萩の台の家2 進捗状況4 土台伏せ

a0116442_13173552.jpg
基礎の工事が完了し、今日から大工工事がはじまりました。まずは土台伏せ。
a0116442_13173573.jpg
足場は先行足場で棟上げ前に外周に足場を掛けます。足場が建つとおおよその外形のボリュームが分かります。


今日は棟梁と打ち合わせをさせて頂きました。
監督さんとの事前の打ち合わせの中で棟梁が検討してご提案下さっていた手刻みの納まりについて、今日は直接話をお聞きしました。
棟梁とは今回で3回目の仕事で、有難くもわたしの好みもよく分かっていて下さり、細部についていろいろとご提案を頂きとても楽しみな納まりをして頂くことになりました。 久しぶりにお会いして、まずはお礼から。

自分には無かった知に触れ、知をもって意識を共有させていただけることが仕事をする中での醍醐味です。魂が喜ぶとでも言いましょうか。


材料は一度に全てを置くスペースがありませんので、現場の状況に合わせて運ばれてきます。
a0116442_13173593.jpg
化粧梁は紙で包まれています。
今回は一部にDボルトを使います。プレカットと手刻み併用の現場です。
a0116442_13173507.jpg

畑の作物も現場に来るたびに大きくなっています。
a0116442_13173409.jpg
a0116442_13173546.jpg
白菜、大根、そしてゆずも。実のなる木、いいですね。
a0116442_13173413.jpg
明日は宵組、明後日は上棟です。




トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/21812852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2015-11-07 13:46 | 新築 萩の台の家2 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
通知を受け取る