元庵

有楽苑の続きです。

如庵は国宝の三茶室のひとつで、腰張りに暦が使われていたり、床の間横に三角の鱗板が入っている(給仕口が茶道口と兼ねているので鱗板のスペースで給仕がし易くなる)ことや、有楽窓等の特徴が有名な茶室です。

如庵と言う名前。
ジョアンは有楽斎の洗礼名で、茶室に如庵と名付けられたと言われているようです。
有楽苑には、この如庵以前に大坂天満屋敷にあった茶室を古図から復元した元庵もあります。
この元庵、当時は如庵と名付けていたそうです。

元庵。三畳台目の亭主床です。
あ。
床の土壁下地の貫部分の変色(経年変化)が、十字架に見えませんか?
a0116442_21173698.jpg

亭主床。十字架の前で茶を点てるジョアン。


中柱が竹ですね。

隣の長四畳の鞘の間より。土壁の室内に白が入ると、ハッとするほどの清浄感があります。
a0116442_21173877.jpg
(十字架がふたつ。)

元庵の天井の竿は細竹で、ピッチが随分細かく入っています。細い竿を細かく入れると、面積が小さく天井が低くても広く感じます。
鞘の間の天井の竿は角もので、杉でしょう。

大きな火灯口です。角を丸く塗り回し、奉書紙が貼ってあります。
本当に薄い華奢な壁で、大事に扱わないと壊れます。人の皮膚のようだなと思います。
a0116442_21173917.jpg
(あの壁は十字架になっていない。)


元庵でした。
a0116442_21173988.jpg





 住まいの設計 「木の家づくり」 奈良県生駒市 一級建築士事務所 FRONTdesign  



トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/21213367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2015-05-10 20:48 | 和室と日本建築  | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
更新通知を受け取る