<   2011年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

木のスツール

a0116442_1534204.jpg
河合町の家。

食堂の家具は、飛騨産業の森のことばの椅子4脚とテーブルを選ばれました。
スツールも2脚揃えられました。


とても素敵なスツールです。

座面は木ですが、なかなかの座り心地。


椅子より軽くコンパクトなので、持ち運びも楽。
お客さんが多いときにも重宝しそうです。



*** new *** 一級建築士事務所 FRONTdesign の ホームページ
by frontdesign | 2011-08-31 15:44 | Trackback | Comments(2)

茶寮幾世屋 解体編2

a0116442_18505920.jpg

幾世屋さんの解体工事はちゃくちゃくと進んでいます。


まとっていたものが取り除かれ、昔の姿が現れました。

痛んでいた下屋は撤去して、新たに作り直すことにしました。














a0116442_1851865.jpg

解体前の姿。

長年、幾世屋さんの顔になっていた店構え。














a0116442_1851193.jpg

解体中。

あっという間に解体されます。














a0116442_18513292.jpg

そして現在の様子。

ブルーシートで雨仕舞。
外観はしばらくはこのままです。













a0116442_18514065.jpg
内部 みせの部分。

天井を撤去すると、綺麗なあらわし天井が出てきました。
インパクトのある天井で、この建物の歴史を感じます。

これはもったいない。

天井として出す方が良いでしょう。いや、出すべきでしょう。

計画を変更して、再生後の意匠に取り入れようと思います。


現場をめくってみてから決定することが、あちこち出てきます。

 ( 早く図面化しなければ~!)



*** new *** 一級建築士事務所 FRONTdesign の ホームページ
by frontdesign | 2011-08-30 19:17 | 町家再生 茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

矢田丘陵の家 現場1

a0116442_18284725.jpg

地業が終わり基礎の工事が進んでいます。




捨てコンクリート打設後
墨出しをして








a0116442_18285819.jpg

配筋完了です。














a0116442_1834119.jpg

最終的にはこのようなカタチの家になります。

今はその基礎工事の段階です。







*** new *** 一級建築士事務所 FRONTdesign の ホームページ
by frontdesign | 2011-08-29 18:38 | 新築  矢田丘陵の家 | Trackback | Comments(0)

白橿町の家 リフォーム計画

a0116442_1114312.jpg











a0116442_1115772.jpg築25年の木造2階建て住宅。1階を中心とした増築とリフォームの計画です。
キッチン・ユーティリティー部分を増築し、同時に家全体の耐震性を高める工事を行います。

1階の改修の場合は階段を触ることはほとんどないのですが
今回は動線確保のために階段の一部を(下4段)作り直し
廊下からユーテイリティーへ入る通路を作ることになりました。
裏動線ができて、回遊出来る住まいになります。

ユーティリティーには勝手口を設け、外にサービスヤード(物干し場)を作ります。
炊事・洗濯、物干し・取り込み、2階への動線、そしてワンちゃんの世話。
通路の確保で何かと便利になりそうです。

内部は吉野桧と吉野杉で仕上げます。
お施主さんはお仕事で桧に触れて来られたエキスパートの方ですので
桧を感じる住まいにしたいと思います。



*** new *** 一級建築士事務所 FRONTdesign の ホームページ
by frontdesign | 2011-08-27 11:32 | リフォーム 白橿の家 | Trackback | Comments(0)

茶寮幾世屋 解体編1

a0116442_1695767.jpg
幾世屋さんの解体工事、日に日に進んでいます。

解体耐震補強については地元の工務店さん直営なので
こちらでは設計監理はしていないのですが
店舗の設計に関係することも多いので、お施主さんの依頼で打ち合わせに来ています。
解体状況を見ながら判断する事もたくさんあります。













a0116442_16101228.jpg
歪みを直すために引いています。


無理は禁物。










a0116442_16103042.jpg

この下屋は、撤去して再び新設する予定ですが
直して使えるか・・・。

現場で相談すると、可能ですとのこと。
明日まで返事を待ってもらうことにしました。


通りに面する店構えになるので、綺麗に作り直す方が良いようにも思いますが
もう少し考えます。








2階は店舗としては利用しないので現状のままですが、補強工事を行います。
壁に張られていたプリント合板をはがすと、風情のある意匠があちこちに出てきました。
だから古い建物は面白い。
a0116442_16104268.jpga0116442_16134572.jpg


















土壁も建物の耐力にもなっているので、あまり落とさずにおきます。
土壁はいいですね。いつか本格的に補修される日が来ますように!


*** new *** 一級建築士事務所 FRONTdesign の ホームページ
by frontdesign | 2011-08-26 16:32 | 町家再生 茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家 現場3

a0116442_15145346.jpg
掘り込みガレージに引き続き、住宅の高基礎と外部階段壁の工事中。

型枠も入り、今日はコンクリート打設だそうです。
下からカタチになってきました。
斜面地に斜面を利用してそのまま建てるので
どうしても高い建築物になってしまいます。

ここは昔からある町の端に位置しており、現場へ行く途中、
土壁の家々の間を通ってここにたどり着きます。
現代的な建て方の中で、何か周りと同調する要素と
建物の高さが不快にならないような工夫も重大な使命だと思います。




この斜面の続きには、高い擁壁の上に建つ近代的なサイディング張りの家々があります。
土壁の家々にサイディングの家々。
古いものと新しいもの。伝統的技術に新し技術。
どうすれば良いのか?いろいろ考えさせられます。


*** new *** 一級建築士事務所 FRONTdesign の ホームページ
by frontdesign | 2011-08-26 15:39 | 新築  萩の台の家 | Trackback | Comments(0)

お掃除ロボ

a0116442_0441738.jpgお施主さん宅のお掃除ロボット ” SO-ZI ”
充電が切れる前に、自分でステーションに充電しに行くそうです。


以前、建築知識ビルダーズの美人編集長と飲んだ時に
彼女の家の”ルンバ”の話をお聞きして(可愛いらしい)
わたしも欲しい、と思いながらも1年半が過ぎ・・・

不意にお施主さん宅でお掃除ロボットに出会いました。
稼働するところも拝見しまして
検討しようかなー!





今欲しいものリスト
・タモのダイニングテーブル(現ダイニングテーブルが瀕死の状態)
・Wilkhahn ON (仕事用椅子 健康的な姿勢で非常に良い仕事が出来るらしい)
・そして、お掃除ロボ!

よく考えましょう。
by frontdesign | 2011-08-24 01:01 | その他 | Trackback | Comments(0)

生駒の家 キャットウォーク

生駒の家の追加工事。階段吹き抜けの上にキャットウォークが出来ました。

トップライトの光がスリットを通して階下まで届きます。縦に伸びた空間にさらに広がりが出来たように思います。

a0116442_238463.jpga0116442_239290.jpg




















和紙クロスは光を柔らげます。


a0116442_2391733.jpg






久しぶりに3畳の和室にも入りました。



変則的な地窓。

下方での光の取入れと、風の通り道になります。







a0116442_2392880.jpg天井の竹の竿の納まり。
よく見ると
一本ずつ綺麗に光らせて(そのカタチ通りに刻む)、差し込まれていました。
大変細かい仕事です。

竹や丸太のように、寸法も曲がり具合も一本ずつ違う材料を使うと
その不揃い感が空間を無限に変化させるのですが
加工には高い技術が必要になります。

何気なく当たり前のように納まっているところに
職人さんの技術を見ます。

大変だろうなぁと思いつつ、竹や丸太は使いたい材料です。




*** new *** 一級建築士事務所 FRONTdesign の ホームページ
by frontdesign | 2011-08-23 23:34 | 新築 生駒の家 | Trackback | Comments(0)

矢田丘陵の家 地鎮祭

a0116442_14111254.jpg
矢田丘陵の家の地鎮祭がありました。

注連縄を境界に、神籬(ひもろぎ)と言う神様を迎えるための仮設の場所をつくります。

神様はこの神籬に一時的に降臨されます。








大和郡山城城址内の柳沢神社より神主さんが来てくださいました。
女性の神主さんでした。






a0116442_1411212.jpg
女性の神主さんの地鎮祭は初めてでした。

「おーーー」という神様をお迎えする声(警蹕 けいひつ)もとてもやわらかで
祝詞も大変分かり易いものでした。


土地の神様を鎮め、工事の安全とご家族の発展をお祈りしていただきました。

とても良い地鎮祭でした。

日本では、普請は神事とともにあると思います。





*** new *** 一級建築士事務所 FRONTdesign の ホームページ
by frontdesign | 2011-08-22 14:34 | 新築  矢田丘陵の家 | Trackback | Comments(0)

茶寮幾世屋 解体工事始まる

a0116442_1839234.jpg
築100年和菓子幾世屋さんの解体工事が始まりました。

時代の流れと共に新建材で覆われていた内部。
はがしてみると骨組みや昔の天井が出てきました。












古い建物にはいろいろな建具が使われていて、とても面白いです。
a0116442_18394756.jpga0116442_18402965.jpg





















a0116442_183958100.jpg

2階の縁側に張ってある新建材のパネルをはがしてみると、欄干が出てきました。


今は出窓になっていますが(この出窓も随分古いものです)
もとは欄干のついた半屋外の縁側だったのでしょう。

その建物の歴史を見ているようです。




*** new *** 一級建築士事務所 FRONTdesign の ホームページ
by frontdesign | 2011-08-19 18:53 | 町家再生 茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(2)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki