矢田丘陵の家 現場進捗状況17  建築と家具のはざま

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  



a0116442_146041.jpg
左官屋さんがアプローチの下地を打たれています。

仕上げは洗い出し仕上げです。













a0116442_1462544.jpg
内部ではキッチン周りの家具の制作中。















a0116442_1463759.jpg

長いカウンターが入りました。














a0116442_1465864.jpg
デスクコーナーから吹き抜けを見上げると
ゴロゴロスペースの窓から職人さんが顔を出されました。

この窓には引違いの障子が入ります。












a0116442_1481614.jpg

木部の笠木は塗装前に面取りをします。

手に触れる部分なので角が立たないようペーパーを掛けます。
すると、見た目もやわらかくなります。

手すりのようなところは、建築と家具とのはざまのような部分です。
鉋などの刃物で面を取るのではなく、ペーパーを掛けること自体が
大工仕事と言うよりは木工(家具的)仕事。
大工さんは基本が刃物です。
そこの違いは現場に行ってわかるようになりました。










a0116442_1482833.jpg

ここも面取り。
トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/14399533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinato at 2012-01-12 22:09 x
キッチン周りはふくろうの家を連想させるような設計者の味がでていますね☆
Commented by frontdesign at 2012-01-13 10:12
そうなんです。キッチンプランターも取り付けます(^^)
by frontdesign | 2012-01-12 14:35 | 新築  矢田丘陵の家 | Trackback | Comments(2)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
更新通知を受け取る