<   2015年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

としくんのおうち 地鎮祭

晴天の秋空のもと、地鎮祭が執り行われました。
a0116442_11580367.jpg

敷地に神籬を整え、地元神社の神主さんが祝詞をあげられました。
a0116442_19054445.jpg

四方祓いの儀。土地の四隅を祓い清めます。
a0116442_19062814.jpg

これから始まる工事の安全と、この地に住まわれる施主様ご家族みなさまのご繁栄を祈念しました。

建築現場の進捗は天候や気温にも影響を受けるので、自然と向き合いながらの仕事です。
自然に対する畏怖の念をあらため、工事が始まる節目となるハレの日として、お施主様、施工者、設計者で気持ちをひとつにするような儀式で、気持ちが引き締まります。

11月半ばから工事がスタートします。


by frontdesign | 2015-10-26 11:55 | 新築 としくんのおうち | Trackback | Comments(0)

法華寺町の家16 お引き渡し

法華寺町の家
本日、無事にお引き渡しを終えました。
杉の赤身材を内装に多く使い、重心の低い落ち着いた住まいになりました。
a0116442_22301755.jpg

これから庭づくりを進められます。今日は造園屋さんも打ち合わせに来られました。
石敷きのテラスにテーブルを置いて、庭で食事が出来るような雑木のお庭を作られます。
木は成長しますので、3年後に雑木が繁るお庭になるように手入れをしながら育てましょう、とのことでした。
こちらの地面は木の成長にも適した土のようで、どんな木を植えても大丈夫とのこと。
素敵なお庭が出来ることと思います。楽しみですね。

法華寺町の家の設計を始めてからほぼ1年。
お施主様には本当にお世話になりました。このご縁を大変嬉しく思います。
また、施工いただいた職人の皆様も丹精して家づくりをしていただき心より御礼申し上げます。








by frontdesign | 2015-10-25 22:15 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 進捗状況2 基礎工事始まる

地盤改良が終わり、基礎の工事が始まりました。
a0116442_00285794.jpg
配筋検査も無事に終わりベースコンクリートが打設され、今日は基礎の立ち上がりの型枠設置中です。

何も無かったところに基礎の型枠が立てられると、一階の部屋の間取りが分かります。
パントリー入口からキッチン越しに南を見るとこんな風景に。開口を1直線につくっているので、このあたりが南の窓からパントリーの北の窓への風の抜け道になります。
a0116442_00345399.jpg


庭先の畑の傍にレベルが設置されてます。立ち上がりの高さの確認に使われています。
a0116442_00482067.jpg

建て方のための打ち合わせも進めており、より良い納まりの為の部材の調整中です。



by frontdesign | 2015-10-25 00:27 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

法華寺町の家15 外構工事中

法華寺町の家は内部の工事が終わり外部の工事が始まっています。
外部の工事も大工さんと左官さんです。今日もいいお天気で、工事日和でした。

玄関前は横からのアプローチになるように木の塀を立てました。
右の方のキッチンの横に、屋根つきのサービスヤードを作っていただいています。ここも板張りの壁で、通気性があります。
a0116442_18565697.jpg
屋根つきのサービスヤードが有ると、何かと便利ですね。
a0116442_19080668.jpg
1階2階とも建物の高さをかなり抑えているので、こじんまりとした可愛らしい家になりました。
木の軒裏も間近に見えますが、意外と低さは感じないものです。

庭の植栽はお引渡し後に進められます。
設計の当初より、庭と家の関係についてのご希望を頂いており
中庭のような庭にテーブルを置かれることを想定して設計をしました。
建物はL型にして、プライバシーを確保し、日照は確保しながら西日を防ぐようにしました。
植樹後は、樹木に囲まれた中庭のようなお庭になると思います。




by frontdesign | 2015-10-20 19:30 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

法華寺町の家 進捗状況14

法華寺町の家。
今日はお施主さんに検査をしていただきました。
a0116442_18454243.jpg

小上がりの和室の畳は熊本産の畳表を使っていただいています。壁は漆喰塗です。
a0116442_18455169.jpg

キッチン
背面がカウンター収納の並列型キッチンで、奥の引き戸から外部のサービスヤードに出ることが出来ます。シンクの前のみ、居間食堂に向けた対面キッチン。
キッチン周りは大工さんに作ってもらいましたが、設備機器が入ってキッチンらしくなりました。
a0116442_18455164.jpg


キッチンの小窓
スリガラスの入った引き戸の小窓です。キッチン側からは階段窓への風の通り道、兼、玄関の様子を覗くことのできる窓で、廊下・階段側からはキッチンの気配がわかる窓でもあります。
照明がつくと、なんとも温かい小窓になりました。
a0116442_18454892.jpg

階段途中の窓からは隣のお庭の緑がふわっと見えて、とても気持ちの良い階段になりました。
a0116442_18455115.jpg

お引渡しまであと少しです。






by frontdesign | 2015-10-17 19:18 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

薪ストーブ 事務所に設置しました


今日は、事務所の薪ストーブの煙突の工事をしていただきました。
1階にストーブを置いて2階の床を貫通し屋根までまっすぐに煙突が上がるタイプで、2階事務所の隅に煙突が出てきます。
a0116442_01002293.jpg
煙突の設置前に、大工さんに屋根に箱型の煙突口を作っていただき、板金屋さんに雨じまいの板金施工をしていただきました。
今日は煙突を支えるバーの取り付けから始まりました。
a0116442_01001537.jpg
煙突は断熱材の入った2重構造のものです。
a0116442_01001842.jpg
この煙突を穴の中に設置。
a0116442_01001224.jpg
天井を蓋するプレートを取り付けていただいています。
a0116442_01000986.jpg

屋根の煙突。
a0116442_01000013.jpg
設置完了です。
a0116442_01000478.jpg
カウンターも貫通。
a0116442_01000994.jpg
最初の火入れは伏見さん。
a0116442_01004201.jpg
燃えてきました。
a0116442_01070916.jpg
火を囲みながら、工事をしてくださった憩暖のみなさんとしばし談笑。今日はとても温かかったのですが、寒くなるのが楽しみです。
a0116442_01004269.jpg
「火のある暮らし」憩暖さんのホームページはこちら

a0116442_01004258.jpg



薪ストーブを見に是非お越しください。

(株)伏見建築事務所 × FRONTdesign 事務所 

〒630-0142生駒市北田原町1052  

a0116442_17362460.jpg





by frontdesign | 2015-10-17 01:34 | その他 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 進捗状況1 地盤改良

萩の台の家2の地盤改良工事が始まりました。朝一番、位置出しの確認のために立ち会いに行きました。
a0116442_23512166.jpg
位置出しが終わると、オーガーで杭位置に穴を掘削します。
a0116442_23520011.jpg
a0116442_23523085.jpg
少しずつ土を取り出します。
a0116442_23525361.jpg
Φ400深さ3mの穴。底が見えません。携帯を落としたらアウトです。
a0116442_07455132.jpg

今回の改良は天然砕石による柱状改良。この工法の改良は初めてなので、全工程を見学しました。
砕石を流し込みオーガーを逆回転しながら押し固め、オーガーで打撃を加えます。建柱車の前輪が浮く程の力で締め固まるまで打撃を加えます。

a0116442_23541282.jpg
a0116442_23554097.jpg

一般的なセメント柱状改良や鋼管杭は杭先端で支持しますが、この工法は側面に対しても摩擦が生じます。
a0116442_23561600.jpg
ここの敷地は周りが全て田畑なので、土壌に対する環境負荷が少ない工法としても適していると思います。





by frontdesign | 2015-10-15 23:50 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

法華寺町の家 進捗状況13 清掃

法華寺町の家
内部の工事はほぼ終わり、床の養生も取れました。今日は清掃に入っていただいています。
a0116442_1435427.jpg
居間食堂の天井と正面の壁は吉野の赤身の杉板張り。テレビボードとデスクカウンターを同じ高さでL型につなげました。
奥の間は小上がりの畳の部屋ですが、畳は一番最後に入ります。キッチンから見たところ。
a0116442_14353198.jpg

デスクカウンター側の窓は、ご実家の庭を眺める借景の窓です。腰を掛けると空も少し見えていい景色になりそうです。北の窓ということもあり、断熱性能の高いガラスを入れています。
a0116442_15145099.jpg


キッチンはゆったりとした広さを確保しました。奥は洗面・パントリー。洗面台やキッチン、カウンター、食器棚も造作家具で大工さんに作っていただきました。
a0116442_1436593.jpg

廊下の隅に手洗い器を設置しています。
a0116442_144352.jpg


玄関は2畳程の広さですが障子入りの横長窓の光も柔らかく、落ち着いた空間になりました。
a0116442_1446781.jpg

2階は10畳の子ども室と広めのホールがあります。階高を低くしており、勾配天井で空間を確保しています。
トップライトは夏場の暖気抜きです。
a0116442_1443337.jpg


階段手すりはいつも造作で作っていただいています。今回は杉の木。年輪がバウムクーヘンみたいですね。
手で摺って使っているうちにだんだん色艶が出てきます。
a0116442_14435650.jpg


外まわりの工事はこれから始まります。
a0116442_1444922.jpg

by frontdesign | 2015-10-11 14:59 | 新築 法華寺町の家 | Trackback | Comments(0)

10月18日 第11回吉野の森見学バスツアー

この度、奈良をつなぐ家づくりの会で定期的に開催している吉野の森見学バスツアーが「季刊地域」2015秋号(農文協発行)に記事として取り上げて頂きました。
a0116442_01371297.jpg
a0116442_01374999.jpg


さて、
第11回吉野の森見学バスツアーのご案内。

今回のツアーでは、歴史の証人と呼ばれている樹齢390年の杉の人工林を見に行きます。
なかなかの急峻な斜面。かなり登った辺りに杉の大木を見ることができます。
こんなところにまで植林をし、長年に渡り手入れをして木を育てて来られたことにとても驚きます。
山守さんの話をお聞きしていると、遠くに見える急峻な山の頂きの辺りにも、どんな木が生えているかを把握されていて、手入れの時期も計画されています。「もうそろそろ手入れの時期」と言うその時期は、ここ2、3年のうちに、と言うぐらい長いスパンです。
広い山の中を足で歩いて山を育てておられます。


10月18日(日)
9:00  
近鉄•JR桜井駅北口集合
17:30頃  近鉄•JR桜井駅北口解散

参加費 大人1,500円 子ども500円(昼食不要の場合無料)
    (※バス代・昼食費こみ)
服装  森の中の山道を歩きますので、歩きやすい服装でお越し下さい。
持ち物  水筒、タオル
【お申し込み方法】
第11回吉野の森見学バスツアーfacebookページ
または
泉谷木材商店 izutani@moritosumai.com  へメールにてお申し込みください。
メールでお申し込みの場合のご記入事項
①お名前 
②参加者人数(お子さまがご参加される場合はお子さまの年齢)
(お子さま等、昼食不要の場合は、その旨お知らせください。)
③当日連絡先


是非ご参加下さい。
a0116442_01440441.jpg



by frontdesign | 2015-10-03 07:15 | 奈良をつなぐ家づくりの会 | Trackback | Comments(0)

萩の台の家2 建築確認申請

萩の台の家の確認申請が下りました。
a0116442_23161402.jpg
確認申請は、建築する建物が法令を遵守しているかどうかを確認するための公的手続きで、新築や増築、大規模改修工事をする時に、事前に審査機関に申請をします。
今回は市街化調整区域(都市計画法上市街化が規制されており、基本的には誰でもが自由に建築をすることが出来ない区域)において農家の分家住宅を建築する計画で、この場合は一定の基準を満たす場合に限り、この地で建築をすることが可能になります。建築をするための準備として、農家証明、農家判定(事前協議)、都市計画法43条申請と手順を追い、農家証明から数ヶ月。ようやく建築確認申請を下ろすことができました。

農家のご実家を継がれるUターン者のお施主さんのお住まいです。
南の庭先には畑があります。
a0116442_23173067.jpg

西側には黄金色に広がる田園。
a0116442_23183006.jpg

設計をする中で、農業と住まいの関わりについていろいろなことを教えて頂きました。

お施主さんやご実家の親御さんとお付き合いをさせていただく中で、農のある暮らしがとても豊かであることを実感させていただきました。
この地の豊かな土壌とともに豊かな暮らしが営まれますように。




by frontdesign | 2015-10-02 23:01 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki