吉野の森と木の家の見学バスツアー

この日は大変良いお天気に恵まれました。バスは桜井駅を出て吉野郡川上村の山中へ。

a0116442_1959453.jpg

吉野は不在地主が多く、山守さんが山の管理をされています。今回は、山守の民辻善博さんに山を案内していただきました。

この山は60年生の杉と桧の植林地です。
a0116442_195954100.jpg
吉野の林業は密林で少しずつ木を大きくされるのですが、手入れの回数も他の地域に比べると大変多く、一斉皆伐はされず間伐を繰り返す施業方法です。

ここは280年生の森です。(江戸時代に植林) 吉野の植林の歴史は大変古く、室町時代から植林をしていた記録があるそうです。
a0116442_200631.jpg
間伐が繰り返され1本1本の間隔は広くなります。陽の光が下までよく到達しています。
下草のうつぎ(空木 樹皮の粘液が和紙の糊の原料になる木)がよく茂っていますが、このうつぎやアジサイがよく育つ場所は木にも良い環境だそうです。


この山は昨年の夏に一部が伐採された230年生の山です。
高さ50m級の木です。森の中に入ると木の高さが分かりませんがバスと比べてみるとその大きさがよく分かります。
a0116442_2002050.jpg


伐採の話をされる山守の民辻さん。
山守は世襲制で、民辻さんは4代目との事です。次は娘さんが受けつがれます。
a0116442_22173869.jpg

大木の伐採はとても危険で、命を落とす方もいらっしゃるとのことでした。
吉野では葉がらし(伐採後しばらくその場に置いておき、渋を抜く)をされています。渋を抜く事で色艶の美しい木になります。
また、水分が少しでも減る方が軽くなるので搬出も楽になります。(搬出はヘリコプター) これは実際は大きなことだと思います。

泉谷木材の泉谷さんが、森の保水力について話をして下さいました。紀伊半島南部は降雨量が多い地域ですが、森は多くの水を蓄えています。

a0116442_2024770.jpg


a0116442_2025711.jpg


ヘリコプターの荷卸し場で、切り残しの端材を頂くことになりました。急遽トラックへ積荷。
端材と言っても大きな丸太。メンバーで積んでいますが大変重たそうです。これからこの木を製材することになりました。

a0116442_203773.jpg


山を下りて桜井の吉田製材に到着。

a0116442_19583829.jpg


さきほどもらってきた原木の皮むき体験。吉田さんが手本を見せてくれました。
a0116442_19563232.jpg

体験中。
a0116442_19563098.jpg

体験中。
a0116442_19562998.jpg
時間が無いので機械で皮むきをしてもらいました。


次は製材工場の見学です。原木の製材。
木を切るのは大きな機械ですが1本ずつ人の目で見て木の癖や節の出る位置などを判断しながら切られています。

a0116442_19562515.jpg


先ほどの木の製材。
a0116442_19562389.jpg

a0116442_19562132.jpg
板が何枚か取れて芯の部分は角材になりました。乾燥していないので触るとまだ湿っています。


吉田製材さんは木質バイオマスの機械を導入されています。化石燃料は使っていないとのこと。
a0116442_1956765.jpg

a0116442_1956532.jpg


乾燥の説明。見学者からいろいろな質問も出ていました。

a0116442_1956296.jpg



最後に、吉野の杉と桧で建てられた築6年のお住まいを見学させてもらいました。
a0116442_1955426.jpg

木と漆喰の家です。
1階の床は桧、2階の床は杉材です。6年が経ち木の色も大変落ち着いています。壁は漆喰を家族で塗られたとのこと。
大きな薪ストーブも有りました。家全体をこの薪ストーブで温める工夫がしてあります。
薪ストーブ料理の話や、薪ストーブ煙突熱利用の洗濯干しの話もして下さいました。
a0116442_19554141.jpg

木のメンテナンスのことも。
a0116442_19553968.jpg

実際に6年暮らされている家を見学させていただき、参加者の皆様からもたくさん質問が出ました。

風通しの良いとても素敵なお住まいでした。(I様、本当に有難うございました。)
a0116442_21352794.jpg



参加者のみなさま、朝から夕方まで長時間お付き合いいただき有難うございました。

森からはじまる木の家づくり。
今回のバスツアーが家づくりのご参考になればと思います。


奈良をつなぐ家づくりの会


 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士FRONTdesign  
トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/17811224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2013-05-19 22:02 | 山のこと | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki