<   2011年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今年から来年へ

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_14233674.jpgいよいよ2011年大晦日になりました。

本日の生駒は清々しいお天気です。

今年1年、いろいろな仕事をさせていただきました。
ご依頼いただいたお施主さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

来年は新しい取り組みを始める事が出来そうで
改めて日々精進していきたいと考えています。
自分がしている活動も、ちっぽけながら今の社会の現象の一つだと思うと
流される事なく、よく考えて、よく考えて、取り組みたいと思います。

そしてお施主さんのご期待に応える事が出来るように
良質な住宅設計をすることが出来るように、真摯に設計に向き合いたいと思います。

今年一年お世話になりました。ブログも見に来ていただきありがとうございます。
来年も宜しくお願い申し上げます。
by frontdesign | 2011-12-31 14:51 | その他 | Trackback | Comments(0)

木の家リフォーム 増築を伴う改修

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_13405536.jpg
白橿の家
1月中旬から工事をスタートすることになりました。

主に1階全体の改修工事。
キッチンとユーテイリティー部分を増築します。

今回の増築は面積的には少しの増築ですが
家事動線、2階からの生活動線、家と外を結ぶ動線が
大きく変わるリフォームになりそうです。

痛んだ部分は補修し耐震性も確認して
これから何十年も快適に暮らせる住まいに、と思います。

工事の開始が楽しみです。
by frontdesign | 2011-12-31 14:11 | リフォーム 白橿の家 | Trackback | Comments(0)

矢田丘陵の家 現場進捗状況15  

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_2212056.jpg
矢田丘陵の家

外部の工事も始まっています。



















a0116442_2215392.jpg
2階から見たところ。


大きなキンモクセイの木がそのまま残るように
斜めに区切って駐車スペースを作ります。












a0116442_22122473.jpg

キンモクセイ。

巣箱もついています。


















室内もちゃくちゃくと工事が進んでいます。

外まで良い匂いが漂っていると思ったら、浴室の桧の壁が張り終わっていました。
吉野の桧は甘い匂いがします。

a0116442_22131194.jpg
















2階廊下の手すり下地も出来上がり、部屋と部屋をつなぐブリッジのようになってきました。

a0116442_22123680.jpga0116442_22125660.jpg





















年内工事はあと1日。
大工さん、左官屋さん、来年も宜しくお願い申し上げます。
by frontdesign | 2011-12-28 22:31 | 新築  矢田丘陵の家 | Trackback | Comments(0)

箱木千年家

少し前の事になりますが、箱木千年家(神戸市北区)に行きました。

非常に軒の低い均整のとれた民家です。
a0116442_18344216.jpg

築年時期は不明だそうですが、この母屋部分は調査の結果14世紀頃に建てられた可能性が高いとのことで
現存する中では最古の民家のようです。
a0116442_18345851.jpg

当時の高級住宅。
a0116442_18351442.jpg

軒先の一番低いところは高さ1.5M程度。
a0116442_18352465.jpg

土間部分。
手前に板張りの室が二間があります。
a0116442_18355568.jpg

小屋組みは圧巻。
a0116442_18353623.jpg

縁先。
軒が深く低いため室内の光の量は限られますが、風景が切り取られ落ち着いた美しさがあります。
とても刺激的な建物でした。
a0116442_18361615.jpg

by frontdesign | 2011-12-26 18:55 | 建物探訪&散歩 | Trackback | Comments(0)

茶寮幾世屋ギャラリー風景

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_14341425.jpg
生駒の茶寮幾世屋さん
ミニギャラリーも2月頃から始められる予定だそうです。



ギャラリーオープンまでの期間は、
店主のご友人の沼本氏の画を飾っていらっしゃいます。


















a0116442_14342836.jpg

どの絵もとても素敵です。

















a0116442_14343771.jpg

お庭の緑も見えます。

















a0116442_14344677.jpg
ギャラリーの天井が木と言うのも悪くないかも。

雰囲気はぴったりです。
by frontdesign | 2011-12-25 14:48 | 町家再生 茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家 現場進捗状況13

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  

a0116442_1985764.jpg

萩の台の家は外壁の下塗り中です。

外壁の仕上げの色は黒(濃灰)色になるので
下塗りが乾くまでは、仕上がりに近いイメージです。


仕上げは年が明けてから。
足場が取れるまでは全体像が見えません。

足場撤去後にウッドデッキを廻らします。
このウッドデッキも外観の特徴になりそうです。












a0116442_1971444.jpg
玄関ポーチの屋根は、建物の端まで庇兼用で延びています。

軒裏は杉の垂木に杉の野地板。吉野の杉づくしです。
黒い外壁にもよく似合うはず。


左官屋さんがテンポよく塗ってられます。
壁面広し!あと少し!


年内の工事もあと少しとなりました。
by frontdesign | 2011-12-24 19:32 | 新築  萩の台の家 | Trackback | Comments(0)

茶寮幾世屋 庭完成 ~ 庭が出来るまで ~

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


先日、茶寮幾世屋さんのお庭が完成しました。 作庭は 土屋作庭所さん です。

a0116442_15592123.jpg

a0116442_15563034.jpg
a0116442_1610424.jpg
a0116442_15564280.jpg



~お庭が出来るまで~

改修前は建物奥のサービスヤードのような空間でした。
a0116442_161467.jpg

改修前、室内から見たところ。ガラス建具は改修後も再利用しました。
a0116442_1615928.jpg

建物の改修時に土間から板石がたくさん出てきました。100年前の建築時から使われていたもののようです。
土屋さんの話によると、これほど厚みのある板石も珍しいそうです。再び庭で使われることになりました。
a0116442_168529.jpg

建物の改修工事がほぼ終わる頃からお庭の工事がはじまりました。
石を並べて配置や高さを調整されていらっしゃいます。とにかく重たそうです。
a0116442_1624671.jpg
a0116442_1625942.jpg

石の配置が完了。これで庭作りの7割は終わったとのこと。石の配置が大事なんですね。
a0116442_1664628.jpg

平庭ですが、僅かな高さの変化は距離感やストーリーを感じます。
a0116442_1653943.jpg

茶寮のカウンターから眺めたところ。これから木々が植えられます。
a0116442_1641455.jpg


植樹完了、苔もたくさん入れていただきました。
a0116442_15583537.jpg


苔が生し、花が咲き、葉が茂り、紅葉し。
日々、そして季節ごとに違う趣を見せてくれるお庭。
a0116442_15544187.jpg

訪れるのが楽しみになる庭を作っていただきました。


カウンター席で御善哉をいただきました。とても美味。まろやかです。
a0116442_1833345.jpg

吉野杉を張った茶寮の壁。
窓辺に織部の一輪挿しが飾ってありました。

(日本文化はいいなぁ) 

そう思う2011師走。
a0116442_16344690.jpg

by frontdesign | 2011-12-23 16:42 | 町家再生 茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

矢田丘陵の家 現場進捗状況14

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_20574389.jpg
矢田丘陵の家
ちゃくちゃくと工事が進んでいます。

化粧として表れる梁や柱がよくわかるようになってきました。



居間の隣の3畳のデスクコーナーの仕切り壁も出来てきました。








a0116442_2058458.jpg
ここには、両側から大きな引き戸が入ります。
扉を閉じると小部屋に、開けておくと居間や食堂キッチンと一体空間になるデスクコーナーです。



















a0116442_20581338.jpg
上部は吹き抜け。

2階はほぼ仕上がってきました。


















a0116442_2059176.jpg
構造材は、梁も柱も紀州産の杉です。(山長商店)

木の油分が適度に残っていて、色艶がとてもよいです。


















a0116442_20583419.jpg
階段を上がると吹き抜けの上に出てきます。

このスペースは
家の中心部分で1階と2階をつなぐ場所です。
その上にトップライトがあるので、空までつながっているような空間です。

天気の良い朝は青空が、雪の日には白い光が見える事でしょう。














a0116442_20584749.jpg
外部は、左官屋さんが仕事を始めています。

玄関、ポーチ、駐車場、サービスヤード、、、
左官屋さんにはたくさんしていただくことがあります。
毎度お世話になっております。
by frontdesign | 2011-12-22 21:17 | 新築  矢田丘陵の家 | Trackback | Comments(0)

照明器具 × 動物の木のおもちゃ =

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  

山城の家のお施主さんが1枚の楽しい写真を送って下さいました。

a0116442_1050546.jpg


竣工時に取り付けた居間の照明器具ですが、元々はこのような器具ではありません。
動物好きのお子さんが、木のおもちゃを和紙シェードの内側に並べられたそうです。

面白い!!

動物の影がとても素敵で影絵のようです。 ブレーメンの音楽隊の話を思い出しました。
童心に返り、心が和みます。


それにしても、子どもの発想は素晴らしい。
by frontdesign | 2011-12-21 11:03 | Trackback | Comments(0)

大工さんに作ってもらう家具

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_993168.jpg造りつけ家具はいつも大工さんに作ってもらいます。
写真は今回竣工した幾世屋さんの店舗の家具(レジ台・ディスプレイカウンター・梱包作業台)。

図面では出来上がり寸法等を表示して
使う材料のサイズや(サイズが無いと困る)、作り方についても一応考えますが
基本的には制作方法は大工さんにお任せ。
やこしい場合は大工さんと打ち合わせしてこちらの意向を伝えます。


この家具、姿図を描いている段階ではそこそこシンプルだと思っていました。
(直線ばっかりですし・・・)

三つの家具が一体になっているような構造で
家具詳細図を描いてみると結構ややこしいことに気が付きました。

ちゃんと伝えなければ・・・










ある日の夕方大工さんと打ち合わせ。詳細図を見ながら説明。
a0116442_994459.jpg

ややこしいので3Dでも説明。 組み方を考えてくださいました。
a0116442_910110.jpg

翌日現場に行くとパーツが出来ていました。側板のこの溝は大事なところ!
a0116442_9101545.jpg

その相手の天板はこういう事です。(ピンボケですが)
a0116442_9103298.jpg

そうこうしているうちに梱包台が組まれていました。(写真は天地さかさまです)
a0116442_9104519.jpg

レジ台のカウンターと背板のセット。溝を切ってもらっています。(ややこしい~)
a0116442_9152055.jpg

いざセット。合うでしょうか・・・・
a0116442_911068.jpg

ピッタリです!
a0116442_9112225.jpg

キャビネットが二つ出来ました。
a0116442_9114147.jpg

とりあえず現場へ持って行きましょう。(”現場”とは、実際に取り付ける場所のことです。)
a0116442_1019403.jpg

a0116442_9115723.jpg


この後、ディスプレイカウンターに足を取り付け、側板の溝に差し込み・・・・

(写真を撮り忘れました)


出来上がりました。包装紙を入れる棚板やレジ台下棚板もセット。
a0116442_10175958.jpg


前から見るとシンプルです。
a0116442_9121948.jpg

ディスプレイカウンターは、T型の脚を片側につけて反対側はレジカウンターの側板に溝を切って固定。
脚の間から、おもての光が入ります。
a0116442_10204756.jpg

最後にカウンターの面取り。
面取り具合で家具のイメージが変わります。私はこのくらいの面が好きです。
a0116442_9123131.jpg

by frontdesign | 2011-12-20 11:30 | 設計について考える | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki