<   2017年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

天理の家 進捗状況2

解体が進み、柱を上げるための準備が始まりました。
a0116442_17004161.jpg

中央の2本の柱が6cmほど下がっており、過去にも修理をされた跡がありました。
地耐力を確認するために地盤調査を実施して柱の下がりを防ぐためにいくつかの工法を検討しました。解体後に最終確認をして最終的にはフーチングで基礎を作ることになりました。今日は実際に柱を上げて状況を見ながら基礎の打ち合わせをしました。
中央の通りの5寸角の柱には6トン弱の荷重がかかっています。結構な荷重ですが難なく上がったとのことで、良かったです。
1本を一気にレベルまで上げると全体の歪みが生じますので、順番に少しずつ上げられるとのことでした。合計10本の柱の足元に基礎を作り、地覆で下がっている部分には猫土台を入れることになりました。
a0116442_17010018.jpg
ジャッキアップする際に上の荷を軽くするために、瓦の葺き替えに先行して棟の熨斗瓦を先に下ろされました。
その辺の工程の組み方は民家改修ならではのことで、興味深く思います。
a0116442_17005290.jpg

つし2階内部。
むしこ窓の部分を壁から落としていただくと結構光が内部に入るようになりました。お施主さんにもご確認いただき、採光を補うために計画している天窓は数を減らすことにしました。
a0116442_17005366.jpg
サス構造で大空間のつしですが中央の2本の柱が屋根の多くの荷重を負担しているため、直下の1階の柱が大きく沈んでいます。

サスを受ける壁側の柱の仕口は、サスの頂部を支える中央の柱が下がることにより押されていますが込み栓が破断せずに効いており、粘りのある構造になっています。
a0116442_17005844.jpg

天理の家は築135年の民家です。
伝統工法の実際を見せていただき、現場では有意義な時間を過ごさせていただいております。


設計:FRONTdesign
構造設計(限界耐力計算法):井手晃二建築研究室
施工:(株)伏見建築事務所




by frontdesign | 2017-02-28 18:01 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

耳成音楽教室 ピアノ搬入

音楽教室ミュージックツリー様の耳成教室が完成し、今日はピアノを搬入されました。
a0116442_01054529.jpg

業者さんが組み立てているところ。グランドピアノは分解して運ばれます。
a0116442_18282424.jpg

テナントビル内の音楽教室ですので遮音の工事もしました。設計したものが実際にどの程度遮音できているかがとても気になっておりました。
今日はピアノの蓋を全開にしてお施主さんに弾いていただきました。(古田先生、有難うございました。)
施工者さんと一緒にうっとりと聴いておりましたが、外に出て階下の店舗の和菓子店や隣室のテナント(空室)、階上(屋上)、建物の外の音を確認しました。
a0116442_18333282.jpg
隣室や階下の店舗や屋上など、躯体を伝わる音は完全に遮音できていました。特に階下の店舗では無音で一安心しました。
教室入口の外部ホールや隣地の駐車場側の窓外は開口部面積が大きいことも有り、2重窓や防音ドアだけでは完全な遮音が出来ず若干の音の漏れがありましたが、前面道路は車もよく通り室外機の音や駅近くの町の騒音がある為、気になるほどの音量ではありませんでした。内部の残響を減らすためにカーテンをつけていただくことになりました。

改修前の内部の様子。
こちらは元々学習塾をされていた60㎡ほどのスペースでした。
a0116442_18360111.jpg
a0116442_18360067.jpg


改修前の元の壁の区切りも一部生かし、ひとまわり内側に遮音の為の内壁を作り床も遮音2重床にしました。
音楽教室とちょっとしたコンサートもできるスペースとして計画しました。
鏡が取り付けられてとても広く感じるようになりました。この位置に立つと鏡に映るピアノ奏者の表情も見ることが出来そうです。

a0116442_01054624.jpg


ピアノの背面の壁は吉野杉の赤身上小の杉板張りにしました。床はナラ材の無垢板です。
背面の壁の向こうのバックヤードに通じる扉はできるだけ目立たないように枠無しで杉板張りの扉で設計しましたが、壁面に張る杉板の下部を扉に使って頂き、つながりもぴったりで壁面と同化した扉にしてくださいました。
ここまできっちりしていただくと嬉しい限りです。
a0116442_18282226.jpg



お施主さんが現場で作られた家具も運び込まれました。レッスン時には机も使われます。
a0116442_01054576.jpg


明るくて気持ちの良い空間です。
a0116442_18300328.jpg

少しピアノにも触らせていただきました。音楽のある暮らしはいいですね。
ミュージックツリー様はピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなどの弦楽器もレッスンされています。また、アンサンブルのレッスンもされていてとても魅力的です。
時間が出来れば習いに伺わせていただきたいと思いました。

a0116442_19022661.gif
ミュージックツリー音楽教室様ホームページより
”ミュージック・ツリー 音楽教室は 奈良県橿原市白橿・耳成の音楽教室です。ピアノ、弦楽器(ヴァイオリン・チェロ・ヴィオラ・弦楽アンサンブル)の教室です。現在は、こども~中高校生~音大受験~大人~障害をお持ちの方まで、生徒の個性を大切にした丁寧な指導を心がけています。一人でも多くの音楽好きな人間が巣立ち、共に音楽を楽しめる事を 願っています。”

ミュージックツリー音楽教室 講師のみなさま


a0116442_18295563.jpg


ミュージックツリー音楽教室 耳成教室
設計:FRONT design
施工:TEAK DESIGN LAB








by frontdesign | 2017-02-27 19:48 | ミュージックツリー音楽教室 | Trackback(1) | Comments(0)

吉野の山守さんとつながる家 進捗状況17 見学会のお知らせ

建物はほぼ完成し、今日はお施主さんと外構の打ち合わせをしました。
a0116442_19102364.jpg

1階には南側に3つの掃出し窓を設けており、軒を出して外縁を作っています。冬場も陽が入り太陽の温もりが室内に入ります。夏は深い軒で日射を遮ります。床はまだ養生中。
a0116442_19105931.jpg

二月末の南中時、冬至の頃に比べるとだいぶ太陽高度が上がってきたように思います。午後からまた陽が長く入り始めます。
a0116442_19110099.jpg

玄関横からの視線を防ぐ為に板壁を作りました。裏面の横桟も良い感じになりました。
a0116442_19115761.jpg

キッチンにつなげて取り付けたお手伝いカウンターも養生シートが取れました。なかなか使い易そうで、人の集まる場になりそうです。
a0116442_19110023.jpg

2つの掃出し窓は全開口の建具です。南の庭には畑を作って野菜を作られるとのことです。いい景色になりそうです。
a0116442_19110059.jpg

照明器具も設置完了。吹き抜けで居間食堂と2階がつながります。
a0116442_19115883.jpg

2階は床の養生も取れました。床、天井とも吉野杉の赤身の一等材です。
a0116442_19115839.jpg
a0116442_19115896.jpg

今日は外部のインターホンの位置や仕上げについて打ち合わせをしました。
a0116442_19115847.jpg

吉野の山守さんとつながる家は「奈良をつなぐ木の家」仕様の住まいです。(奈良をつなぐ家づくりの会
奈良をつなぐ家づくりの会は、吉野林業の継承と大工左官などの職人技術の継承を家づくりの第一義と考えて、吉野材を使い職人の手による家づくりをしています。
ご実家が吉野で山守をされていらっしゃるお施主様には、奈良をつなぐ家づくりの会の「吉野の森見学バスツアー」でも大変お世話になっており、この度お施主様のご厚意により見学会を開催させていただくことになりました。

日時:3月11日(土)、12日(日)

時間:13時~17時(両日とも)

場所:奈良県橿原市内

使われている木は全て吉野材です。柱は吉野桧、化粧柱はお施主さんの山の桧の木、梁と床・天井仕上げは吉野杉(上小、一等材、はぶし、厚板など、いろいろな材が使われています。)柱・梁などの構造材は大工さんの手刻み、造作も大工さんの手加工、内部建具は建具職人による木製建具、外壁は左官壁(色モルタル搔き落とし)、和室は左官壁(土壁)、深い軒の住まい等々、奈良をつなぐ家づくりの会で取り組む「家づくり」としてもご見学いただければ幸いです。

見学ご希望の方にはメールで地図をお送りさせていただきます。
お名前、人数、ご希望日と時間をお書き添えの上、yiwaki@kcn.ne.jpまでメールをお送りください。

小さなお子さまをお連れの際は、手をつないでいただくなどご配慮いただけますようお願い申し上げます。

「吉野の山守さんとつながる家」
設計:FRONTdesign
施工:(株)伏見建築事務所











by frontdesign | 2017-02-26 20:08 | 新築 吉野の山守さんとつながる家 | Trackback | Comments(0)

天理の家 進捗状況1 

内部の解体が始まりました。今回の工事は間取りの変更、耐震改修、断熱改修を行うため、一旦、内部を骨組みに近い状態に解体します。
a0116442_05280161.jpg
間口2間の通り庭(土間)のある住まいです。
a0116442_05402804.jpg
建具と畳を取り、天井や床もめくり、隠れていた部分の壁や柱の足元の状況を確認します。
耐震改修は、井手晃二建築研究室の井手さんに限界耐力計算方で検討していただきました。井手さんは古民家の構造家で、民家再生のための構造設計を多く手掛けておられます。志賀直哉旧居の再生や奈良町の紀寺町宿なども井手さんが耐震設計をされています。
今日は、骨組み状態になった現場を再度ご確認いただき、下がっている柱を上げて下がりを止めるために新設する基礎の構造について、施工者、お施主さんと一緒に打ち合わせをしました。
a0116442_05402886.jpg
古い建物は柱と梁で構造されており空間には壁が少ないのが特徴ですが、建具の鴨居の上には小壁があり構造上の耐力になっています。
a0116442_05285872.jpg
天井が張ってあるところは天井から上に小壁がついていないケースが多いのですが、こちらではほとんどの箇所で梁まで壁がついていました。壁が上まで到達しているかどうかで耐力が変わってきます。
壁の色が違うところの上が天井から上の部分です。(仕上げていないので土壁のままです。)ここに壁があるかどうかは天井を取ってみないとわかりません。
a0116442_05285978.jpg
天井の吊木は竹の吊木です。竿に蟻で掛かっています。座敷の天井は天井板のみの張替えで出来ればと思い残してもらっています。
a0116442_05285962.jpg

座敷の床柱は足元は柱勝ちで柱頭は梁まで達していました。床柱は後から入れて構造になっていないことも多いのですが、構造柱として建前の時に入れられたようです。
a0116442_05402845.jpg

2階は階高の低いつし2階ですが、小屋組みの一部に扠首(さす)が入っており大空間を構成しています。今回の改修で2階も居室として利用することになりました。元はこの上に10センチ近く土が乗っていましたが、土がなくなりすっきりしました。
床に段差がありますが、1階に天井が張ってある部屋の床は高く上がっており、大和天井のところは天井板が床になるため低くなっています。

a0116442_05305114.jpg
斜めにかかる扠首が大きな丸太の棟木と母屋を受けています。野地は竹野地で半割の竹の上に杉皮が張ってあります。
a0116442_05435138.jpg

2か所の扠首の直行方向に筋違が入っています。井手さんにお聞きしますとこの筋違は構造的にも効いているとのことでした。
a0116442_05464288.jpg
虫小窓は格子を取りました。今回2階を居室にするにあたり、これらの低い位置の窓だけでは内部の採光が不十分になるので、天窓をつけて明るさを補うことにしました。
a0116442_05491302.jpg
屋根は瓦葺きです。現在は下地に土が乗っていますが今回の工事で桟葺きにして瓦を葺き替えます。桟葺きの方が重量が軽くなり、耐震的には有効になります。
a0116442_05332552.jpg




by frontdesign | 2017-02-23 07:10 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

吉野の山守さんとつながる家 進捗状況16

内部の仕上げもほぼ終わり設備機器の設置や外部の左官仕上げの工事が進んでいます。
壁が仕上がり一気に部屋らしくなりました。

a0116442_00031361.jpg

キッチンに立つと居間から和室まで見渡すことができます。

a0116442_00031393.jpg

吹き抜けの上の窓から光が入り青空も見えますね。お天気の良い日には太陽の温もりも入ってきます。
a0116442_00031385.jpg
部屋の角に薪ストーブを設置しますが、工事は3月に入ってから。
a0116442_00031280.jpg

吹き抜けの上の小窓は子ども室の窓です。
a0116442_00031264.jpg

吹き抜けの反対側は手摺が通り、空間としてのつながりをもたせています。化粧の柱と梁が階下から見えるようにしています。
a0116442_00040469.jpg
手摺の向こうは家族の勉強コーナーです。置き畳を敷き本箱を並べ第2のリビングになりそうです。
壁際の天井高さは1.8Ⅿ程度ですが、天井際まで窓にすると開放感が増し空間として狭く感じません。
a0116442_00040403.jpg

建具も入り完成まであと少しです。
化粧柱は吉野の川上村で山守をされているお施主さんのご実家の山の桧、梁材や仕上げの床・天井材は吉野杉です。
美しい木がたくさん見える住まいになりました。
a0116442_00214109.jpg



by frontdesign | 2017-02-22 00:26 | 新築 吉野の山守さんとつながる家 | Trackback | Comments(0)

和風金物

古い建物には様々な和風金物が使われており、現在改修中の古民家でも多くの和風金物を見ることが出来ます。
襖の引手も何種類かの引手が使われています。

玉子の座に木瓜。この引手が多く使われています。
a0116442_18392324.jpg

立角の座に舟形の底。底には地模様があります。
a0116442_18392205.jpg

座敷の4枚建ての襖には一連の襖絵が描かれており、引手も趣のあるものが使われています。
a0116442_18392170.jpg

底の部分には紅葉に波(流水)文様が入っています。紅葉は流水とセットで文様になることが多く、そのような文様を竜田川と呼ぶそうです。座は透かしで唐草文様のような植物柄です。
a0116442_19482234.jpg
南画のような墨彩画です。霧のかかった遠景と、近景の人物の描写や樹木や岩の力強い描写に魅せられます。
a0116442_19482740.jpg


長押の釘隠しも様々な意匠のものが使われています。
座敷周りに使われているのは宝袋。
a0116442_18392613.jpg
鶴。
a0116442_18392551.jpg


中の間から下は六葉。
a0116442_18392497.jpg

引手の他にもたくさんの金物が使われていますが、縁側の手水鉢の軒下の吊灯篭もそのひとつです。
a0116442_18444217.jpg
今の住宅建築では和風金物を使うことは非常に少ないですが、日本の金工技術を見ることができて目の保養になります。



by frontdesign | 2017-02-16 18:11 | 和室と日本建築  | Trackback | Comments(0)

吉野の山守さんとつながる家 進捗状況15

足場が取れました。
明るめの土色の搔き落とし壁も、綺麗に仕上げていただいていました。
a0116442_23074516.jpg

玄関廻り。足元は豆石の洗い出し仕上げにします。ポーチは広めで自転車置き場にもなります。
a0116442_22460630.jpg

内部は、壁仕上げ中。吹き抜けに足場が組まれました。
a0116442_22461573.jpg

和室は左官の土壁が仕上がっていました。完全に乾くともう少し明るい色になります。
a0116442_22462563.jpg

天井は、吉野杉板を平に張っています。
正面の欄間窓は夏の就寝時や留守時の通気用の窓で、防犯用に内側に格子を入れました。
a0116442_22462029.jpg


完成が近づくころには大工仕事は終了し、左官屋さん、塗装屋さん、建具屋さん、電気屋さん、水道設備屋さんなどの職人さんが出入りされます。
今日は左官屋さんが基礎のモルタル押え仕上げをされていました。お天気が良くて暖かく、まさに左官日和です。
a0116442_22461156.jpg


by frontdesign | 2017-02-15 23:02 | 新築 吉野の山守さんとつながる家 | Trackback | Comments(0)

天理の家 着工

天理の家の改修工事が始まりました。
135年前に建てられた整形六間取り、2間の通り庭を持つ民家です。
今回の工事では、間取りの変更の他に耐震改修、断熱改修、つし2階を居室にするなどの主屋全体の改修が主な工事です。
a0116442_18401768.jpg

工事に先立ち、大工さんたちを集めて工事概要説明と打ち合わせをされました。施工は(株)伏見建築事務所さんです。
a0116442_18391527.jpg


四間取りや六間取りなどの古民家は、部屋と部屋が襖などの建具で仕切られており冠婚葬祭の時には建具をはずして広間として使われていたため、開放的であると同時に壁が少ない建物です。
a0116442_18391659.jpg

太い梁柱が使われた伝統工法の民家の良さを生かして改修をするので、限界耐力計算という構造計算方法で検討することにしました。(構造設計事務所)
外部廻りは土壁、室内には荒壁パネルを使い一部壁を増設し、既存の構造のフレームは崩さずフレーム軸上で耐力を持たせます。
耐力壁の位置と種類を示す軸組図です。
a0116442_00233683.png



南側と北側には長い縁側が通っています。北にも南にも庭がありますので夏場は風が通り抜けてさぞ涼しいことでしょう。
これから解体が始まりスケルトンの状態になります。
a0116442_18401891.jpg

今日は建具を外す前に建具の状況を再確認させていただきました。
建具は引き戸ばかりですので引手金物が大活躍。引手は作り替える建具にも使わせていただく予定です。
和風金物は良いですね。今の住宅普請ではほとんど使われなくなった金物類がたくさん使われており、目の保養になります。
a0116442_18391951.jpg




by frontdesign | 2017-02-14 23:27 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

吉野の山守さんとつながる家 進捗状況14


造りつけのキッチンや洗面台、家具類が設置されました。
キッチンはオープンで、キッチン天板に続いてお手伝い用の作業台があります。キッチン隣には、勝手口に続く土間のパントリー棚を設けています。
a0116442_17314320.jpg

数人での作業もされるので、キッチン内の幅にゆとりを持たせています。
a0116442_17315101.jpg

洗面台も設置。洗面台には人大の天板を使っています。
a0116442_17315879.jpg

2階子ども室の桧丸太梁の養生が取れました。綺麗な木肌でした。
右奥の床と天井の穴は、階下の薪ストーブが貫通する穴です。ストーブの煙突は50度ぐらいになりますので、床からの熱の伝わりの他、煙突からの輻射熱も期待できます。
うちの事務所も同じような方法で薪ストーブを設置しており2階を事務所にしていますが、下の薪ストーブが消えた後も数時間、温もりが保たれています。
a0116442_17315112.jpg

これは階段の手すりです。手すりはいつも大工さんに作ってもらっています。
a0116442_17333809.jpg

住宅に必要なキッチン・洗面台・靴箱などの箱ものや、建具、手すりなどは大手メーカーの既製品も実に豊富にありますが、職人さんに作ってもらうことが多いです。寸法や使い方など自由に設計できることもありますが、職人さんの手と木を使った現場の仕事になることと、時間とともに木の色が深まり味わいの増すものになる良さがあります。トイレなどはさすがに木で手作りというわけにはいきませんので、いつも住設機器メーカーにお世話になっています。



by frontdesign | 2017-02-10 18:35 | 新築 吉野の山守さんとつながる家 | Trackback | Comments(0)

耳成音楽教室 進捗状況3

耳成の音楽教室 テナント改修工事

遮音の為の内壁の下地と遮音2重床の下地が完成し、空間の形が出来ました。今日はお施主さんに現場を見ていただき打ち合わせをしました。

2重床は遮音用束の上にパーティクルボード20㎜を張り、下には吸音材、上には遮音シートを張ってもらいました。仕上げはナラ材のフローリングで次の工程で張られるとのこと。
壁は白のクロスを張りますが、ピアノを置く背面の壁は吉野杉の板を張ります。
a0116442_14303217.jpg

窓が大きく解放感があり、明るい教室になりそうです。
a0116442_14243312.jpg

お施主様は橿原で音楽教室をされているミュージック・ツリー音楽教室様です。ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、そしてアンサンブルの音楽教室です。

 a0116442_19022661.gif
耳成教室は、3月ご開講予定です!










by frontdesign | 2017-02-10 15:02 | ミュージックツリー音楽教室 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki