生駒山の家  進捗状況7

屋根葺きの工事が始まりました。屋根はガルバリウム鋼板の横葺きです。

a0116442_17105418.jpg

敷地の奥側は葺き終わりました。
a0116442_17105517.jpg

こちらは施工中の面です。
a0116442_17105476.jpg

既製品の役物を使わず手仕事をお願いしている部分も多く、ご苦心いただいております。
板金屋さんと細部の納まりの打ち合わせをしているときに、「完成が楽しみです」というと、「僕も楽しみです」と仰ってくださいました。



内部は窓の下地の工事が進んでいます。
a0116442_17105455.jpg

大工さんたちが着々と進めてくださっています。
a0116442_17105538.jpg

暑い中、みなさまお疲れさまです。




”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2

# by frontdesign | 2017-07-12 18:01 | 新築 生駒山の家 | Trackback | Comments(2)

生駒山の家 進捗状況6

生駒山の家 着々と工事が進んでいます。

今日は筋交金物の設置と間柱の設置、軒先の鼻隠しの取付けをされていました。方形・寄棟の屋根で軒の出を深くしています。
a0116442_13543824.jpg

軒裏は軒天を張ります。垂木の矩手に鼻隠しをつけますので、隅部は鋭角になります。

a0116442_13433731.jpg

軒裏に張る軒天は水平張りで鼻隠しに対して角度を持ちますので、軒天を納める溝は斜めに入れていただいています。
a0116442_13433165.jpg
細かなところも丁寧に造作していただいており、有り難く思います。


a0116442_13432651.jpg



# by frontdesign | 2017-07-07 14:35 | 新築 生駒山の家 | Trackback | Comments(0)

生駒山の家 進捗状況5

久しぶりの青空です。現場では屋根の野地板張りが始まりました。
a0116442_20161052.jpg

今日は上棟式をしていただき、上棟をお祝いして工事の安全を祈念しました。
a0116442_20150377.jpg


そのあとお施主さんとの初めての現場打ち合わせをしました。まだ軸組みの状態ですが、間取りや室内の高さ関係がわかるようになりました。お施主さんと一緒に室内を歩いて、実際の広さを見ていただきました。

木のことや手刻みの仕事のことを喜んでいただけて、設計者としてもとても嬉しく思いました。
a0116442_20150303.jpg


家の中央部分は収納部屋で、屋根の高いところの屋根裏は収納部屋のロフトにしています。平屋の住まいですがここだけは2階建てです。
a0116442_20150286.jpg


夕方に板金屋さんが現場に来られ、打ち合わせをしました。屋根はガルバリウム鋼板の横葺きです。方形屋根の頂部はスッキリと納めたく、板金で部材を作っていただきました。12尺の板の継手の位置等の打ち合わせも完了。
a0116442_20150447.jpg

少し離れてみると屋根全体が良く見えます。鼻隠しを薄くしてスッキリとした屋根になる予定です。
a0116442_20150591.jpg

生駒山の家は「奈良をつなぐ木の家」です。
奈良をつなぐ家づくりの会は、木材生産者、原木流通業者、製材事業者、地域工務店、設計事務所等、「森からまちまで」木の家づくりに関わるメンバーで活動をしている会です。
まちの人は森のことを学び、森の人はまちの暮らしを想い、 顔の見える家づくりをしています。




”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2

# by frontdesign | 2017-07-01 21:01 | 新築 生駒山の家 | Trackback | Comments(0)

天理の家 進捗状況16

現場は着々と工事が進んでいます。
a0116442_19072368.jpg

間仕切り壁の柱が立ち、部屋の区切りが分かるようになりました。元は2間幅の通り庭(土間)でしたが、南側は玄関にして北側は水回りを設けることになり床を上げました。
a0116442_19295096.jpg


今日は2階の納まりの打ち合わせをしました。1階と違い丸太で作られているため各箇所の凹凸に合わせて調整が必要になります。
a0116442_19242556.jpg

2階の床下地の隙間から1階が見えます。
既存の丸太張りに今回の床梁が掛けられています。昔の仕事に今の仕事を足しながら工事を進めていただいています。
a0116442_19065657.jpg

大事な部分の納まりについてはまだ考えがまとまらず、宿題になっています。
(もう少しお待たせします。)



現場のツバメの巣はヒナがかえり、子育ての真っ最中。元気に巣立ちますように。
a0116442_19123991.jpg





”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2

# by frontdesign | 2017-06-28 20:20 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

生駒山の家  上棟

生駒山の家は昨日から建て方が始まり、今日、無事に棟が上がりました。
道路側は方形屋根の平屋の住まいです。


a0116442_21370787.jpg

構造材は全て吉野材を使っています。(奈良をつなぐ木の家仕様)
柱は吉野桧、梁などの横架材は吉野杉、地松の丸太梁も2本掛かっています。構造材は大工さんによる手刻みです。

a0116442_21373974.jpg


方形屋根の頂部もぴしっと納めていただきました。垂木の取り付け中。
a0116442_21374448.jpg

垂木がたくさんあります。垂木は吉野桧です。
a0116442_21391337.jpg

ここ数週間、現場の風景は少しずつ変わってきました。
基礎工事の頃。
a0116442_22515537.jpg


土台敷きが始まりました。先行足場も立ちました。
a0116442_21400000.jpg


そして昨日から建て方が始まりました。
柱が立てられて、
a0116442_21400040.jpg


梁桁などの横架材が組まれます。丸太の梁も手揚げです。
a0116442_21400131.jpg

息を合わせて、かけやでたたいているところ。
a0116442_21400148.jpg


今日はここから屋根を支える小屋組をつくります。
a0116442_21405322.jpg


方形屋根+寄棟なので部材寸法も様々で時間を掛けて組まれ、夕方には棟が上がりました。
a0116442_21412433.jpg


明日は雨模様なので、養生シートが掛けられました。
a0116442_21412459.jpg


軒が低く、深い平屋の建物です。ボリュームもイメージの通りで、外構や植栽のことを現場で考えていました。

a0116442_21412597.jpg

無事に棟が上がり一安心です。

お施主様、上棟おめでとうございます。





”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2

# by frontdesign | 2017-06-27 22:48 | 新築 生駒山の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki