<   2012年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

萩の台の家 現場進捗状況17 黒の外壁 掻き落とし後の経過

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_20121138.jpg
黒の色粉を入れた掻き落としをしてから10~5日が経過しました。

少しずつ乾いて濃灰の状態です。

最終的にはもう少し明るくなると思うのですが
気候や乾く時間の程度によっても色の濃淡が変わります。















a0116442_20122123.jpg

この面は10日経過していますが濃灰です。



















a0116442_20152725.jpg
室内は家具の造作工事が進んでいます。

居間正面の家具はテレビボードと階段下を利用した引き出し収納(左側)。
テレビは壁掛け50インチ。

引き出し収納の箱も納まっていました。
真ん中の段は絵本置き場で、下の段の大引き出しはおもちゃ箱です。
3人のお子さんが居間周辺で広げるおもちゃのしまい場所になります。
by frontdesign | 2012-01-30 20:27 | 新築  萩の台の家 | Trackback | Comments(0)

矢田丘陵の家 現場進捗状況20 仕上げ2

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


矢田丘陵の家
内部は建具の吊り込み中です。
階段を上がり2階に行くと、今までと何か気配が違います。
ゴロゴロスペースの障子が入っていました。障子を入れる落ち着いた空間になります。

a0116442_19125383.jpga0116442_19171879.jpg





















a0116442_19132190.jpg

照明器具も取りつきました。

左の器具は、前のお住まいで長らく使われていたものを取り付けました。

この場の雰囲気にも馴染んでいるように思います。










a0116442_19134158.jpg

キッチンはオープンキッチンですが、腰壁で囲んでいます。
腰壁で囲むと、お鍋や洗剤、シンクの中の洗い物など
天板の上のものが見えにくくなります。

収納の建具はこれから取り付けれます。
この部分は全て引き戸の収納です。










a0116442_19183259.jpg

子供室ロフトのはしごも完成。

大工さんに作っていただきました。












a0116442_1914227.jpg
外周りの工事もあと少しになりました。

庭を囲む木の塀を作っていただいています。
庭で犬を飼われるとの事で、散歩に行く時に直接庭から出れるように
塀の途中に木戸を設けます。

完成が楽しみです。
by frontdesign | 2012-01-25 19:36 | 新築  矢田丘陵の家 | Trackback | Comments(0)

お庭の臼

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_2030548.jpg土屋作庭所通信を頂戴しました。

”作庭と維持管理”と言う記事の中で、次のような文章を書いていらっしゃいました。

「作庭とは庭の骨格を造ることで、言わばこの時に庭の器が定まりますが、
その器をどう満たすかは維持管理にかかっているのです。」

本当にその通りですね。庭の維持管理は大変なことだと思うのですが
町を歩いていて庭が生き生きとしている家を見ると、とても気持ちが良く
町の景色としても周囲の人を幸せにするものだと思います。


作庭所ニュースの中で幾世屋さんの事を紹介していただいています。

ブログを拝見すると、幾世屋さんのお庭の臼の事を書かれていました。
土屋さんの餅つきと臼への想いを改めて知りました。

土屋作庭所庭さんのブログ 「庭つれづれ」より  餅つき
by frontdesign | 2012-01-24 21:00 | 町家再生 茶寮幾世屋 | Trackback | Comments(0)

矢田丘陵の家 現場進捗状況19 仕上げ1

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


矢田丘陵の家
仕上げの和紙クロスも張り終わり、仕上げの作業が続いています。

玄関周り。
a0116442_1951439.jpga0116442_196620.jpg




















 
a0116442_196227.jpg
1階は、家の中央にある階段のまわりをぐるっと一周できる間取りです。

洗面と脱衣室は分け、廊下途中に洗面コーナーを設けました。
洗面コーナーからキッチンへと裏動線でつながります。

















階段手前のデスクコーナー。 上部にはトップライト。
a0116442_1954529.jpga0116442_1982262.jpg





















階段を上がると、2階の各部屋につながる短い廊下があります。
どの部屋からも一歩出ると1階とつながる吹き抜け空間に。
a0116442_1983950.jpga0116442_1910588.jpg





















二つの子供室には吹き抜け・階段空間に面してそれぞれ小窓を設けました。
a0116442_199408.jpga0116442_19343315.jpg





















a0116442_19104882.jpg
2階の共用部屋「ゴロゴロスペース」は、小上がりの3畳の和室。
天井は吉野杉の杉板です。

バルコニーに干した布団の取り入れ場にもなります。
by frontdesign | 2012-01-23 19:43 | 新築  矢田丘陵の家 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家 現場進捗状況16

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_20362290.jpg
萩の台の家
今日は、現場でお施主さんとの打ち合わせがありました。

現場は造りつけ家具キャビネットの据え付け中。

キッチンと食堂は壁一面が収納家具になります。

左に見えるのは家事コーナーです。
キッチン横で、居間からも出入りできます。







a0116442_2036386.jpg
収納たっぷりの家事デスクまわり。
キャビネットが据えられました。

お施主さんは、趣味で洋裁をされます。
ミシンを掛ける時に食堂のテーブルで広げると、食事のたびに片付けなくてはなりませんが
ここなら、洋裁期間中は広げっぱなしでも大丈夫。
ちょっとした区切りで、糸くずの広がりも抑えることが出来そうです。

右隣はキッチン
後ろを振り返ると居間。











a0116442_20372292.jpg
キッチン → 家事コーナー → 洗面コーナー → 脱衣室
その先にお風呂。

キッチンからお風呂まで、裏動線で直線上に配列しています。

お風呂から桧の良いにおいがしていました。


脱衣室が少し広めで、お施主さんにも喜んでいただきました。
洗面コーナーと脱衣室を分けてあるので、脱衣室は人の出入りも少なく
室内物干し場としても充分活用できそうです。










a0116442_20365729.jpg
2階廊下脇の洗面コーナーも出来上がりました。




















a0116442_2037839.jpg
綺麗に納めてくださいました。

奥行きをできるだけ控えるように設計しましたが
結構ゆったりとした洗面台になりました。













a0116442_20373468.jpg

外壁仕上げの左官工事も始まりました。

黒(濃灰)の掻き落としは初めてで、色粉の配合に苦心しましたが
上手くいきますように。
















a0116442_2037532.jpg

ミキサーで混ぜたネタをポンプで少量ずつ現場まで送っています。
現場には少しずつネタが届いています。

コテ板の上に直接届くわけではありませんが
これは便利ですね。
by frontdesign | 2012-01-19 21:35 | 新築  萩の台の家 | Trackback | Comments(0)

矢田丘陵の家 現場進捗状況18 壁の仕上げ

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


矢田丘陵の家
壁の仕上げ工事が始まりました。越前の和紙クロスを張ってもらっています。

まずは2階の2つの子供室から。

a0116442_1842731.jpga0116442_18421687.jpg





















a0116442_18422746.jpg

手もみ和紙です。
しわがありますが、手加工なので同じしわは一つと無く
自然な仕上がりになります。

自然なものの特徴として「均質でない」「不揃い」「経年変化」ということがあります。
それらはどれもは弱さを内包していて
そういった事が人を包む空間として優しいものであるように思います。













a0116442_18424312.jpg
吹き抜けまわりはこれからです。

壁が白くなると、木と壁のコントラストがはっきりします。


















a0116442_1843090.jpg
階段まわり。
子供室の小窓から光が漏れます。

トップライトからは空の光。
だいぶ日も暮れてきました。











a0116442_18431137.jpg
この時期、5時過ぎにはすっかり暗くなります。

照明の灯りが外から見えると、中に人が居る温かさを感じます。
(工事中なので、中には職人さんがおられるわけですが。)

「灯りの数だけ家庭があるんだなぁ」と思うとセンチメンタルな気分になります。

先日、新建築家技術者集団の懇親会の時に
メンバーの一人がカラオケで堺正章の「街の灯り」を歌っておられ
久しぶりに聞き入りました。

街の灯りちらちら~


今日は寒いし、早く帰ろう。
by frontdesign | 2012-01-16 19:12 | 新築  矢田丘陵の家 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家 現場進捗状況15 家具製作の打ち合わせ

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_10165618.jpg
萩の台の家

家具製作のための最終打ち合わせを大工さんと監督さんとしました。
材料や納め方等々の確認です。

この住まいは作り付けの家具がたくさんあります。

居間のテレビボードまわりの収納
家事コーナーまわり
洗面所の収納付き鏡
食堂・キッチンまわりの壁面家具
アイランドキッチン本体
下駄箱
脱衣室の棚収納
子供部屋には可動のクローゼットボックス3個
階段途中のカウンターコーナー
パソコンコーナーのカウンターテーブル
2階の洗面カウンター



a0116442_10171072.jpg
ここにアイランドのキッチンを製作します。

ダイニングテーブルも作ってもらう事になりました。


















a0116442_10163746.jpg
吹き抜け上の手すりが取りついていました。

綺麗な杉板を使ってくださいました。


















a0116442_10164644.jpg

竣工まで、あと1か月と少し。
一気に仕上がってきます。
by frontdesign | 2012-01-13 10:38 | 新築  萩の台の家 | Trackback | Comments(0)

矢田丘陵の家 現場進捗状況17  建築と家具のはざま

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  



a0116442_146041.jpg
左官屋さんがアプローチの下地を打たれています。

仕上げは洗い出し仕上げです。













a0116442_1462544.jpg
内部ではキッチン周りの家具の制作中。















a0116442_1463759.jpg

長いカウンターが入りました。














a0116442_1465864.jpg
デスクコーナーから吹き抜けを見上げると
ゴロゴロスペースの窓から職人さんが顔を出されました。

この窓には引違いの障子が入ります。












a0116442_1481614.jpg

木部の笠木は塗装前に面取りをします。

手に触れる部分なので角が立たないようペーパーを掛けます。
すると、見た目もやわらかくなります。

手すりのようなところは、建築と家具とのはざまのような部分です。
鉋などの刃物で面を取るのではなく、ペーパーを掛けること自体が
大工仕事と言うよりは木工(家具的)仕事。
大工さんは基本が刃物です。
そこの違いは現場に行ってわかるようになりました。










a0116442_1482833.jpg

ここも面取り。
by frontdesign | 2012-01-12 14:35 | 新築  矢田丘陵の家 | Trackback | Comments(2)

柿渋 と ベンガラ

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_18144711.jpg実験用に入手した柿渋と黒のベンガラ。

柿渋は以前に室内の塗材として使ったことがありますが、ベンガラを入れるのは初めてです。

外部木部に着色する際は、既成品の塗料で指定する事が多いのですが
昔から使われている材料で耐候性を実験してみようと思います。
色褪せ具合は違うかもしれません。
黒の塗料で塗装すると少し硬い感じになりますが、この場合はベンガラの量で少し柔らかくなります。
いい色に仕上がっていい感じで色あせてくれるとなお嬉しい。

耐候性に遜色がなければ、配合を決めて標準材料にしたいところです。

ベンガラは粉末なので、よくかき混ぜないとすぐに沈殿してしまうのですが
塗り易さはまあまあでした。
杉板にも粉が染み込んでいます。

さてどうなるでしょう。 まずは3か月。
by frontdesign | 2012-01-11 18:30 | 設計について考える | Trackback | Comments(0)

矢田丘陵の家 現場進捗状況16

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  


a0116442_1941596.jpg
矢田丘陵の家も昨日から現場が始まっています。

2階は下地が完成。
仕上げは越前の和紙クロスです。

二つの子供室はどちらもロフトと小窓をつけています。

この部屋は子供室2。
小窓の向こうは、居間食堂から上がる階段室です。












a0116442_194116100.jpg
2階廊下の手すりも出来上がりました。
手前の階段まで光がよく透るように横桟を細めにしました。
手すりなどの造作材は全て吉野杉の赤身の上小です。


正面の小窓は子供室1の小窓。


吹き抜けの下は、居間食堂続きのデスクコーナー・みんなの勉強室です。












a0116442_19412612.jpg

外部は駐車場とアプローチの整地中。

寒い中、笑顔で仕事されています。
よく見ると満面の笑みで、とても楽しそう・・・
















a0116442_19413589.jpg
雨戸の戸袋も吉野の杉板です。こちらは節の有る一等材。

手前のキンモクセイの木の影が映って良い雰囲気でした。

今日はこの戸袋に保護塗料を塗りました。


完成まであと少し!
by frontdesign | 2012-01-07 19:59 | 新築  矢田丘陵の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki