<   2015年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

新薬師寺 と お堂内の照明

高畑の法務局へ行った帰りにすぐ近くの新薬師寺へ行きました。
a0116442_729139.jpg

正面の本堂は奈良時代のもので、創建当時は食堂ではなかったかと言われている建物です。

丸の地垂木に角の飛櫓垂木(地円飛角)の二軒。
柱は全て丸柱、斗栱は大斗肘木、間には間斗束でとてもシンプルな構成です。
a0116442_729429.jpg

注連縄が掛かっています。

内部は撮影出来ないので写真はありませんが、天井が張られていない現しの化粧小屋裏です。大きな梁が掛かり小屋は叉首組みになっています。
天井が高く、簡素で力強い内部です。


こちらは鎌倉時代の鐘楼。
a0116442_729523.jpg


二手先の組物で六枝掛けです。支輪も見られます。巻斗がたくさん。
腰を取り囲む縁には組物が無く、単純な作りです。
a0116442_729636.jpg


地蔵堂の蟇股は華奢な透かしの本蟇股。
a0116442_10173536.jpg


実忠和尚御歯塔
a0116442_10173781.jpg


石仏群
a0116442_10173623.jpg




久しぶりに訪れましたが、今回は十二神将像と薬師如来像に感動しました。
a0116442_951626.jpg

(ホームページの写真より)


最近のお堂内の照明はLEDになっていると思うのですが、光の直進性のせいか空間に闇があり、適度な闇の中で仏像を拝むことが出来ます。

昨年広隆寺に行きましたが、霊宝殿も闇のある空間展示で、国宝第一号の弥勒菩薩を始め数々の素晴らしい仏像に心酔しました。


新薬師寺の在る高畑界隈は土塀が多く残る町並みで、ゆっくり散策するのにとても良いところです。
近くには志賀直哉旧居もございます。

奈良にお越しの際は是非ともお訪ね下さい。
a0116442_10173736.jpg

by frontdesign | 2015-06-29 17:11 | 建物探訪&散歩 | Trackback | Comments(2)

6月27日は”いこま環境フェスティバル”

今週の土曜日、生駒北コミュニティセンターISTAはばたきで生駒市の環境フェスティバルが開催されます。
(一社)奈良県建築士会生駒市部では、建築に使う木の端材(吉野の杉と桧)を使って木工教室をしますので、是非遊びに来て下さい。時間は10時から3時まで。

この環境フェスティバルは毎年開催されておりさまざまな出展がありますが、市主催のリサイクル市では古陶器や古家具が格安で出ており、掘り出し物が見つかります。
今年も楽しみです。
a0116442_13394246.jpg

by frontdesign | 2015-06-25 13:15 | その他 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 実施設計も終わり

田畑に囲まれた日当たりの良い敷地に、農のある暮らしを営まれる住まいをつくります。

畑から帰って来た時に土のついた靴のまま入る勝手口の土間、土間には洗い物の出来るスロップシンクがあり、野菜や食品置き場、簡単な衣類掛けのユーティリティースペースなどを設けました。土間の正面は洗濯脱衣室→浴室で、汚れを上げずにお風呂へ直行することが出来ます。
土間はキッチンにも繋がっていて、水周りの裏動線の一部になっています。
一階は階段を中心に回遊できる間取りで、引戸を多用していますので開放性が良く、それぞれの空間が穏やかにつながる家になりそうです。同時に、風の道も出来ます。

居間はたっぷりと陽の入る南向きです。

a0116442_22542363.jpg













 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  
by frontdesign | 2015-06-21 22:19 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

法華寺町の家 進捗状況2

現場では基礎の捨てコンが敷設され、墨出しが終わり外周の型枠も設置されました。これから配筋工事です。
更地の状態から少しずつ建物の形が見えてくる第一歩。

a0116442_0233147.jpg
間口二間半、L型で東西に長い建物です。


北も南も隣接地に植栽があり、空地の間合いが良さそうです。
a0116442_0233239.jpg


加工場では棟梁が墨付けを進めておられます。
a0116442_0233378.jpg

材料は吉野の杉と桧です。
設計では梁成があまり大きくなり過ぎないように柱を配置していますが、断面が必要な時は成だけでなく材の幅を稼ぐようにしています。
a0116442_0233415.jpg

色艶の良い材料です。



 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  



by frontdesign | 2015-06-17 23:56 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

地盤調査

a0116442_23112868.jpg

としくんのおうちの地盤調査を実施しました。
地域的にあまり表層は堅固な地盤ではありませんが、そう深くない位置に支持地盤が有ることを確認できました。

調査に来られたのは熟練の方でいろいろな地域の地盤や土質についてよくご存知でした。お話を聞いていると、どこでも地中何mかの地層を把握しておられるのが面白く思いました。

家を建てるまでの準備が続きます。
a0116442_23112858.jpg

by frontdesign | 2015-06-14 20:12 | 新築 としくんのおうち | Trackback | Comments(0)

インターンシップ 

今夏も朱雀高校建築工学科の女子高生2人をインターンシップで受け入れることになり、担当教諭の方が面談に来られました。
同校は昨年の建築甲子園で全国四位で入賞されました。前身の奈良工業高校の跡地を利用したエコビレッジの計画で、以前に建築士会の会報誌の記事でも拝見しましたが、コンセプト、立案、提案までの流れが明確で奈良の地を意識した素晴らしい作品だと思いました。建物は全て木造で構造は伝統構法、伝統工芸の生産の場の町家、畑が広がる風景、安心の食材自給自足の農型住宅などがテーマになっており、ひとつひとつが丁寧に計画されています。
伝統を意識した未来の創造は興味深いところです。
a0116442_1748063.jpg


