<   2011年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

生駒の家 工事中32 建具いろいろ1

a0116442_18142427.jpg

今日は日曜日ですが竣工前と言う事で
建具のつり込み作業をされていました。

いろいろな建具があります。














a0116442_18222960.jpg
玄関横の杉板の壁に、目立たぬように杉の戸を納めていただきました。

その横は型板ガラスの框戸です。
















a0116442_18151788.jpg

キッチンと洗面所は複層ポリカの引き戸。

















a0116442_18152747.jpg

玄関収納室の引き戸はシナの引き戸。アウトセットにしています。

















a0116442_18533748.jpg
玄関収納室から玄関の手洗いを見たところ。
引き戸はワーロン紙張りの格子戸。


















a0116442_1815432.jpg

玄関の親子扉はこれからです。

















a0116442_1816316.jpg

今日は空がとても青く、温かな1日でした。

建具のつり込みはまだ続きます。






■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ 一級建築士事務所 FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2011-02-27 18:35 | 新築 生駒の家 | Trackback | Comments(0)

生駒山麓の家 進捗状況25 洗い出し

a0116442_1874378.jpg
ただいま玄関・ポーチの洗い出し中!

左官屋さん、手仕事です。

その履物は、かんじき?




■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ 一級建築士事務所 FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2011-02-27 18:11 | 新築 生駒山麓の家 | Trackback | Comments(0)

生駒の家 工事中31 仕上げ

a0116442_15161953.jpg
和紙クロスも張り終わり、階段の手すりがつきました。


手摺は桧で作ってもらいました。


右側はキッチン・食堂への入口。











a0116442_15163028.jpg

白い和紙と杉のコントラスト。

和紙は柔らかい雰囲気になります。














a0116442_15165267.jpg

茶の間の杉鴨居と和紙壁。
















a0116442_15164191.jpg

材料の山も少しずつ片付いてきています。


















a0116442_15171537.jpg敷地全景。

丘陵のような敷地に掘り込みガレージを設けて地盤レベルを整え
木造2階建てを計画しました。
造成から始まってほぼ1年。なかなか大変な工事でした。

外構はこれからですが、
RCの硬さを和らげて自然を感じるような街の風景になればと思います。


■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ 一級建築士事務所 FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2011-02-24 15:56 | 新築 生駒の家 | Trackback | Comments(0)

杉の床板(トコイタ)

生駒山麓の家。 4畳半の和室の踏込床(フミコミドコ)床板(トコイタ)は、杉にします。加工場に材料取りを見に行きました。

a0116442_17523464.jpg
たくさんある杉の一枚板の中から、赤みの部分で取っていただきました。













a0116442_17534837.jpg
吉野杉の年輪の細かい事。













a0116442_17543169.jpg

床板の寸法に切るとこのように。

















a0116442_1755361.jpg














a0116442_17553692.jpg














a0116442_17561449.jpg
綺麗な木目が出てきました。

このあと床板は現場へ。

椿の変木の床柱がつくのが楽しみです。





■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ 一級建築士事務所 FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2011-02-23 18:06 | 新築 生駒山麓の家 | Trackback | Comments(0)

双子の木

a0116442_1742364.jpg生駒の家。玄関の手洗いカウンターの杉板。
板目がちょっと風変りです。

「これはソーセージです」

と大工さんがおっしゃっていました。

(ソーセージ??)

お聞きしますと、二つの芽がだんだん1本の木になったものだそうです。
双子の木。(双生児)

自然は不思議です。



■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ 一級建築士事務所 FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2011-02-23 17:49 | 新築 生駒の家 | Trackback | Comments(0)

生駒の家 工事中30 足場撤去

a0116442_11413.jpg
生駒の家 足場が外されました。
外壁、漆喰の白がとても清々しい印象。



矢田丘陵から生駒山まで見渡すことが出来る高台の住まいです。



住宅部分はもうすぐ完成ですが
外構、駐車場、その他諸々、工事はしばらく続きます。




■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ 一級建築士事務所 FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2011-02-23 01:26 | 新築 生駒の家 | Trackback | Comments(2)

FRONTdesignの仕事

a0116442_15122337.jpg
事務所のパンフレットを作りました。




今までの仕事の写真と事務所のコンセプトを簡単にまとめてみました。

A4サイズの二つ折り、全18ページ。








a0116442_1512233.jpg


メールにてお知らせいただきますと、郵送させていただきます。

メールアドレス yiwaki@kcn.ne.jp





■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ 一級建築士事務所 FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2011-02-22 15:30 | その他 | Trackback | Comments(2)

新しい計画  「矢田丘陵の家」

ご夫婦とも教師をされているご家族の住まいを設計させていただくことになり
プレゼンテーションをさせてもらいました。

この計画をするにあたり、ご夫婦の職業に似合った暮らし方というのがイメージの大部分を占めました。
親御さんの留守中は、一家の主が子どもたちになるので、子どもたちの暮らしやすさも大事な部分でした。

親しい友人が同じく夫婦とも高校教師で、子育てを夫婦で協力し合うことや
家に帰ってからも採点や翌日の準備など、教師ならではの家での仕事がいっぱいあり
日々忙しいという話をよく聞いていました。
教師と言う職業も、なかなかの激務だと思いました。


具体的には次のようなことをテーマに計画をしました。

・子どもさんが宿題をする場所も含め、家族が机に向かう場所を同じくする空間を居間続きに設けること
・夕方など子どもたちだけで過ごす時間も多くなるので、兄弟が違う場所に居てもどこかしら気配を感じて不安にならないこと
・親御さんも家に居るあいだ、子どもさんの気配を感じやすいようにすること
・洗濯物を取り入れたり、ご飯を炊いたり家事の手伝いが子どもたちにとっておっくうにならないようにすること
・ちょっとした”こもり場所 ”をつくること

等々。

明るく楽しく、そして子どもの夢が広がるような住まいに。



落ち着いた住宅地での建て替え工事です。
1種低層地域で外壁後退は1.5M。
外壁後退が1.5Mともなると、敷地内の計画ではなにかと制約が出来ますが
住宅地全体でみると明らかに住戸間の距離が広く、風の通りの良い明るい住宅地です。


ブログの掲載許可もいただき、これから少しずつレポートさせていただきたいと思います。

「〇〇の家」は、まだ未定です。


「矢田丘陵の家」に決まりました!


■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ 一級建築士事務所 FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2011-02-21 19:42 | 新築  矢田丘陵の家 | Trackback | Comments(0)

生駒山麓の家 進捗状況24 階段まわりの楽しみ

a0116442_17273246.jpg
生駒山麓の家。

もうすぐ3月。
すっかり、日も長くなりました。

五時過ぎの現場。













a0116442_17291785.jpg
二階は和紙クロスを張るために下地のパテ作業中。

階段を上りきる手前の踊り場正面は、天井までの本棚になります。

(これからつきます。)














a0116442_1731456.jpg
本棚横は、横長の窓。

吹き抜けの空気が自然に抜けるように、一部ジャロジーにしています。


北側の窓は安定した光が入ります。

踊り場に座って本を読んでもらえるかもしれません。



外からも、本棚の上の方が見えそう。

本棚がチラッと見える家も良いものだと思っています。





a0116442_17331360.jpg
シナの勾配天井 と 天井を張った大工さん。




勾配天井は隣の玄関ホールまで1枚でつながっていて
大変だったと思います。
そんなどころではなく、45°振った和室の先まで1枚の天井。






a0116442_17355086.jpgガラス窓の向こうは玄関ホールの吹き抜け。
玄関ホールの上部ガラス窓の向こうに公園の桜が見えます。
(写真では白く抜けて写っていませんが)

2階の階段ホールから桜を眺めることが出来れば、というご希望でした。
とりあえず視線が通りました。

毎年、桜を楽しんでいただけることでしょう。


■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ 一級建築士事務所 FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2011-02-21 17:54 | 新築 生駒山麓の家 | Trackback | Comments(0)

生駒の家 工事中29 越前和紙クロス

a0116442_21202913.jpg
この骨組みは?

階段下から真上を見たところ。天窓が見えます。

現場ではいま越前和紙クロスを張っておられます。2階はほぼ張り終わり。

白い壁は明るいです。
白と言っても和紙の白。
間近でみてもチラチラせず風合いがやっぱり柔らかい。










a0116442_21203853.jpg

建具が入って養生シートが取れると、木の面積が増えて落ち着きます。

2階は個室が4室に、家事室、納戸、トイレ、それにミニキッチンも。
このホールはそれぞれの部屋をつなぐ「外」みたいなところです。

各部屋は外部に廻るバルコニー(本当の外)でもつながっています。

共用部分と専有部分。2方向非難 ??(建築士の試験を思い出します)

マンション的発想ではなく、中国の客家的な集住・自立共生の家です。








a0116442_21323086.jpg

吹き抜けの部屋も綺麗になりました。

外の手すりルーバーもつきました。















a0116442_21205814.jpg

1階も一部張り終わっています。

















a0116442_2121729.jpg
1階の3畳和室の壁は、中塗りで乾かしています。

天井高さは2100。
天井が低くて落ち着くね、と言われると嬉しいです。

小上がりの3畳間で(座る空間)、天井が低くても全く抵抗がなく
かえって広く感じるぐらいです。

わたし的には、まだまだ余裕で・・・。
あと5センチ低くても良かったかな。









a0116442_212116100.jpg
外部は樋の取り付け中。
タニタのガルバニウム半丸スタンダードΦ120です。

何がって、この集水器が美しい!

エルボでつなげて縦樋がつきます。













a0116442_213255100.jpg

北側の洗面所と浴室部分。

上の家からの目隠しに大工さんがルーバーを作ってくれました。

” いいね! ”





■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ 一級建築士事務所 FRONTdesign ホームページ
by frontdesign | 2011-02-19 21:55 | 新築 生駒の家 | Trackback | Comments(4)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki