敷地をみる

この季節、太陽高度は一番低くなります。天気の良い昼間に計画中の敷地を再び見に行きました。

南道路の向かい側敷地には高木があり

a0116442_17582275.jpg
敷地に落とす影はかなり長くなります。
a0116442_17584093.jpg

地面にこれだけ影が伸びていても、おそらく2階の屋根はほぼ日が当たります。
太陽高度が低い分、高さが少し高くなるだけで影の影響は少なくなるからです。

敷地を見て全体の構想を考える中で、冬の太陽の恵みをどこから取り入れるか
イメージとして頭の中に入れておきます。

 住まいの設計 「木の家づくり」   奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  
トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/16928968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2012-12-06 18:21 | 設計について考える | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
更新通知を受け取る