強固な支持地盤がありますが
建物の一部がRC造駐車場の上に乗る計画なので
地耐力の違いによる不同沈下の可能性も有り、柱状改良をすることにしました。


オーガーで掘り進めながらセメント固化材を注入、攪拌します。







a0116442_1711971.jpg


下にはプラント車。結構小型です。

ここから上の掘削機まで、チューブで固化材を送ります。

固化材、この一袋が1tです。




地盤改良が終わると、次は基礎工事です。







■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2010-08-25 17:32 | 新築 生駒の家 | Trackback | Comments(0)

山長さんの打ち合わせ

生駒山麓の家は山長商店さんの杉の木を使います。
今日は山長さんと施工者の伏見建築事務所さんと細かい部分についての打ち合わせをしました。
山長さんは山主さんで、木の伐採、乾燥、製材、プレカットまで全てを自社でされます。
木をあらわすところは木の良い部分が見えるように材を選び、” 細かな配慮 ” を至る所でしてくださいます。
生きていた木を通して気持ちが伝わる。
設計した私も嬉しいし、木を扱う大工さんも、そしてなによりお施主さんも喜ばれることだと思います。

材料から気持ちのこもった家になること間違いなしです。

最近のプレカットの図面はこんなパースまで出て来るそうで。
a0116442_1985915.jpg
ホーなるほど。。。よくわかる! (飛び出した柱はなしです。笑)
これも山長さんの推し進める 「見える化」でしょう。


山長さんの山からプレカットと、見える化 







■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2010-08-23 19:07 | 新築 生駒山麓の家 | Trackback | Comments(0)

普請は神事とともにある 地鎮祭

a0116442_15555937.jpg
青空の下、今日は生駒山麓の家の地鎮祭がありました。

往馬大社(生駒神社)の神主さんに来ていただき
お施主さんご家族、ご夫婦それぞれの親御さんもいらっしゃいまして
施工者と私(設計者)みんなで、工事の安全と今後のご家族の発展をお祈りしました。

土地は神様から代々お借りしているもの、という話を神主さんよりお聞きしました。
この土地の今までのことやこれからのこと、そして今はその歴史の中の一幕で
そこで設計させていただいていることを感じました。

地鎮祭や上棟式。
普請に神事は欠かせませんが、いつも気持ちが引き締まり
目に見えないものを敬ったり自然を畏れる気持ちを改めます。

「 普請は神事とともにある。 」



準備をされる神主さん。a0116442_1642646.jpg





















■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2010-08-22 16:14 | 新築 生駒山麓の家 | Trackback | Comments(0)

別冊FRONTdesign

まだまだ暑い日が続きます。
これだけ暑いと、現場で仕事をしている職人さんは本当に大変だろうと思います。


職人さんが丹精して作った木の住まい。

出来上がってから、住まわれ方を拝見する機会もあります。
無垢の木が月日とともに落ち着いた表情になるのを実際に拝見させて頂けるのは、とても嬉しいことです。

住まわれてからのコメントを頂けるのも大変有り難いです。


設計させていただいたお宅に訪問して、ブログ記事にさせて頂いたものなどをホームページにリンクして

” 別冊 FRONTdesign ” 

と言うコンテンツを作ってみました。

別冊FRONTdesign



なぜ“別冊”なのかって?
(笑)





■FRONTdesign の ホームページ
by frontdesign | 2010-08-21 22:55 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki