生駒山麓の家 進捗状況23 

a0116442_5345653.jpg
ここ数日、寒い日が続いていましたが
昨日は快晴で、春めいたお天気でした。

現場にも数日雪が積もっていましたが、
ふと見上げると梅のつぼみがほころんでいるではありませんか。

ちらちらと枝についた赤いつぼみが、はんなりとしています。
あれほど寒い日が続いたのに。















a0116442_535851.jpg

花が咲くと、階段の窓からも見えそうです。

上から見るのもなかなか良いかもしれない。


この木、工事の足場の邪魔になり
ちょんちょん枝を刈られましたが、なかなか立派なものです。。
















a0116442_5351950.jpg室内もだんだんカタチが出来上がってきました。

ホールはこんな形です。正面左の壁の下がピアノ置き場。
この空間は、時として音楽の空間にも生まれ変わるのです。
丸太の梁の十字は
変化を伴う空間のシンボルで、構造としての音楽的の要素です。
構造と音楽は絡みやすいと思っています。

なぜ十字に架けたかは、また今度。

奥は4.5畳の和室。椿の変木の床柱がつきます。

和室も玄関も天井は1枚の勾配天井でつながっているのですが、
シナ天井がとても綺麗。施工は大変。

オイルを塗ると少しあめ色になります。


■ 別冊 FRONTdesign  ***住まい手さんの暮らし方*** 

■ 一級建築士事務所 FRONTdesign ホームページ
トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/12129592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2011-02-17 05:59 | 新築 生駒山麓の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
更新通知を受け取る