建築展と講演会も開催されるそうでチラシをいただきました。
7月26日には鵤(いかるが)工舎の工匠前田世貴さんの講演会があるそうです。(同校のご出身だそうです。)
a0116442_1748062.jpg

このスケッチも生徒さんが描かれたそうです。素晴らしい!
高校生頑張っているなぁ。若さと情熱と未知の可能性がなんとも羨ましい限りです。

今日は明るい未来を感じ、とても嬉しかったです。
by frontdesign | 2015-06-12 14:56 | その他 | Trackback | Comments(0)

法華寺町の家 進捗状況1

法華寺町の家
a0116442_22543956.jpg

今週から現地での工事が始まります。
伏見建築事務所さんの加工場では、構造材の手刻みの準備が進んでいます。
今回も「奈良をつなぐ木の家」仕様の家づくりで構造も仕上げも吉野産材をたくさん使います。

工事の現場でも構造の刻みの現場でも若手大工のM君が修行中。
木造建築の現場は、親方から弟子へ技術を伝える場です。
その場が無いと伝わらない技術ですので、伝える現場を作ることも大事な事だと思います。
a0116442_23242617.jpg

立派な大工さんになってください!



 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  



by frontdesign | 2015-06-08 07:40 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

生駒のマンションへ 木のマンションリフォームお引渡しから1年

a0116442_20413454.jpg

昨年の春にお引渡ししました生駒のマンション。工務店さんのメンテナンスに同行させていただきました。
床は全て吉野杉の厚板で、壁や天井や家具にも杉材をふんだんに使っておりますが、木の色が濃くなりとても落ち着いた空間になっていました。
a0116442_20414619.jpg

窓のすぐ外は林で、間近の緑がとても気持ち良いところです。
a0116442_2042618.jpg

a0116442_20451811.jpg


ピアノは奥様ご愛用のもので、元々黒のピアノ塗装だったものを100歳までピアノライフさんで木の素地を生かした塗装にピアノリフォームをされたました。
a0116442_2042313.jpg
昨年リフォームをした時に、このようなピアノリフォームができることを教えていただきました。私もピアノが好きなので、100歳までピアノライフさんの「100歳までビアのを弾こう!」というコンセプトにとても共感します。



キッチンは四角いキッチンです。一般的な形ではありませんがなかなか機能的です。
キャビネットや扉は吉野杉の集成材で、大工さんに作ってもらったキッチンです。
a0116442_20425275.jpg


杉板の壁に絵を掛けておられ、とても良い感じでした。
a0116442_2043483.jpg

お施主さまらしい大変素敵なお住まいで、居心地良く楽しい時間を過ごさせていただきました。



生駒のマンションビフォーアフター リフォームブログはこちらから。




 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  



by frontdesign | 2015-06-07 07:30 | リフォーム 生駒のマンション | Trackback | Comments(0)

天窓 

天窓専門メーカーのVELUXの方が新しいカタログを持って来られました。

天窓からの採光はとても明るく、また、開閉式の天窓をつけると効果的に風の道を作ることが出来るので
今まで多くの設計に天窓を取り入れています。
雨が降ると自動的に閉まる電動式のタイプを設置する事も多いのですが
電動用リモコンが新タイプに変わったそうで、実物サンプルを見せて頂きました。

タッチパネルのタブレット式のリモコンです。
今までのスティックタイプのカタカナ表示のものに比べると、とてもわかり易くなりました。

a0116442_13325926.jpg

絵の表示でプログラムの設定もし易そう。
今までの商品でも同様の設定を出来たようですが、操作がかなり難しくてあまり利用されていなかったそうです。


天窓や越屋根の窓など、家の上部に空気の抜ける道を作ることで夏場は1階も2階も随分涼しくなります。

事務所の建物にも天窓がついています。
夏は涼しく、冬は太陽の恵みを感じることができて本当に快適です。
a0116442_172221.jpg






 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  



by frontdesign | 2015-06-06 13:35 | 設計について考える | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 

萩の台の家2の進捗状況です。

今回も、奈良県産材を使って建てる”奈良をつなぐ木の家”仕様です。
お施主さんは現在福岡にお住まいですが、福岡の方でも最近 ”吉野材を使って建てた家” が建っているとの事でした。

打ち合わせ終了後に敷地の方へ伺いました。
敷地横の畑の作物もいろいろ。
a0116442_19232354.jpg


美味しそうな玉ねぎ。玉ねぎは大きくなり過ぎずる前に収穫すると、そのあと1年もつそうです。あまり大きくしてから収穫すると収穫後長持ちしないそうで、不思議に思いました。
軒先に玉ねぎを干す風景が楽しみです。
a0116442_19233946.jpg

また、収穫後に目の出た玉ねぎをもう一度植えると、球根が株別れして茎まで食べれる小振りの玉ねぎが出来るとか。
野菜作りもお米作りもしたことがないのですが、面白いお話をたくさんお聞きしました。


いい土といいお水。

大地を大事にしなければならないですね。








 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  
by frontdesign | 2015-06-03 19:29 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki