天理の家 進捗状況5

主屋の工事は基礎まわりの養生期間中です。
a0116442_01355009.jpg

型枠が取れたところもまだ荷重はかけずにジャッキアップされています。
a0116442_01355034.jpg


今日は新人さんが木舞壁の一部を撤去していました。
解体をするときには古い建物のことがよくわかるので、解体時はできるだけ見に行きたいと思っておりますが、実際に作業をしている彼は多くを学んでいることと思います。
a0116442_01355071.jpg

今日はお施主さんと施工者さんと打ち合わせをしました。

北西に位置する戌亥蔵が主屋に入り込んでいる形になっており、取り合いについて検討が必要な個所が出てきました。水じまいが良い方法をとることが最優先ですが、答えを出すのは宿題になりました。
a0116442_01360939.jpg

このような建物の改修工事は解体後の建物を見ながら設計変更をする部分も出てくるもので、今回は何かと変更をさせていただいております。

この部分は土壁を落とすと差鴨居の長ほぞと鼻栓が出てきました。当然のことなのですが、これは生かさなければなりません。

a0116442_01363745.jpg


主屋の養生の間に門屋横の辰巳蔵の解体が始まっています。こちらは主屋とは違って丸太普請です。
a0116442_01370916.jpg
野趣に富み、力強さを感じる小屋組です。
a0116442_01371083.jpg

昨今の木造建築は角材を使うのが当たり前で、柱も梁もなんでも角材です。
角材は施工精度も宜しいのでそうなったわけですが、昔は丸太が普通の材料で主要な部分の普請に角材が使われていました。なぜなら、きちっとした角材を手加工で作るのには相当な労力が必要だったからです。今は丸太の方が加工に手間がかかり大工さんの技術が必要なため、珍しいものになってしまいました。

解体しておろした丸太の母屋は再利用します。下してみると通直で立派な材です。
丸太は捨てる部分が無いのが良いですね。
a0116442_01371080.jpg

鉋がかけられた角材の木組み。太い柱と成の大きな差鴨居は力強さがあり、民家の象徴的な構造です。
降雪地域になると、さらに大きな木組みを見ることができます。
a0116442_01363886.jpg



# by frontdesign | 2017-03-24 02:39 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

天理の家 進捗状況4

構造体の補修の工事が進んでいます。

柱をジャッキアップでレベルまで揚げて、数本ずつ順番に足元に基礎を作ります。
a0116442_01130820.jpg
レベルより少し上まで柱を浮かし、配筋をしてコンクリートを打ちます。
鉄筋はカゴにしていただいており施工性もよさそうです。
a0116442_01130571.jpg
a0116442_01133846.jpg

型枠は外れましたが、養生期間を経てから荷重をかけるため柱はまだ浮いています。
柱とコンクリートの間には鉛を敷きます。
柱に掛かる荷重の大小に合わせて、基礎のサイズも3つの種類です。これは小さいもの。
a0116442_01133699.jpg


地覆が回っているところは蟻害が見られ、柱勝ちにして足固めを入れることになりました。
コンクリートの養生期間中に先行して根継ぎをしていただいていました。
a0116442_01142193.jpg

地覆の蟻害。土に近い部分は白蟻にやられてしまいます。
ここは解体して新築する部分ですのでいちからやり直しです。
a0116442_01142856.jpg

大工さんが現場に小型万能機を持ってこられました。
改修工事は現状に合わせて木づくりをされるので、現場に万能機があると便利ですね。
a0116442_01140322.jpg



# by frontdesign | 2017-03-20 01:43 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

吉野の山守さんとつながる家 完成見学会

a0116442_17062754.jpg
吉野の山守さんとつながる家
お施主様のご厚意により「奈良をつなぐ木の家」16棟目完成見学会を開催させていただきました。多くの方にお越しいただき、吉野材の良さや大工さんによる木の家づくりを見ていただきました。
ご参加いただきましたみなさま、有難うございました。
設計者としてゆっくりお話をすることが出来ない時間帯もあり、申し訳ありませんでした。

縁側がとても居心地の良い住まいになりました。
お施主さん、工務店さん、製材所さん達と縁側に座ってお菓子を頂きながら、ご相談を頂いた初めの頃にお聞きした家に対するご希望を思い出しました。
外(家)と中(庭)をつなぐ中間領域である縁側が、ご家族の楽しみの場になり、また、お子さまたちが大人になった時に思い出深い場所になればと思います。








# by frontdesign | 2017-03-13 17:21 | 新築 吉野の山守さんとつながる家 | Trackback | Comments(0)

吉野の山守さんとつながる家 火入れ式

今日は完成見学会第1日目でした。
先週は薪ストーブが設置されて玄関廻りの植栽も終わり、工事中から一変して家らしくなりました。

a0116442_23462068.jpg

薪ストーブを設置された憩暖さんが、取り扱い説明と火入れ式に来られました。
ちょうど見学に来られていた方も一緒に火入れを見学されました。
a0116442_23450937.jpg
空気の流入量と燃焼の関係、空気の流れや薪の置き方など、丁寧にご説明されていました。
a0116442_23461914.jpg

火が点きました。
横長のストーブで炎がとてもきれいに見えて良い感じです。おめでとうございます。
a0116442_23501772.jpg

憩暖さんのパンフレットをいただきました。憩暖さんオリジナルのストーブNAYANが飛び出す仕組みになっている素敵なパンフレットで、見学会で飾らせていただくことにしました。
a0116442_23450989.jpg

火が落ち着いて一段落。今日は気温が低かったのでとても温もりました。
a0116442_23462012.jpg

2階の勉強室の置き畳はお施主さんが準備されて今日設置しました。
畳表は佐賀県産のイグサとのことです。勉強室ですがお昼寝室したくなります。
a0116442_23461995.jpg

吉野の森の木を伐るところからはじまる家づくりのスライドを勉強室で映しました。
見学人数が多かった時間帯に、畳に車座になってスライドを見ながら森と家づくりのお話会をしました。
a0116442_23481275.jpg
a0116442_23481253.jpg
a0116442_23481296.jpg

木を伐るところから始まった家づくりのスライドを見ていると、家づくりの経過を思い出して感慨ひとしおです。




# by frontdesign | 2017-03-12 00:54 | 新築 吉野の山守さんとつながる家 | Trackback | Comments(0)

天理の家 進捗状況3

現場では柱の下がりを補正するために、柱を上げるジャッキアップの作業が進んでいます。合計13本の柱を上げて足元に基礎を作ります。
一番下がっていた中央の柱2本もレベルになりました。(次の工程の為に僅かに高く上げていただいています。)
中央の柱は1本当たり6トンの集中荷重が掛かっています。
a0116442_18570896.jpg

ジャッキを回すたびにミシッミシッと家が音をたてるので、家の重みを現実的に感じました。
土壁が落ちたり他の部材に影響がないか心配でしたが、無事にレベルまで上げていただきました。下がりが直り、鴨居の線もきっちり通ってきたように思います。
a0116442_18570855.jpg

主な柱には蟻害がなかったのですが、地覆土台や縁側の土台の一部に蟻害が見られました。傷んでいる部材は交換し、木部に水が回らないように施工をしていただきます。
しばらくは構造体の補正修理をする工事が続きます。





# by frontdesign | 2017-03-08 19:47 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

吉野の山守さんとつながる家 進捗状況18

薪ストーブが設置されました。
ヨツールのF100ロングレッグをコーナーに斜め置きに配置しました。

a0116442_00181153.jpg

ストーブの上にお鍋が置けるように、煙突は天板抜きではなく背面抜き仕様になりました。
火入れ式が楽しみですね。
a0116442_00084626.jpg


先日はお施主さんと一緒に床のオイル塗りをしました。
1階の床は吉野杉赤身の上小板の厚板です。赤がとても美麗で上物の床板です。杉は、冬は温かみがあり夏は爽やかです。どの季節も手触り足触りがよく、小さなお子さまが寝ころびたくなる気持ちがよくわかります。
オイルの塗りたては濡れ色になりますが、完全に乾くと元のような色に戻ります。そして月日と共に少しずつ色が濃くなり、木の自然な艶が出てきます。
a0116442_00343873.jpg
吉野の山守さんとつながる家は、奈良をつなぐ家づくりの会で取り組んでいる「奈良をつなぐ木の家」仕様です。
吉野の森で育てられた木を使い、大工さんや左官さんなど職人さんの手で作られた住まいです。
このたび、お施主様のご厚意で完成見学会を開催させていただくことになりました。
吉野材の良さと職人さんによる家づくりをご覧いただければ幸いです。お気軽にお越しくださいませ。

日時:3月11日(土)、12日(日) 両日とも13時~17時
場所:奈良県橿原市内
 ※詳しい場所はお申し込みいただきました後に地図をお送りさせていただきます。

お申し込み方法:参加日、お名前、参加人数をお書き添えの上、yiwaki@kcn.ne.jp(岩城)までお知らせください。
a0116442_23290477.jpg
a0116442_23135357.jpg
a0116442_14564586.jpg


# by frontdesign | 2017-03-08 01:01 | 新築 吉野の山守さんとつながる家 | Trackback | Comments(0)

天理の家 進捗状況2

解体が進み、柱を上げるための準備が始まりました。
a0116442_17004161.jpg

中央の2本の柱が6cmほど下がっており、過去にも修理をされた跡がありました。
地耐力を確認するために地盤調査を実施して柱の下がりを防ぐためにいくつかの工法を検討しました。解体後に最終確認をして最終的にはフーチングで基礎を作ることになりました。今日は実際に柱を上げて状況を見ながら基礎の打ち合わせをしました。
中央の通りの5寸角の柱には6トン弱の荷重がかかっています。結構な荷重ですが難なく上がったとのことで、良かったです。
1本を一気にレベルまで上げると全体の歪みが生じますので、順番に少しずつ上げられるとのことでした。合計10本の柱の足元に基礎を作り、地覆で下がっている部分には猫土台を入れることになりました。
a0116442_17010018.jpg
ジャッキアップする際に上の荷を軽くするために、瓦の葺き替えに先行して棟の熨斗瓦を先に下ろされました。
その辺の工程の組み方は民家改修ならではのことで、興味深く思います。
a0116442_17005290.jpg

つし2階内部。
むしこ窓の部分を壁から落としていただくと結構光が内部に入るようになりました。お施主さんにもご確認いただき、採光を補うために計画している天窓は数を減らすことにしました。
a0116442_17005366.jpg
サス構造で大空間のつしですが中央の2本の柱が屋根の多くの荷重を負担しているため、直下の1階の柱が大きく沈んでいます。

サスを受ける壁側の柱の仕口は、サスの頂部を支える中央の柱が下がることにより押されていますが込み栓が破断せずに効いており、粘りのある構造になっています。
a0116442_17005844.jpg

天理の家は築135年の民家です。
伝統工法の実際を見せていただき、現場では有意義な時間を過ごさせていただいております。


設計:FRONTdesign
構造設計(限界耐力計算法):井手晃二建築研究室
施工:(株)伏見建築事務所




# by frontdesign | 2017-02-28 18:01 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

耳成音楽教室 ピアノ搬入

音楽教室ミュージックツリー様の耳成教室が完成し、今日はピアノを搬入されました。
a0116442_01054529.jpg

業者さんが組み立てているところ。グランドピアノは分解して運ばれます。
a0116442_18282424.jpg

テナントビル内の音楽教室ですので遮音の工事もしました。設計したものが実際にどの程度遮音できているかがとても気になっておりました。
今日はピアノの蓋を全開にしてお施主さんに弾いていただきました。(古田先生、有難うございました。)
施工者さんと一緒にうっとりと聴いておりましたが、外に出て階下の店舗の和菓子店や隣室のテナント(空室)、階上(屋上)、建物の外の音を確認しました。
a0116442_18333282.jpg
隣室や階下の店舗や屋上など、躯体を伝わる音は完全に遮音できていました。特に階下の店舗では無音で一安心しました。
教室入口の外部ホールや隣地の駐車場側の窓外は開口部面積が大きいことも有り、2重窓や防音ドアだけでは完全な遮音が出来ず若干の音の漏れがありましたが、前面道路は車もよく通り室外機の音や駅近くの町の騒音がある為、気になるほどの音量ではありませんでした。内部の残響を減らすためにカーテンをつけていただくことになりました。

改修前の内部の様子。
こちらは元々学習塾をされていた60㎡ほどのスペースでした。
a0116442_18360111.jpg
a0116442_18360067.jpg


改修前の元の壁の区切りも一部生かし、ひとまわり内側に遮音の為の内壁を作り床も遮音2重床にしました。
音楽教室とちょっとしたコンサートもできるスペースとして計画しました。
鏡が取り付けられてとても広く感じるようになりました。この位置に立つと鏡に映るピアノ奏者の表情も見ることが出来そうです。

a0116442_01054624.jpg


ピアノの背面の壁は吉野杉の赤身上小の杉板張りにしました。床はナラ材の無垢板です。
背面の壁の向こうのバックヤードに通じる扉はできるだけ目立たないように枠無しで杉板張りの扉で設計しましたが、壁面に張る杉板の下部を扉に使って頂き、つながりもぴったりで壁面と同化した扉にしてくださいました。
ここまできっちりしていただくと嬉しい限りです。
a0116442_18282226.jpg



お施主さんが現場で作られた家具も運び込まれました。レッスン時には机も使われます。
a0116442_01054576.jpg


明るくて気持ちの良い空間です。
a0116442_18300328.jpg

少しピアノにも触らせていただきました。音楽のある暮らしはいいですね。
ミュージックツリー様はピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなどの弦楽器もレッスンされています。また、アンサンブルのレッスンもされていてとても魅力的です。
時間が出来れば習いに伺わせていただきたいと思いました。

a0116442_19022661.gif
ミュージックツリー音楽教室様ホームページより
”ミュージック・ツリー 音楽教室は 奈良県橿原市白橿・耳成の音楽教室です。ピアノ、弦楽器(ヴァイオリン・チェロ・ヴィオラ・弦楽アンサンブル)の教室です。現在は、こども~中高校生~音大受験~大人~障害をお持ちの方まで、生徒の個性を大切にした丁寧な指導を心がけています。一人でも多くの音楽好きな人間が巣立ち、共に音楽を楽しめる事を 願っています。”

ミュージックツリー音楽教室 講師のみなさま


a0116442_18295563.jpg


ミュージックツリー音楽教室 耳成教室
設計:FRONT design
施工:TEAK DESIGN LAB








# by frontdesign | 2017-02-27 19:48 | 耳成音楽教室 | Trackback(1) | Comments(0)

吉野の山守さんとつながる家 進捗状況17 見学会のお知らせ

建物はほぼ完成し、今日はお施主さんと外構の打ち合わせをしました。
a0116442_19102364.jpg

1階には南側に3つの掃出し窓を設けており、軒を出して外縁を作っています。冬場も陽が入り太陽の温もりが室内に入ります。夏は深い軒で日射を遮ります。床はまだ養生中。
a0116442_19105931.jpg

二月末の南中時、冬至の頃に比べるとだいぶ太陽高度が上がってきたように思います。午後からまた陽が長く入り始めます。
a0116442_19110099.jpg

玄関横からの視線を防ぐ為に板壁を作りました。裏面の横桟も良い感じになりました。
a0116442_19115761.jpg

キッチンにつなげて取り付けたお手伝いカウンターも養生シートが取れました。なかなか使い易そうで、人の集まる場になりそうです。
a0116442_19110023.jpg

2つの掃出し窓は全開口の建具です。南の庭には畑を作って野菜を作られるとのことです。いい景色になりそうです。
a0116442_19110059.jpg

照明器具も設置完了。吹き抜けで居間食堂と2階がつながります。
a0116442_19115883.jpg

2階は床の養生も取れました。床、天井とも吉野杉の赤身の一等材です。
a0116442_19115839.jpg
a0116442_19115896.jpg

今日は外部のインターホンの位置や仕上げについて打ち合わせをしました。
a0116442_19115847.jpg

吉野の山守さんとつながる家は「奈良をつなぐ木の家」仕様の住まいです。(奈良をつなぐ家づくりの会
奈良をつなぐ家づくりの会は、吉野林業の継承と大工左官などの職人技術の継承を家づくりの第一義と考えて、吉野材を使い職人の手による家づくりをしています。
ご実家が吉野で山守をされていらっしゃるお施主様には、奈良をつなぐ家づくりの会の「吉野の森見学バスツアー」でも大変お世話になっており、この度お施主様のご厚意により見学会を開催させていただくことになりました。

日時:3月11日(土)、12日(日)

時間:13時~17時(両日とも)

場所:奈良県橿原市内

使われている木は全て吉野材です。柱は吉野桧、化粧柱はお施主さんの山の桧の木、梁と床・天井仕上げは吉野杉(上小、一等材、はぶし、厚板など、いろいろな材が使われています。)柱・梁などの構造材は大工さんの手刻み、造作も大工さんの手加工、内部建具は建具職人による木製建具、外壁は左官壁(色モルタル搔き落とし)、和室は左官壁(土壁)、深い軒の住まい等々、奈良をつなぐ家づくりの会で取り組む「家づくり」としてもご見学いただければ幸いです。

見学ご希望の方にはメールで地図をお送りさせていただきます。
お名前、人数、ご希望日と時間をお書き添えの上、yiwaki@kcn.ne.jpまでメールをお送りください。

小さなお子さまをお連れの際は、手をつないでいただくなどご配慮いただけますようお願い申し上げます。

「吉野の山守さんとつながる家」
設計:FRONTdesign
施工:(株)伏見建築事務所











# by frontdesign | 2017-02-26 20:08 | 新築 吉野の山守さんとつながる家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki