萩の台の家2 進捗状況8 中間検査

2階大屋根のガルバリウムは今日でほぼ葺き終わりました。下屋も完成。
外部は窓のアルミサッシも入り、透湿防水紙が張り終わると左官下地の間〆張りが始まります。
a0116442_00021363.jpg

下屋の軒裏は骨太な化粧垂木と杉の野地板仕上げです。野地板は大工さんが幅広の杉板を相じゃくりに加工して下さり、芯持ちの太い垂木には背割れを鼻先手前まで入れて丁寧に仕上げて下さいました。あまりにも綺麗な軒裏なので、玄関の中からも軒裏がよく見えるように、ドア上のガラス欄間の高さを高く(天井を高く)することに急遽設計変更させて頂きました。(すみません。)
a0116442_00134871.jpg



今日は中間検査で検査員の方が来られました。
中間検査では、完成後に隠れる構造体等の検査をされます。無事合格しました。
この住まいは市街化調整区域に建つ農家住宅で、田畑に囲まれたこの地で農のある暮らしをされます。
この写真はユーティリティーの勝手口周りで、農作業のあとはこの勝手口から家に入り、直接脱衣室→浴室に行くことが出来るように設計しています。野菜や汚れ物を洗うシンクもこのユーティリティーに設置します。
a0116442_23490061.jpg
居間続きには畳の間を設けました。定番になっている地窓。夏場の風の通り道です。
a0116442_23534636.jpg

これは、左官の外壁の上部にとりつける通気用左官見切り。大工さんが加工場で作って来て下さり、今日説明を受けました。有難うございます。
a0116442_23552002.jpg

今日は水道屋さんも来られ、現場監督と設備機器の配管位置を確認をされていました。
a0116442_23580247.jpg

そして瓦屋さんも登場。下地の確認に来られました。軒先の万十や鬼瓦の種類、熨斗の段数、漆喰の色を確認。
下屋の瓦工事は来週から始まるそうです。
a0116442_23593649.jpg






トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/21869182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2015-11-26 00:40 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
更新通知を受け取る