学園前 喫茶と雑貨のお店 進捗状況4

工事は着々と進んでいます。

窓の内側の格子が取りつきました。

a0116442_17332750.jpg


この格子はけんどん(はめ込み)にして、取り外しできるようにしています。
窓際には二つほど裸電球のペンダントライトを吊り、外から格子越しに電球の明かりが見えるように計画しています。

a0116442_17332666.jpg


厨房の背面のタイルも張り終わりました。キッチンは造作で大工さんに作ってもらい、タイルの壁には木のオープン棚を取り付けます。
厨房は、喫茶側の厨房1とその奥には製菓製造用の小さな厨房2があります。

a0116442_17332842.jpg


お庭の見える喫茶側。
今日も大工さんがコツコツと仕事をして下さっています。まだもう少し大工工事がありますが、少しずつ完成形が見えてきました。

a0116442_17333056.jpg



先週から急に気温も上がり、庭の木々も一気に茂ってきたように思います。
学園前北側はビルが立ち並ぶようになってきましたが、この一角は緑豊かです。
こちらは住宅側。平屋のお住まいです。昔の学園前は平屋の家が立ち並ぶゆったりとした住宅街でしたが、今は町の様相も変り平屋の住宅のまま残っているところも少なくなりました。
a0116442_17522145.jpg


お店の入口は、角を入ったところにあります。
喫茶と雑貨のお店「アンジュール」さん。元眼科診療所です。

a0116442_17522225.jpg



# by frontdesign | 2019-04-26 18:08 | 改修 学園前 喫茶・雑貨のお店 | Trackback | Comments(0)

白鳩の家 進捗状況1

解体工事が進んでいます。

石膏ボードが取り外され、あっという間に下地が見えてきました。

a0116442_18230561.jpg

柱や梁、筋交などの骨組みも見えてきました。まだもう少し撤去します。
整然としており、新築の工事現場のような感じがします。

a0116442_18230865.jpg

キッチン側から見たところ。
改修後は垂れ壁が無くなるので随分明るくなると思います。居間食堂と天井がつながるので、分電盤も移動します。

a0116442_18231133.jpg

築30年の建物ですがしっかりとしていて、水廻りにも蟻害も見られずひと安心です。

a0116442_18231416.jpg

改修工事は解体が始まってから検討が必要になることも多く、都度、現場打ち合わせをしながら進めます。ちょっととした変更もあり、大工さん頼みです。









# by frontdesign | 2019-04-24 16:43 | リフォーム 白鳩の家 | Trackback | Comments(0)

奈良町町家改修計画 主屋工事着工

奈良町西村邸改修工事。
いよいよ主屋の工事が始まりました。
主屋は、改修後には民泊として使われます。
通り庭に面する建具がはずされたところ。
右側の養生している柱は、桧の八寸角の通し柱の大黒柱です。

a0116442_20135893.jpg


主屋は一列三室型の間取りです。東側に通り土間が通り抜けています。

a0116442_21295191.jpeg


二階も一列三室型。

a0116442_20140520.jpg

二階も通し柱が見えています。
大工さんが木肌を触りながら、「これはいい仕事をされている」とおっしゃっていました。100年前の仕事に後世の大工さんが見惚れる。恥ずかしい仕事はしたくないというお気持ちも察するところです。100年後にも、改修に入られた大工さんが同じように思われることでしょう。

a0116442_20140974.jpg

北側の窓からは、先に改修した離れ棟と納屋棟、渡り廊下の屋根が見えます。
その奥にお寺の屋根とわずかに若草山も。

a0116442_20141371.jpg


二階の三室は天井板を取って小屋組みも改修します。

a0116442_20153819.jpg


小屋組は丸太で、主要な箇所には比較的大きな材が入っています。

a0116442_20331317.jpg


事前の調査時に、落ち桁側に桔木のようなものが何本か細かく入っているのを確認していたのですが、よく見えるようになり理由が分かりました。

a0116442_20154258.jpg

二階の屋根は軒が深く、途中、出桁で垂木を受けていますが、この出桁を支える腕木の位置に桔木が入っていました。腕木にかかる荷重の負担を減らす為に上からボルトで引かれているようです。
桔木は、軒先に掛かる荷重を内側で屋根の荷重で押さえるための部材です。テコの原理です。

「これならしっかりするわ」 と、大工さん。
a0116442_20154849.jpg

腕木。
昔は弁柄が塗ってあったようです。

a0116442_20432439.jpg
向かいの家も古い町家の借家。この建物とこちら側の建物で、対になって景観を作っています。


通り庭から前庭に面する開口部。
アルミの引き違い戸は撤去して、元々使われていた木製建具に戻します。
庭奥に見えるのは茶室入口の土庇です。
a0116442_20165376.jpg


北の縁側の障子欄間。
職人さんの手の仕事が所々に見られます。

a0116442_20165675.jpg


お庭の工事も再開しています。

a0116442_20165977.jpg

中庭と奥庭は今月末にはひと段落する予定です。
最終完成は夏頃になると思いますが、少しずつ整ってきて進捗が楽しみです。

a0116442_20170301.jpg


# by frontdesign | 2019-04-17 20:13 | 町家改修 奈良町 西村邸 | Trackback | Comments(0)

白鳩の家 着工

白鳩の家 リフォーム工事

解体工事が始まりました。
内部は、LDK空間とパントリー、洗面脱衣室、浴室などの水回りを改修します。大きな間取りの変更はありませんが、出入り口の位置を変えるなど、動線の整理をします。
外部は、バルコニー部分の傷みを直し、外壁塗装、塀の塗装など全体的に補修します。
築31年の木造2階建て住宅。

リビングとダイニング空間。
a0116442_12595047.jpg

a0116442_12595388.jpg


南の庭に面して大きな掃き出し窓があります。
庭の緑が全面に見え、とても気持ちが良いです。
これらの窓と、隣に続く和室の窓は、雨戸を通風雨戸に取り替えることになりました。

a0116442_13062137.jpg


キッチンはL型対面式のセミクローズドキッチンですが、吊り戸棚を無くしてセミオープンなキッチンにすることになりました。

a0116442_12595529.jpg

キッチン内の窓が小さく、ダイニング側の開口も小さいので、昼間も少し暗いキッチン。ダイニング側をオープンにして窓を追加する事で、明るいキッチンにします。

a0116442_12595866.jpg

キッチン横には奥行きの深い収納と、2畳ほどのパントリーがあります。このあたりは空間をまとめて4畳のパントリーにします。

a0116442_13000137.jpg


一部、耐力壁の位置を変更するので、壁天井をめくって構造を確認しながら工事を進めます。
壁の補強は重心と剛心を計算し、偏心がかからないようにしながら現在より強い建物にします。
解体後の構造の確認が第一段階の検討事項です。







# by frontdesign | 2019-04-16 14:23 | リフォーム 白鳩の家 | Trackback | Comments(0)

Smileの家 進捗状況4

工事は着々と進んでいます。
外壁の左官下地が出来てきました。外部木部の塗装も完了。今回は黒に近い濃茶色です。

a0116442_17123240.jpg


内部は板張り天井の下地が出来てきました。
LDK、正面の壁、天井、床とも吉野の杉板になります。
今日は現場打ち合わせがあり、お施主さんに進捗状況を見ていただきました。

a0116442_17123540.jpg


南側は掃き出し窓で、広いお庭をつくります。窓外には深い軒を設けており、お施主さんがDIYで濡れ縁を作られることになりました。

a0116442_17123971.jpg


北の窓からは、借景の緑を眺めることが出来ます。

a0116442_17124217.jpg


二階への階段途中の窓からは、緑地の桜の花が間近に見えて良い眺めです。

a0116442_17124694.jpg


左官が始まると外壁の色が変わります。黒い外観はもうすこしの間です。

a0116442_17143291.jpg


# by frontdesign | 2019-04-14 17:11 | 新築 smileの家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
更新通知を受け取る