<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

法蓮町の家 三年

三年前に設計させて頂いた法蓮町の家。久し振りにお伺いさせて頂きました。
築28年の住宅を購入され、ご入居までの間に改修をする計画でした。ご家族の暮らしに合うように間取りを変更し、耐震性と断熱性能も向上しました。

ご入居から三年近くが経ち、木の色も飴色に色付きとても落ち着いた住まいになっていました。
a0116442_11352351.jpg

元の間取りでは、一階の奥の家族の集まるダイニングキッチン空間が光の入らない暗い部屋でした。暗さを解消するために、二階の一部の床を取り除き、吹き抜けにして2階の南と東からの光が階下にも届くようにしました。吹抜けにするのは大層な工事になりますが、小屋組からの荷重の流れを考え、区画を変えず既存の柱は抜かないように計画をし、工事が始まり解体する中で平面剛性の補強をしながら進めて頂きました。

障子のついた窓は元の和室の障子をそのまま利用しています。階段も付け替えました。
a0116442_11350254.jpg
ご希望の暮らし方として、二階のこの部屋は余分でしたので、床面積としては減築したことになります。

工事中の写真。6畳の部屋の4.5畳分を吹き抜けに。
a0116442_11391003.jpg

床は三陸赤松で、吹き抜け天井と造作材は吉野杉、造作家具はタモの集成材を使っています。

吹き抜け周りの手摺は、極力光を階下に取り入れるよう、細いルーバーにしています。

a0116442_11364007.jpg

壁は越前和紙の壁紙を張っています。
a0116442_11370177.jpg

洗面所も窓をつけることができなかったので、脱衣室の光が入るように壁にガラスを入れました。
a0116442_11375560.jpg

改修の設計をさせて頂いた住まいにお伺いしますと、元の家のことや計画の過程も思い出します。元の建物の声に耳を傾け、良さを生かし不具合を直しながら、長く住み継いで頂けることに懸命になります。なかなか思うようにいかないこともありますが、新築とは違う設計の楽しみがあります。


改修から三年近くが経ち、すっかり住みこなされていて、お施主さんらしい素敵な住まいの風景でした。

a0116442_11372396.jpg

a0116442_11373866.jpg





by frontdesign | 2016-08-29 11:23 | リフォーム 法蓮町の家 | Trackback | Comments(0)

四角いキッチン

a0116442_00050476.jpg

二年前にリノベーションをさせて頂いた、生駒のマンションにお伺いました。
このリノベーションでは、ご家族で調理をする為の使い易いキッチンとして、四角いキッチンを設計させて頂きました
もともと和室だった場所を広めのキッチンにして、窓から外の緑が見える気持ちの良いキッチンになりました。

a0116442_01254664.jpg

四角いキッチンは、テーブルを囲むように調理作業が出来ます。
学校にあった家庭科室の流し台や、理科実験室の作業台も四角いステンレスの台でしたね。

このキッチンは、天板が大きすぎても小さ過ぎても使い難くなるので、寸法はシビアに検討しました。

二年ほどこのキッチンをお使いになられ、使いごこちについてお聞かせ頂きました。大変使い易いキッチンなので、是非今後も設計に取り入れられると良いですよと仰って頂けました。

調理台は一段下げて、水を流すことができるようにしています。水が手前に垂れることがなくて良いとのことでした。シンクに向けて少しテーパーをつけていますが、もう少しテーパーをつけた方が水はけは良さそうです。
a0116442_00240521.jpg

コンロは四つ口コンロで、操作ツマミが上面にあるタイプです。
右の通路側に油ハネが飛ばないように、ガラスのつい立てをつけました。
a0116442_00231968.jpg

このようなキッチンの設計は始めてでしたので、実際に置いてみた時に大きさによる圧迫感を感じないかどうか気になりましたが、意外と小ぶりに感じ、違和感なく納まりました。

台の下は収納スペースをたっぷり作っています。

テーブルのような四角いキッチン。
いかがですか。
a0116442_01051092.jpg




by frontdesign | 2016-08-26 00:04 | 設計について考える | Trackback | Comments(0)

としくんのおうち 進捗状況17

今日は電気設備の現場打ち合わせがありました。

現場の方は二つの階段も出来上がり、二階へも楽に上がることが出来るようになりました。

リビング階段を上から見たところです。片側の壁は杉板張りで、このあとこの手前に大きな造作家具が取り付きます。複雑な納まりですが、綺麗に進めて頂いてます。
a0116442_00444815.jpg

最上段だけ回り階段。
a0116442_00451784.jpg

もうひとつは廊下側の階段です。こちらは階段の上にトップライトを設け、階下にも光を落として中廊下が明るくなるようにしています。光を広く取り入れるために階段の下の方は壁を作らず、木のスリット格子にしました。こちらも綺麗に作って頂きました。
a0116442_00454525.jpg

階段を上がったところの窓から、吹き抜けと遠方の景色が見渡せます。
当初はこの窓に障子+縦格子を取り付ける予定でしたが、見渡せる開放感が気持ち良いので、格子は付けずに全開口の片引き障子のみを入れることになりました。
a0116442_00462325.jpg
縦格子を入れると斜め方向の視界が遮られ、それが利点にもなりますが、ここはこのままのほうが良いですね。


キッチンの腰壁も完成しました。キッチンは大工さんの造作家具で、加工場で完成しています。最後にこの腰壁の向こう側に取り付きます。
a0116442_00471204.jpg

大工工事もあと少しになりました。





by frontdesign | 2016-08-24 00:17 | Trackback | Comments(0)

としくんのおうち 進捗状況16

現場の方は細かい仕上げの工事が進んでいます。
a0116442_23191008.jpg
吉野杉の赤身の板がきれいです。
石膏ボードの部分は西洋漆喰塗りの仕上げです。基本は、天井は木で壁は漆喰塗りにしています。
a0116442_23191014.jpg



子ども室の壁の一部は、外壁などの下地に使う杉の荒板をプレーナーをひとかけしていただき、仕上げに使っています。たくさんある材料の中から、節が少なく色味の綺麗なものを選んで張っていただきました。
ここの天井は漆喰塗です。
a0116442_23191037.jpg

北側の小屋裏収納室は壁も天井も全て杉荒板張りです。これが一般的な杉の荒板で、節がたくさんあり源平(赤身と白太)が混じっています。何年か経つと、経年変化で赤白の差はなくなり全体に茶色い色になります。
趣味室としても使う事が出来そうな部屋になりました。北の窓から涼しい風が入ります。
a0116442_23564254.jpg



ここはガレージ横の物置です。ここも壁は荒板張りにしました。少し節が少なめのものを選んで張ってもらいました。
杉板は調湿作用があるので、収納部屋などの仕上げとしてもリーズナブルで良いと思います。
a0116442_23212417.jpg
今日はキッチン横の腰壁の納まりの打ち合わせをしてきました。化粧の独立柱に腰壁と収納棚を絡めています。
a0116442_23193530.jpg
造作部分もいよいよ佳境です。



南面には長い外縁があり、下屋を掛けて外と中のつながりの部分を設けています。中が出来てくると内縁も縁側らしくなってきました。
a0116442_23193555.jpg

和室の外には格子が付きました。向かいの田んぼの緑が目に眩しいです。田を渡る風は涼しく、この窓からもいい風が入ります。
a0116442_23212418.jpg

稲穂も実ってきました。竣工の頃には黄金色になっていることでしょう。


by frontdesign | 2016-08-18 00:04 | 新築 としくんのおうち | Trackback | Comments(0)

照明器具


昨日は老松町に行く用事があり、ついでに淀屋橋のKASHIWA木工のショールームに寄ってダイニングチェアやソファーなどを見てきました。展示処分品のランプに目が行き衝動買いをしてしまいました。家具カタログ一式を含め結構重たい荷物になりましたが、電車に乗って持ち帰りました。事務所で点灯すると、何とも温かみのある灯りになりました。(ランプは40Wの電球。)

a0116442_00121665.jpg

仕事の場には昼間の太陽の光の色(太陽高度の高い時の光・白っぽい昼白色)の方が脳が覚醒して作業効率が良いそうですが、光を灯す時間帯には夕日の色(太陽高度の低い時の光・黄色っぽい電球色)の光を浴びる方が、人間の体内時計(サーカディアンリズム・概日リズム)を崩さないそうです。逆に深夜まで白い光を浴びていると、体が昼間と勘違いをして自然な睡眠誘導を損なうようです。

照明と高齢者の関係について大光電機の中尾晋也さんのセミナーを受けたときに、電球色の光と昼白色の光について高齢者のものの見えやすさを比較すると、電球色の方が見えやすい結果になったとお聞きしました。黄色っぽい光はなんとなく暗いように感じますが、ものの見え方は明るさの感じ方とは違うようですね。

住宅のくつろぎの場の照明は、夕日の色に近い電球色で、照度は明る過ぎず、そして少し低い位置に灯すと落ち着くと言われています。






by frontdesign | 2016-08-05 19:29 | 設計について考える | Trackback | Comments(0)

としくんのおうち 進捗状況15

内部の工事が進んでいます。2階のキャットウォークの床部分が完成し、あちらからこちら側へ渡れるようになりました。

a0116442_22252779.jpg

こちら側はフリールームで4畳の畳敷きの間です。吹き抜けにオープンですので第二の居間になるかもしれません。
a0116442_22252125.jpg

となりの子ども室も下地が終わりました。梁を低めに掛けています。
a0116442_22253358.jpg

キャットウォークの裏側です。今回は杉厚板を平に使いました。

a0116442_22254514.jpg

1階の床は吉野桧の板張りで、節の少ない上小材です。無地に近くとても綺麗です。
a0116442_22255481.jpg

玄関横の土間の物置の壁は杉荒板張り。杉材は湿度調整に役立ちます。
a0116442_22260253.jpg

玄関ポーチは居心地のよい空間で、大工さんの休憩椅子が置いてあります。
お庭をされる庭師さんから、このポーチ側から見る緑の景色をお考えいただいている話をお聞きしました。
a0116442_22260838.jpg

南からは、隣家のお庭の植木越しにとしくんのおうちが見えます。
a0116442_22264190.jpg



by frontdesign | 2016-08-03 23:05 | 新築 としくんのおうち | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki